仮想通貨と株どっち?上がる上がらないは値幅・変動率比較で一目瞭然

この記事は約4分で読めます。

仮想通貨の値幅、価格変動の大きさが話題になっていますので、株との比較をしてみました。

株は銘柄数が多いことに特徴があり、低位株、IPO株、材料が出た株など、上がり下がりの激しい銘柄を選ぶことが可能となります。

相場の難しさは甲乙つけがたいと思われますが…。

本日の値動き、価格変動の大きかったものをピックアップ

  • 3953 大村紙業3,895円→3,070円(-21.1%,23分間)
  • 3953 大村紙業3,020円→3,880円(+28.4%,38分間)
  • 9929 平和紙業1,008円→811円(-19.5%,27分間)
  • 9929 平和紙業811円→986円(+21.5%,21分間)
  • ビットコイン111.6万円→88.8万円(-20.4%,18時間)

儲かるのは株?仮想通貨?上がり下がりに依存?

株も銘柄によっては値幅がキツイ。

ビットコインの110 → 90 など、動いてる小型株なら数分ですから。

株と仮想通貨、どっちが簡単とか難しいとかはないと思いますが…。

仮想通貨はやったことないんですけど、スプレッドと言う訳のわからない難題もありますから、どっちもどっちのような…。

口座自体の安全性や税金のことを考えれば、株でいいかなと私は思います。

値動きの大きさで仮想通貨に行くと言うのはないです。

ただ、昨日も書きましたが、“ゴックス” の問題が発生した当時にビットコインを買っておいても良かったかなと思っています。

株は値幅制限があれども株価の位置次第で値動きは大きくなる

株価が2桁の低位株

前日終値10円の株が動意づいて、30円プラスの40円になったとしましょう。

値幅制限の上値の限界です。

これで4倍。300%プラスと言うことになります。

100円台の低位株

前日終値120円の株なら制限値幅が±50円ですから、ストップ安の70円まで下がってからストップ高の170円まで上がったら、70円→170円で+142.8%の上昇となります。

ここまで動くことはあまりないにしても、下がった株を買って上がったところで売れば、仮想通貨並みの値幅を取ることは不可能ではありません。

特例措置、値幅制限の拡大

ストップ高・ストップ安が連続すると、値幅制限の拡大措置が取られることがあります。

この場合にも、ストップ上限・下限の幅は広がることになります。

株の場合は、小型株が数多くありますので、値動きがありそうな銘柄を探せばよいと言う訳です。

それはそれで、危険なトレードですが。

小型株だけでなく、ハイリスク・ハイリターンな銘柄は探せばいくらでもあります。

ご注意ください。

仮想通貨の今は過去の“ゴックス”状態?

“ゴックス”の問題発生当時からの値動き・価格推移を考えると、2018年2月2日現在の仮想通貨にはそれなりのチャンスがあるかも知れません…。

でも、仮想通貨は土日もあるので、休む暇がないですね。

24時間365日。

平日は株をやって、土日は仮想通貨なんてことになると、それはそれでキツイです。

それがかえって良いと言う人も多くいらっしゃるでしょう。

1990年頃のバブル時代に「24時間戦えますか」と言うCMがありましたけど、それ、仮想通貨では当たり前ですから。

「24時間365日戦えますか」です。

儲かるならやりますけど…。

株…今日も危ない取引が散発

今日の株はとりあえず損しなかったので良しとさせていただきます。

本日、プラス6,000円、すごすぎ。

損する時、マイナス数十万、儲かるとき数千円。

昨日の目標はデイで損しないことでしたので、目標は達成。

危ない取引、3~4回はありました。

下のほうに仮に買い指値を出そうとしたら指が勝手にクリックしてしまい、ポロっと注文が出ました。

その瞬間、急落が来てアッと言う間に-4,000円の含み損。

どうしようかなぁ…やっちゃった、と思って見ていたら30秒で戻しました。

助かった。

30秒で2~3%下げて戻すとか、単なる運です。

得意技の手法、上がるまで「我慢」

我慢したら戻したのが少なく見て3回はありました。

我慢と言っても30秒~3分くらい。

ほとんど買建の場合でした。

空売りはそういうのはなかったです。

なんか、東証1部の売買代金の上がった銘柄も、結構勝てるような気がしてきました。

たぶん勘違いだと思いますが…。

値動き幅は小さいですが、1ティック1ティックが瞬時に上下します。

資金が大きければ、それなりにデイトレで利益が出そうです。

今日は慎重にいったので、建て代金は少なかったです。

こんなんでいいんでしょうか、と思いますけど。

持越しポジションは、下げた新興株2銘柄を買い持ちしました。

ワンパターン適当手法。

とりあえず損しなければそれで大成功。

明日以降もその考えで乗り越えたいと思います。