株ブログランキング№1の八方塞がり|善後策不明!退場間近トレード危機

この記事は約4分で読めます。

退場の足音が間近に聞こえ、今月残りもあと1営業日。

デイもスイングも手法を探し、善後策を求めつつ、ブログ継続の危機に震える日々。

一発マイナスドカンで泡を食ってトレードが乱れる。

そんなことのないようにデイとスイングで補完し合うトレードを心がけたいのですが…。

スポンサーリンク

マイナスからドカン、メチャクチャトレード

本日、持越3銘柄のうち2銘柄は少し上がりましたが、1銘柄が大幅ギャップダウン。

結構なマイナスからのスタートとなりました。

最近はこういうのが本当に多いです。

デイはあっと言う間に急落を2度食らい、-2万程度行ったところで、ヘタクソの上塗りをさらに発揮、損の大幅増量をしました。

もう今月はデイで大幅に負け。

スイングトレードで多少カバーしている程度で、トータルでも全然ダメ。

デイトレードでインするタイミング

やはり、デイでインしたらすぐに急落を食らうと言うのは、入るポイントがどう考えても悪い訳です。

特に、利幅のせまいスキャルピング気味のトレードをする場合には、ピンポイントで最もやりやすいタイミングで入る必要があります。

どうもその検証が甘いまま、デイトレードを続けてしまっていると感じて来ました。

今さらですが。

もう一度、エクセルにデータを取り込みまくって、あらゆる方向から検証し直そうと思います。

いちおう昔からそのようなことはやっているのですが、目の付け所が悪いのか、センスが悪いのか、デイトレードについては今一つ結果が出ません。

なぜそんなにデイトレードにこだわるか

これはあくまで私見ですが、年齢が上になればなるほど、実は短期売買ができたに越したことはないのではないかと考えています。

確かに60歳を過ぎた高齢者が持っている株のポジションが、長期投資の末にしっかり利が乗り、そのポートフォリオだけで資産となっていて、配当だけでも十分生活できる状態なのであれば、理想的です。

日本株にだけでも十分に分散されていれば、それはそれでかなり心強いことです。

短期売買などやる必要はないでしょう。

むしろ、高齢になってから短期売買を始めるのはリスクが大きいですので、やってはいけない事です。

ただし、6~7年くらいで利が乗ったくらいのポートフォリオですと、同じくらいの期間で含み損に陥ってしまう可能性はありますし、超優良株が信じられないくらい下げた例は、この10年かそこらだけでもいくらでもあるので、絶対に安全と言うのはありません。

まあ、それでも、数年くらいの中長期投資の腕のある人なら、無問題だろうとは思いますが…。

しかし、もし高齢になる前にデイトレードに習熟し、ある程度稼げる腕があれば、それはそれでかなり心強いことは確かです。

何しろ、パソコンの操作だけで体力はそんなにいりませんし…。

だから、老人になってからデイトレを始めるのではなく、ある程度若いうちに習熟しておくことは、意味があるのではないかと…。

パソコンを使うことにより、指先を使いますので、呆け防止の効果もなきにしもあらずですし。

ですが、そんなことをやっていて、資金を溶かしてしまったのでは意味がありません。

やはり、何をやってもリスクとは背中合わせです。

十分ご注意ください。

今月残り1営業日の29万ボーイ

今朝は値上り銘柄の盛り上がりを欠いているようにも感じられ、こんな日はデイトレをやるべきでなかったようにも思えます。

不用意に連続してショボイ銘柄に飛び込んでしまいました。

今日みたいな日も、上手なデイトレーダーはどうってことないのでしょうが…。

今月もあと1営業日となり、今後に不安を感じざるを得ない不味い状況です。

デイ資金もまたもや30万を割り29万円ボーイとなったため、1万円補充。

デイトレードの損失が痛すぎる今月

とにかくデイがまずい。

何とかしなくては、とは思うものの、どうしたら良いかわからない状況です。

スイングトレードに関しても、持ち越すべき銘柄の条件判定が甘くなってきている気がします。

どうでも良い銘柄を無理矢理持ち越して損している感じ。

ブログを書くのがイヤになってきました。

いつもそんなこと言っていますが…。

このまま行くとガチで退場は免れませんので、何とかトータルで利益を出すよう、対策を考えたいと思います。

って言うか、そんな対策できるのでしょうか…。

スポンサーリンク