東証取引時間の妙|前場損益プラスも調子に乗ったトレードで退場の危機

この記事は約4分で読めます。

前場の損益がプラス。

それで終えれば良いものを後場でドカンとマイ転。

このパターン、あまりに多すぎです。

注目すべきは常に相場の方向感、全体相場を気にしていること。

自分の手法をまず方向転換するのが先であるのに。

後場マイナス転落を避ける、それに尽きる訳です。

スポンサーリンク

前場損益プラスで後場飛ばす確率

確かに前場はプラスです。

寄り付き直後の30~40分で儲かることはそこそこ多いです。

そして、後場に全てそれを飛ばしてあまりあること(つまり大損)も多い訳です。

統計を取った訳ではありませんが、それらを体感しています。

一日のトータルがマイナスの日のうち、8割くらいは後場にマイナス転落をしているか、あるいは損の上塗りをしている、それが正直な印象です。

状況がここまで明らかなのに、同じ失敗をしてしまうと言うのは、なぜなのでしょうか。

おそらく、前場の30~40分で儲けた額に満足が出来ていないせいかもしれません。

そんな額では、とてもじゃないが今までの損を取り返せないと。

前場のトレードにおいて、利幅が薄すぎると言うことです。

相場の方向感とは何か

コツコツと前場、スキャルピングのような利幅の薄いトレードで稼いで、後場に一発大損切りで大きく失ってしまいます。

前場のコツコツ・スキャは概ね30~40分の間での売買です。

いくら勝利が高くても利幅が薄いため、相対的に損切りのウェイトが上がってしまうと言うことです。

そして、その焦りでますます後場の余計な手出しにつながってしまうと。

全体相場がどうだとか、方向感がどうだとか言いますが、そうではなくて前場で利幅が取れていないと言う問題です。

そのために永遠に手を出し続け、一発大損切りを繰り返して、結局はトータルでも大損になってしまう訳です。

相場の方向感は実はあまり関係ないのかも知れません。

少なくとも私には。

この行動心理と、後場に微妙に閑散相場化してくるタイミングが見事にマッチングしていて、大損確率を高めている気がします。

なぜ、後場はデイトレードで失敗し易いのか

その日、出来高が結構上がっているような、比較的個人のデイトレーダーが集まっているような小型株で、午後2時以降どんどん下げて、壊滅的なまでに急落すると言うのを何度も経験しています。

売りが売りを呼ぶと言うのでしょうか。

そして、午後2時以降、リバウンドを取るためにインして、ロクな目にあったことがありません。

閑散気味の後場での逆張りはおすすめできません。

どうも前場の早い時間より、リバウンドが小さい、あるいはない、と言うのが多い気がします。

下げたところで膠着し続け、気づいたらさらに下がると言うような。

では、空売りをすれば良いのではないかと言うと、それも違います。

上がっている株も膠着していて、突然急落するか、あるいは突然急騰してストップ高に張付くかのどちらかのような。

そして、どんどん下げて、さらに下がりそうな株は、もともと空売りのできない株か、売り禁になっている銘柄であることも多いです。

つまり、後場は、”難易度”、”博打度”ともに上がってしまう印象。

あくまで私が勝手に思っている印象でしかありませんが…。

後場やめる作戦を押し通せない

そして、前場で”利幅”が薄くしか取れないのだから、そこであきらめるなり、手法の方向転換をして然るべしであり、もう後場はやめましょうよと。

後場に一発マイ転・大損切りのパターンはアウト。

何も言い訳をせず、認めるしかありません。

下手くそ才能なしだと。

引け間際、安くなった新興株を2銘柄ほど持越しました。

うまく損失を取り返せたらラッキー的な。

でもこういう時に限って、さらに損の上塗りをしそうで恐いです。

きっと退場する前にブログが中断されることでしょう。

今日、中断しても良かったのですが…。ブログを開始早々、やる気も失せてきました。

調子が悪いと言うよりも、もともとこんなものなのでしょう。

5営業日連続、前場プラスで引けてるんですが…。

何で止めておかないのでしょうか。

それを小一時間、自分に問い正したいです。

スポンサーリンク