株初心者損切りタイミングは寄付?後場リバウンドチャンス逃し阿鼻叫喚

この記事は約4分で読めます。

ギャップダウンもなかなか寄らず、寄り付きで即損切り、ぶん投げ。

タイミングも何もなし。

成行で全注文損切り設定、あとは自動です。

相場急落時はいつもそうしています。

初心者の頃に含み損を耐えて損を広げる経験、繰り返していますから。

それが私の多少なりともの損失回避法。



予想に反し相場が動いた朝は…

短期売買のつもりでスイングトレードで持ち越していて、朝方に米国株の情勢を受け、予想に反して含み損になりそうだったら、私は迷わず寄り付きで売ります。

そこで考えていて、傷口を広げたことが何度もありますので。

特に、株価がじわじわと下げる場合には、リバウンドが来るのではないかと考えてしまい、なかなか損切りすることができなくなります。

小型株の場合には、上の売り板に買い注文がどんどん入りつつ、分足では下げていく場合もあります。

なぜそうなっているのかはわかりません。

が、買い注文が少しくらい入っているからと言って、上がるとは全然限りません。

ですから、経験則上、寄り付きと同時に損切りをしたほうが、損が少なくなる場合が多いです。

絶対と言うことはありませんが…。

本日も完全にそのパターンの日でした。

寄り付き損切りブン投げ後、頭を抱えつつも妙な相場の安定感

寄り付き一番に昨日から買い持ちした銘柄を全部ブン投げ。

なかなか寄らず焦りまくりました。

もちろん爆損。

こういう時は、そう簡単にリバウンドなんかはしないことが多いのですが…。

昨日の米国の下げは異常でしたが、日本株はそれに追随しているだけで、チャンスを狙っている人のほうが多い印象。

ツイッターを見ても口ではそうは言っていませんが、「いいね!」みたいな感じの人ばかりです。

日本株の主力はあまり下がっていません。

225オプション・コールも(3月限のクズオプション)ずっと見ていましたが、寄り付きだけ一瞬下がって、その後は全然下がりません。

私が深夜(早朝)に投げた値段より下がらないんですから。

投げた時の価格より日経先物は5%くらい下がってるのに。

日経はそこそこ下げるも悲壮感がない相場

警戒して買わずに見ていたら日経はじわじわ下がってきました。

13時30分くらいに日経が1,500円下げた底のところでコール(3月限、クズオプション)を買おうとしたら、全然安値をつけてなくて、むしろ上がっています。

もうちょっと安くなったら買おう、安値をつけたら…と思っていたら日経先物が急速にリバウンドし始めました。

結局、日経先物もどんどんリバウンドし始めて買い時を逃しました。

主力の大型株もそれほどの下げではないです。

その割に私は大損してますけど。

リーマンショックとか東日本の震災とかと比べてしまうと、このくらいでは下げが甘い感じがして買えないです。

やはりアベノミクス後の高値圏にある日経平均ですから、リバウンドのタイミングは比較的早くやってきますし、思いのほかリバウンドの時間も長い傾向にある気がします。

チャンス狙いの上級者ばかりの日本株…?

スイングのつもりで1枚づつ買ってた日経レバETFが上がったので、売って3,000円儲かりました。

意味ないです。

単に、私がヘタクソなばかりに爆損、ブン投げしただけの日となりました。

しょうがないなぁ…。

とは言え、投げた個別株は陰線引いてましたから、投げなかったらもっと損してました。

私が持ってたクズオプションは深夜(午前3時半頃?)に投げる必要はなかったですね。

たいして下がらなくて、リバウンドしてますから。

いちおう個別株の持越はしましたが、あまり期待できない感じがします。

日経全体が場中に激しくリバウンドしてしまって、もうリバらないかも…。

今日の損は当面取り返せそうにないし…。

頭が痛いです。

上手い人ばっかりが残ってて、チャンスがない感じなんですかね…。

ブログを継続する元気がなくなってきました。


広告


本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建約30万円
【デイ損益合計】約+3,000円

【売買銘柄】
1570 日経レバ 買建

【トータル結果】
持越-11.8万円(オプション・コールを含む)
デイ+0.3万円
今月-17.1万円
持越ポジション 2銘柄(東1、新興各1)
225オプション ポジションなし

気分転換するしかないです…。