株の前場・後場の傾向を分析し得られた結論|利益を飛ばす魔の時間帯

この記事は約3分で読めます。

前場の損益がプラス。

それで終えれば良いものを、後場でドカンとマイ転。

このパターン、あまりに多すぎです。

なぜでしょうか。

デイトレーダーとしては、まずは後場のマイナス転落を避ける、それに第一歩。

後場にやられまくる展開は御法度です。

スポンサーリンク

なぜ前場の利益を後場に飛ばすのか

確かに前場はプラス。

寄り付き直後の30~40分で儲かることはそこそこ多い。

しかし、後場にそれを全て飛ばしてしまう。

短期売買をするものなら、多くの人がそれを体感していることでしょう。

一日のトータルがマイナスの日のうち、8割くらいは後場にマイナス転落。

あるいは損の上塗りをしている、それが正直な印象です。

状況がここまで明らかなのに、同じ失敗を繰り返してしまうのは、なぜなのでしょうか。

おそらく、前場の30~40分で儲けた額が少ないせいかも知れません。

こんな額では、とてもじゃないが今までの損を取り返せないと。

そんな焦りが同じ失敗を生み出すのです。

後場の魔の時間帯とは何か

前場のコツコツ・スキャは、概ね30~40分ほどの間の売買です。

いくら勝率が高くても、利幅が薄い。

このため、相対的に損切り分のウェイトが上がってしまうことになります。

そして、その焦りで後場、なおいっそう余計な手出しをしてしまい、いらぬ損失を出してしまうのです。

これは、相場がどうだとか、方向感がどうだとかの話ではありません。

単に前場で利幅が取れていないと言う問題です。

そして、下手をするとこんな悪循環の中で、永遠に後場のデイトレに手を出し続けては、一発大損切りを繰り返す。

これはなかなか恐ろしいことです。

スポンサーリンク

後場の逆張り

出来高が結構上がっていて、デイトレーダーが群がっているような小型株。

そんなチャンス銘柄が午後2時以降どんどん下げ、壊滅的なまでに急落すると言うことは良くあります。

売りが売りを呼ぶ展開と言うのでしょうか。

そして、午後2時以降、リバウンドを取るためにインしたトレードでは、ロクな目にあったことがありません。

後場の逆張りは極めて難しい。

どうも前場の早い時間より、リバウンドが小さい、あるいはない、と言うのが多い。

下げたところで膠着し続け、気づいたらさらに下がると言うような。

では、後場に空売りをすれば良いのではないかと言うと、それも違います。

どんどん下げて、さらに下がりそうな株は、もともと空売りのできない株か、売り禁になっている銘柄であることも多いです。

後場は「難易度」、「博打度」、ともに上がってしまう印象。

後場やめる作戦を押し通せるか

前場で「利幅」が薄くしか取れないのだから、そこであきらめるなり、手法の方向転換をして然るべし。

前場の勝ちがショボイなら、後場はやめましょうよと。

後場に一発マイ転・大損切りのパターンは、デイトレーダーとしてアウトです。

何も言い訳をせず、認めるしかありません。

素直に前場だけで勝負し、勝ち逃げできる。

それがデイトレーダーの第一歩であるのかも知れません。