投資初心者が大損しがちなトレードとは?逆張りの儲けを後場に帳消し

3本の陽線上昇のチャート

順張りか逆張りか、前場か後場か。

投資の妙は全てタイミングです。

ねらいがずれていると、同じ行動でも結果が違ってしまいます。

有利な価格帯、有利なタイミング、デイトレかスイングか。

行動の内容ではなくて、タイミング。

それが結果として最適なトレードを生み出すのかも。



前場寄り付き直後に稼いで後場で逆張り帳消し

8473SBIをメインに大引け間際までプラス推移(+1.2万円)、ラクオリアの暴落でスキャろうとしたら、あっと言う間に下に持ってかれて爆損。

これは初心者時代から良くあることで、何度繰り返しているのでしょう。

全くお話になりません。

前場で稼いだデイトレの利益を後場で失う、このパターンは株が下手くそな人の特徴です。

私の場合、体感、損失日の6割以上がそれじゃないでしょうか。

株初心者の方は、前場だけやればいいのではないかと、そういう気がします。

売買のマシーンになり切ることが必要なのかも知れません。

それは常に私が気をつけていることでもあります。
トレードうまくいかない時の心理|株の売買マシーンになり切れるか?

ロスカットの株式投資|原始時代からの脱却|“耐えて期待”は用無し!

ナンピンの意味|結論先延ばしと株式投資|最後尾マラソンランナーの焦り

ねらいが真逆で順張り空売りができない

まあ、あの急落、あのドン下げ分足は空売りでインするべきでした。

滝壺へ落下の曲線グラフ

滝壺へ落下の曲線グラフ

買いならやらずに見てるほうが良いです。

とっさに方向転換のトレードが出来ないようでは本当にダメです。

これくらいの損で済んで良かったです。

10年前と同じ手法で取引して、同じようにやられています。

これは株に向いてないとかのレベルじゃなくて、脳に問題があるのではないかとさえ思います。

同じことずーっとやってますから。

何らかの心理学的効果もあるのでしょう。

プロスペクト理論のような。

アンカリング効果とか、結局は心理的な反射で動く行動パターンみたいなものですから。

プロスペクト理論とは

人は損をしたくないばかりに、非合理的な行動を取りがちになります。

数学的な期待値計算では明らかに不利である局面でも、リスクを避けたいがために、一見安全に見える期待値の低い選択をすると言うことです。

例えば、

A.100万円の商品が無条件で50万円になる

B.100万円の商品が50%の確率でタダになる

これらから二択をする場合、多くの人が選択肢Aを選びます。

さらに、

A.1000万円の借金が無条件で500万円の返済額に変更される。

B.1000万円の借金が50%の確率でチャラになる。

これらの二択では、Bを選択する人が多いとのことです。

人は追いつめられると博打を打ちたくなると言う習性があるからでしょうか。

いずれにしても、期待値は同じであると言う合理的な考えは抜け落ちています。

もし、期待値が低い場合には、試行回数が増えれば増える程、着実に損をしてしまいます。

何度も同じ行動を取って、失敗を繰り返す原因には、このような期待値を無視した、心理学的な行動選択の偏りが効いているのかも知れません。

アンカリング効果とは

最初の印象がアンカー(いかり)のように、重しのように効いてくる心理学的効果のことです。

例えば、「この商品は30万円より高いと思いますか?安いと思いますか?」と最初に問いかけられると、人は30万円と言う値段がいかりのように効いてしまいます。

実際には100円ショップで売っているものでも、30万円と言う印象に引っ張られて高く見積もってしまうと言うことです。

子どもの頃に「ヒザって10回言って?」と頼まれ、その後に肘を指さされて「これは何と言う?」と聞かれ、つられて膝と答えるようなものです。

妙な心理学的効果に引っ張られないために

上記のような心理学的効果は、世の中のいろいろな局面に存在し、完全に避けることはできないとされています。

知らず知らずのうちに、そっちに引っ張られているのが人間です。

また、それを利用してお金儲けをもくろむ人もいますので、注意が必要です。

そのためには、様々なデータを集め自分なりに研究することが有効です。

株の取引きも同じです。

本能で売買することが、そのような偏った心理的効果に引き寄せられることにもつながると言う訳です。

と言うことは、”本能”よりも自分の調べた結果に従う必要があると言う事になるかも知れません。


広告

相変わらずの前途多難を暗示する新年初日

有利不利を決めるのはタイミングで、トレードの向き不向きは心理と行動のマッチングの影響が大きいのかも知れません。

行動ファイナンスなんて言葉が流行りましたが、結局それに支配されて抜け出せない状況なのかも知れないと…?

新年早々、本当に落ち込みました。

暗澹たる絶望的な感触で終わった初日でした。

正直、しゃれにならん…。

いつになったら進歩するんでしょうか…。

もう進歩なんてしない…?

本日のトレード結果

【新規建代金】買建約1,600万円
【デイ】-2.0万円
【225オプション】+4.5万円

2693YKT
3323レカム
3742ITBOOK
4579ラクオリア創薬
5301東海カーボン
6176ブランジスタ
7624NaiTO
8473SBIホールティングス

関連記事:

株で失敗しないやり方|山口2歳捜索から何を学ぶか?勉強より経験則?

株の押し目買いナンピン計算は2倍買い増し!デイトレ日常茶飯事の失敗!


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 売り・買い交換ボタンシステム

    株売買ゲーム終了!寄り付きから負け!6営業日で退場の投資ブログ!

  2. 3本の陽線上昇のチャート

    特売り株から逃げる方法は運?デイトレードのやり方コレ大丈夫なのかよ

  3. 自動車依存度の棒グラフ【やや低い】

    投資失敗の原因は?相場の歴史100年と原始時代|ブログ終了確定でしょ?

  4. コツコツドカンを図示すると…

    投資ブログ失敗から学ぶ|週明けの負け傾向|ドカンと株成功への必須知識

  5. 7本目の足を作成中のチャート

    株大損失敗が月末最終営業日に来た!連休前にして心へし折られしぼんぬ

  6. 滝壺へ落下の曲線グラフ

    株売買、失敗の元は信用全力二階建て?絶望の城を出て欲望の沼にハマる

  7. 2本の陽線上昇のチャート

    株の売買と時間|前場の寄り付き30分、後場手出し無用?大引け前の負け

  8. 6本の足の作成が完了したチャート

    デイトレブログ1月取引損益|どう切り抜ける?今後の展開どうする?

  9. コツコツドカンを図示すると…

    株ブログランキング№1の八方塞がり|善後策不明!退場間近トレード危機

  10. 6本の足の作成が完了したチャート

    投資で稼ぐ?デイトレード利益1日分が大引け間際、泡!とんでもバブル

  11. 空中を逆さで泳ぐ人の図

    株退場ブログ|デイトレは甘くない!2018年開始早々大損終了まとめ

  12. 12本目の足まで完成したチャート

    株大損デイトレ退場?ブログタイトル変更を検討、トレード後に引けず

  13. 10本目チャートまで作成したチャート

    デイトレーダーも株初心者も10時停止を遵守できない?習慣リスクに注意

  14. 急騰してから下落する分足チャート

    株のデイトレーダー生活を始める前に読むべき3分読了トンデモ5選

  15. 白目となる表情を見せる著者

    デイトレーダーのブログ生活|負け記事8選“何コレひどい”追体験で損スキップへ

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 価格上昇の不確実性

    2019年7月第3週|日々のトレード結果|日常茶飯事誤発注で血の気引く

  2. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    東京の公営ジム139選|一覧表で3分決定 格安トレーニングスポット

  3. デイトレーダーが望む上下動を繰り返す値動き

    2019年7月第2週|日々のトレード結果|有限利確と無限損切りの戦い

  4. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年7月第1週|日々のトレード結果|ワンショット増量にかける男

  5. 某新興株の3営業日連続ストップ安の日足チャート

    ストップ安 致命傷さける為の2つの方法|2019年6月月間損益結果

  6. テンキーの文字配列

    2019年6月第5週|日々のトレード結果|月末ふっ飛ばしたら退場マジ?

  7. 前日のローソク足とピボット値

    株の値動きを分析する方法|私の3つの考え方|これで丸裸になりま…

  8. 値動きがないまま下げる値動き

    デイトレしやすい分足の研究|私の超短期売買|これで文無しになり…

  9. 2019年6月第4週|日々のトレード結果|スタートからドボンする男

  10. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年6月第3週|日々のトレード結果|雨の中相場の幸運を待つ男

広告
広告