寝ぼけ眼でスマホを見てからパソコンにすっ飛んで血圧上昇する方法論

この記事は約4分で読めます。

予想すらしないダウ爆下げは毎度のことですが突然やってきます。

2018年新春の暴落は例によって原因不明。

急落の背景として、AIアルゴによる狼狽売りとも言われています。

アルゴが狼狽するとは、不思議な気がします。

機械なのに。

暴落リバウンド狙いも毎度のことですが、その前に損していたのではお話になりません。

寝ぼけて深夜のスマホを見ているとダウ爆下げ

スマホで深夜(早朝)にぼーっとNYダウ、日経先物見ていたら思いっきり底抜け。

ありゃりゃ、午前3時半。

それでもあくまでボーッと見てると、まったく下げ止まる感がありません。

当然のごとく下に抜けていきます。

「眠いし、めんどうくさい…」と思いながら、慌ててPCを立ち上げました。

スマホでオプションを取引する気にはどうしてもなりません。

スマホで自動車を運転するのと同じ恐さがありますから。

車を運転するなら、ハンドルがないと不安じゃないですか。

深夜、寝床のオプションをタッチパネルはコワい

全てタッチパネルで車を運転しろと言われたら、抵抗があります。

ハンドルのイラストみたいな画像が出てきて、指で回すとか…。

やはりキーボードとマウス、これは車のリアルなハンドルに相当する部品ですから。

リアルな部品を操作して、225オプションコール買い3月限、遅ればせながらブン投げ。

損切り、結構遅れました。

まあ小額と言えば小額なんですが、それでも私には痛いです。

ダウは多少リバウンドしながらも、下げ止まる雰囲気が全然ありません。

個別株もクソ株とかフジクラとか持ち越してるので、心配です。

そっちでも結構マイナスを食らいそうです。

先月に続き今月も食らいますね、これは。

30万ボーイ、今度は0円ボーイに!今後の見通し…

もうデイトレ用の30万資金は、先ほどの225オプションの損切りで再度、30万以下に資金割れしましたので、当面デイトレードは停止。

残金は225オプションに回して、適当にリバウンドを狙います(またやられるかも…)。

日経の下げはそれほどでもないですが、ダウ、S&Pの下げがちょっと急速過ぎます。

これは何かあるのか?と言う感じの動き。

日経はどっちみち連動して下げますので、そこで買いを入れたいんですが、すでにやられてるしマズイ状況です。

まあバブル的にダウは上げていたので、その反動で爆下げしてるのかも知れませんが、ちょっと下げ、キツ過ぎないですかね。

指数なのに、新興クソ株的なチャート。

しかし、下げがきつければきついほど、実はチャンスにもなり得ます。

短期売買であれば、それは鉄板です。

ですから、理想を言えば、ダウ先物であろうが、オプションであろうが、商品先物であろうが、値動きが大きくなって売買代金が急増したところで短期売買をしたいです。

そこまでの機動力が若干足りないので、今後の課題ですが…。

持ち越しポジのおかげで早朝に地団駄

持越株がなければ結構チャンスなのに。

何をやっているのでしょうか。

とりあえず、前場寄り付きで全株投げて、できればそこから爆下げしたところで買い持ちしたいと思っていますが…。

今見ていたらダウ1,506ドル下げ。

うわ、マジですか。

まずい、持越し株がまずいです。

とりあえず225オプションを切れただけでも良しですか…。

こういう時にプットでも売っていたら大変なことになります。

あっという間に持っていかれかねないですから。

やはりオプション売りは、私にはコワくていけません。

損失が何十倍、場合によっては百倍になる、などもあり得ますので…。

そうかと思ったら500ドルくらいリバウンド。

コールを売っていたら終了。

でも、ダウ先物やってる人はチャンス?

やはり、値動きが大きくなっているところでトレードしたいと言うのは、短期売買をやっていたら誰しもが考えることです。

ダウ先物もトレードできる口座を開いておけば良かったかも知れません。

何かの誤発注かと思わせるくらいの動き。

もう、見てるだけで何もできません。

私はこういうのをデイで取るのは苦手だから、まあいいか。

とりあえず明日以降、日経が下げたら買い持つしかありません(わからないですけど…)。