10時停止ルールを遵守できない習慣リスク|デイトレーダーあるある

この記事は約3分で読めます。

デイトレに最適な時間帯は朝一9時半までとも、10時までとも言われます。

午前中寄りから30分~40分で勝負を決めるのが良いと…。

わかってはいるつもりです。

人によっては朝10分だけしかトレードをしないとも。

この朝一ルールを制さずして現状打破はなし。

自分に言い聞かせました。

10時停止、朝一ルールを制さずしてデイトレを制せず

本日のデイでは、例によって10時まではソニーでチマチマやり、いつものように薄利状態だったのですが、「そろそろ10時だから止めるか…」と思った矢先、ジャスト10時。

売り玉が突然の担ぎ上げを食らい、いきなり利益を飛ばすだけでなく含み損。

そのままドンドン担ぎ上げられて「なんだこりゃ!」と見ているうちに、いつものパターンでやられました。

やっぱり10時前に終わらせないとダメです。

10時以後は、なぜかはわかりませんが予想外の逆方向に動くことが多くなります。

なぜなんでしょうか。

おそらくは参加者が減ると言うことが影響していると思います。

10時を境に手を引く人が増えると言うことです。

残った人が少ないからこそ、思わぬ値動きが起こりうると言うことなのかも…。

デイトレードの最適時間帯については、下記の記事をご参照ください。

持ち越しポジションも普通に下げ

昨日より買い持ちしていた株は当然ながら、大幅ギャップダウン。

米国株が相当下げたので仕方ないとは思いますが、2銘柄のうち、1銘柄は想像以上の下げで結構やられました。

想像以上の下げと言うのは、新興株全体で言うと、指数は下げているものの爆下げしている銘柄がまだ少ないです。

ガチの下げが来たら、こんなものではありません。

悲壮感が全然足りません。

その割には、買い持ちしていた1銘柄はドカンと下げてしまいました。

もう先月からヤラレ過ぎです。

全体相場は今一つ読みにくい状況

この程度のヤラレは良くあることなので仕方ありませんが、先月、やられている身としてはかなり厳しい状況です。

下げが微妙なので、新たに買い持ちたい銘柄も積極的には買いづらいです。

為替(円)が安くなっているせいかも知れません。

メガバンクは結構下げていますが、主力の大型株も下げが今一つ。

こんな微妙な下げでは、まだ下がる可能性があるかも知れないと思いました。

惰性?習慣性の買い持ちポジ

そうは思いましたが、思わず下げているクソ株に分散して買いを入れるのみならず、225オプションコール3月限まで買い持ちしてしまいました。

これで下げたらまたドカンです。

とは言え、裸でプット買いできるのかと言うとそれもまた微妙。

主力株をちょっと売ってもよいかと思いましたが、そういう複雑なポジション(新興株買い、コール買い、主力売りのような)は私は持たない主義ですので、売りませんでした。

と言うか、複雑なポジションはオプション初心者の私には無理です。

オプション買いの爆益を夢見る

たしかに、日経平均が暴落したところで上手くピンポイントでコール買いをしておくことによって、その後のリバウンドで爆益を売ることができます。

あくまで夢を見ているだけですが。

そのような時、過去の例では10倍、20倍は当たり前、場合によっては100倍、それ以上コールが上がる例もあった訳です。

20倍でも凄いですが…。

これは裏返せば、オプション売りのリスクでも有る訳ですが…。

オプション買いは、一発大逆転も有り得る夢のトレードが可能であると同時に、株以上に難解な面を持ちます。

やはり、株に限らずオプションにおいても生き残ると言うことが大事で、売りで担がれてとんでもない目に合うことだけは避けなければならないと思います。