株売買ゲーム終了!寄り付きから負け!6営業日で退場の投資ブログ!

この記事は約4分で読めます。

寄り付きから15分はデイトレタイムでしょう?

その割には成功率が低すぎます。

買った瞬間に含み損。

デイトレードの最適時間、前場1時間に何のメリットも感じられませんでした。

9割の負け組に入るのはいとも簡単。

初心に戻って戦略を練り直す必要があると思いました。

今さらですが。

スポンサーリンク

寄り付きからデイトレで負け組9割の仲間入り

いやー、参りました。

新年早々とんでもないヘタクソ醜態をさらすこととなったデイ。

デイトレードはこれで停止。

仮退場となります。

“仮退場”って何よ。

やめる気なさそうな感じですね、我ながら。

しかし、勝てない状態が続けば、いつかは自動的に退場になりますね。

それが株ですから。

持越株の収支は今月+9.8万円なのに、トータルでこの負け。

一体どれだけデイで負けてるんでしょうか。

デイトレの際、買いと売りのボタンを交換させておけば楽勝で勝ちまくりだった筈なのですが…。

とにかく今日も、買った瞬間に秒速で含み損になるケースが多く、アレっと思った瞬間、グググっとさらに含み損が増えることが多かったです。

買い指値を出した瞬間、ヘンな買い板が秒速で沸いて出てきて買えないことも数度。

もう、利益を引っ張るとかではなくて、直後から含み損で、ずーっとそれが増えていきます。

一度も含み益になりません。

昨日と今日は。

1ティックも含み益にならないなんて、インの位置が悪いのかと思って、この2日はいろいろやってみましたが…。

買いボタンと売りボタンの反転は可能か

コンピューターで何でもできるご時世ですから、もしあまりにも負け続けている人がいるなら、買いボタンと売りボタンの機能を交換するシステム、真面目に有効なのではないでしょうか。

どこかの証券会社さんでやってくれないかな、なんて思っています。

売り買いボタン交換システムと言うのを作り、建玉を保有してから値動きが◯◯%出たら自動的に返済売りが出る設定にしておきます。

本人は今までのつもりでトレードすれば、あら不思議。

売り・買い交換ボタンシステム

売り・買い交換ボタンシステム

トータル大負けの筈が、その分、いつのまにか勝っていると言う…。

あくまで素人のたわごとです。

お気になさらないでください。

10年前より難しい?デイトレ最適時間で完敗

昔よりデイトレードが難しくなってきてる気がします。

私の妄想かも知れませんが、全ての注文の一つ一つに名前がついていて、それを個別にコンピュータが記憶し(もちろん絶対忘れるなんてことはない…)、自分以外の注文が逆に振られてブン投げるまで、腕力で逆方向に動かしているのではないかとさえ、思いました。

あるいはフロントランニングだらけで、それ以外は数人しかいないみたいな。

今のコンピュータ技術なら不可能ではないですよね。

そう思ってしまうくらいデイが難しく感じました。

フロントランニングとは

フロントランニングとは、先回り取引と言う意味で、具体的に何をどうやるのかは、私にはわかりません。

もちろん違法行為です。

HFT、つまりHigh frequency trading(高頻度取引)を駆使して、先回りと言う位ですから、誰かが100円で買い発注を出したら、発注から約定するまでの間のミリ秒(その千分の一ですとナノ秒)単位で、99円で買ってから、やって来た100円の買い発注に売りをぶつけると言うことでしょうか。

誰かの買い発注が出てから到着するまでに先回りをすると言うのなら、その程度しか私には思い浮かびません。

まあ素人の憶測なので、適当ですが…。

実際に米国では摘発例があるようです。

株だったか為替だったかも忘れましたが…。

持越トレードも地合いが悪ければ完全退場?

持越し株は安くなった銘柄を持越すだけで、少しは利益が出ます。

地合いが良いですから。

とは言え、やられる時はいきなり大きくやられるので、今だけですね、調子が良いのは。

昨年11~12月のヘンに日経がもんでる時は、持越し株も全然利益が出ませんでした。

膠着してる感じで。

やはり、1泊2日とかじゃなく、銘柄を選んで中長期投資すれば良いのかも知れないと思いました。

そういうやり方は苦手ですけど…。

“退場慣れ”と言うのでしょうか。

慣れてはまずいものに慣れてしまっている、そんな気すらします。

実は私、昨年の夏から本当に利益が出なくて(デイはもちろん、持越しも)ヤバイ状態って言うか、いろいろ不安材料が重なって退場寸前です。

もう仕方ないので、初心に戻って当面は持越し株だけで勝負したいと思います。

何が初心なのかも、はっきり言ってわかりませんが…。

スポンサーリンク