デイトレブログ損切りタイミング公開!朝一番投げ!前場信用無限回転

この記事は約4分で読めます。

いきなり食らって狂ったように前場回転フルパワー。

1ティック抜きで100回転。

デイトレに高パフォーマンスなし。

ガチホで値幅を狙いに行くより、目先の資金回転のほうを優先してしまいます。

戦略を練り直し、取引時間の制限、効率を考えた売買が必要なのかも知れません。

スポンサーリンク

食らった後の前場100回転・1ティック値幅取り

本日、朝一番の取引は、2億円分の売り玉を30万円の買い玉で受け止め。

ずるっとイッキに-5%。

玄関あけたらいきなりビンタ。

このくらいのことは(下手な)デイトレーダーにとっては日常茶飯事です。

ちなみに、その時に資金が30万円を割ってしまい、29万円ボーイになってしまいました。

ボーイも何も、いいおっさんですけど。

また信用取引ができなくなってしまいましたので、追加の1万円を補充して対処。

オプションのほうから資金移動。

いきなり-1.8万円のビハインドからチマチマ、チマチマ、みじんこスキャで100円ずつ取り返して行きました。

もちろん10時で降りるルールは今日に限って撤回。

100円ずつ取り返して行くなんて、全くナンセンスなやり方です。

一回の損切りで1000円以上、平気でやられますから。

ですから、ほとんど全勝状態で利益を積み重ねなければいけない訳です。

あり得ないです。

生態学的には私、イナゴに分類されるのでしょう。

私のスキャルピング、損切りタイミングは…

私のスキャルピングのトレードにおいて、損切りタイミングはズルッとやられた時です。

極小の利食い幅で積み上げていきますので、何かの拍子にズルッと-5%くらいやられることがありますので、そうなったら切るか切らまいか、悩んだ末に損切りします。

悩んだって、戻りはしませんから。むしろそのまま-10%くらい平気で下げることのほうが、体感多いです。

ですから、スキャルピングの損切りタイミングはあってないようなものです。

ドカンとやられてから損切りしても、それは損切りタイミングと言えるものではないでしょう。

泣く泣く大負けを悲観しつつ、仕方なしに投げているだけです。

ですから、やはりスキャはおすすめできないし、私としてもメインのやり方としては採用するべきでないのではないか…といつも思っています。

前引けまでに空売りも合わせて半分取り返し全力デイトレ

前引けまでに100円利益を80回積み重ねて-1万円まで戻しました。

某証券会社の一日信用では、東証一部銘柄の一日信用では空売りに空売り料がかからないので、空売りもやってみました。

値動きがあれば、東証一部でも結構いけます。

しかし、11時近くなったころから膠着感が出てきてダメでした。

そもそもが10時でやめるべきところを、無理矢理延長してやっているだけですから、それはダメに決まっています。

1ティックで降りられるなら、空売りでも無問題ですね。今日だけかも知れませんが…。

でも、担がれた時に売りで耐えるのはイヤな感じがするので、進んで空売りはやりたくはないです。

ただ、利食い幅の薄いデイトレードは効率が悪すぎます。

ですから、スキャルピングで億ったと言う人は嘘なんじゃないかと、最近は思っています。

下がったら買いガチホ!単細胞的手法にオワタ感

もう一発ドカンと何億円の板ぶちぬきショットを受けたら、さすがのミジンコも放心状態、戦意喪失になってしまうと思い、やはり10時で上がりたかったのですが、今日も無理。

でも、本当にそういうのが多いです。

本日はこれでも運が良かったほうです。

損していますけど。

ちょっと最近は苦しすぎる…。

昨夜の日経先物の下げの際も、コールを買っておいたほうが良いかなぁとも思いましたが、やめておきました。

もう今月はプラテン無理だと思いますが、とりあえず…。

1銘柄、適当に下がったのを持ち越しガチホールド。

引けてからヤフー掲示板を見たら、決算またぎなのでどうたらこうたらと書いてありました…。

決算なんて、気にもとめていませんでした。

ガチでオワタかも。

スポンサーリンク