株ブログ大損の言い訳はフラッシュクラッシュ!澄まし顔でビビりまくり

この記事は約4分で読めます。

「フラッシュクラッシュのアルゴにやられた。」

そう言い訳すれば格好がつくような。

「HFTと言ってね、超高速取引なんだ、ナノ秒なんだ、わかるかい?」と。

この言い訳手法、株にも為替にも仮想通貨にも使えます。

原因はAI運用、人工知能の暴走ですと。



昨日場中の様子見がちょっと痛かった

昨日の下げでは、主力大型株があまり下げなかったので(そうは言っても結構下げましたが)、ちょっと買いをためらっているうち、どんどんリバウンドが来てしまい、買い時を逃しました。

米国株の下げが急だったので、日経ももうちょっとひどい下げになるかと思い、警戒しすぎでした。

少しずつ日経レバは買い始めていたんですが、量が少な過ぎ。

やはりリーマンショックとか、東日本大震災起点の下げ相場とか、影響は大きいと今さらながら思います。

思い切った買い持ちができなくなっていますから。

警戒のしすぎで、石橋を叩いて壊すレベル。

それでも予想外のボラティリティに助けられる

仕方なしに昨日大引けで適当に下げた株を買い、何とか本日の寄りでギャップアップ。

こんなに上がるとは思っていなかったです。

昨日の場中にリバウンドが入ってしまっていましたから。

昨日損切りした分とほぼ同額、取り返すことができました。

この結果は全然満足が行くものではありませんが…。

昨日の場中のリバが取れないようではお話になりませんので。

今日の利益の2~3倍は取れそうなものなのですが…。

異常なボラにチャンスもリスクも増える

それにしても、今朝の米国株が引けてからの日経先物(CME)がものすごいリバですね。

やりすぎです。

でも、それで救われました。

ここまでボラティリティが大きくなると、チャンスは増えますがリスクも増えます。

高値からの日経の下げ自体は-10%程度。

年に1~2回の良くある下げです。

これで終わってしまうとはちょっと思えない感じがします。

買い時を逃した私としては、第2段の下げが来てくれないと出動機会を逃したままです。

第2段が来たら来たで、下げ相場入りが濃厚っぽい感じ…。

フラッシュ・クラッシュ!キャッチーな用語にとりあえず乗る

プログラム売買によるHFT(超高速取引)、フラッシュ・クラッシュですか。

マスコミの人はすぐそういうネタに飛びつきますけど、トータルの下げではあまりプログラム売買は関係ないと言うか…。

このくらいの下げ、昔から普通にあるじゃないですか。

1ナノ秒で日経が何%も下げたと言う訳ではないですから。

人間が争うように売ったら平均株価にして10%くらいすぐ下がります。

リーマンショックの時のほうがもっと下げが連続してて、1日の下げもきつかったですし。

それで私はトンデモない損をしてますから。

当時は、昨日の底からさらに10%くらい平気で下げる感じ。

80年代のブラックマンデーとか、1日の下げはもっと凄かったんじゃないですかね。

(よく知りませんが…。)

まあそんな極端な例、あまり関係ないか…。

言い訳用語に最適なフラッシュ・クラッシュ

ともかく、「フラッシュ・クラッシュ、それでやられた」って言えば、周りの人は納得するので、言い訳にはいいですね。

カッコいい言い方なんで。

超高速取引ですから。

本音を言えば、もう一回くらいフラッシュ・クラッシュに来てほしいです。

昨年の秋・冬みたいなジワジワ膠着しているのはかえってやりにくいです。

米国株次第のチャンス待ち

取り敢えず、少量、新興株の下げてるヤツを買い持ちしておきました。

とにかく今はチャンス待ちですかね。

まだ今月、マイナスですから。(しょーがねー…。)

このまま上に戻ってしまうと、何にもできません。

下げるほうが可能性高いと思いますが、どうでしょうか。

今から空売りするほど確証はないですけど。

本日、デイも停止状態でした。

もう、デイトレードでは私のやり方では値幅取れないと思います。

特売りになったニチダイとか、インしたかったですが我慢。

明日以降も目が離せない相場になってきました。

皆さんも大損しないよう、お気をつけください。


広告


本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】なし
【デイ損益合計】0

【デイ売買銘柄】なし

【トータル結果】
持越+11.5万円(寄りでリリース)
デイなし
今月-5.3万円
持越ポジション 1銘柄(買い、新興株)
225オプション ポジションなし

とりあえず勝利の女神の笑顔待ちです。


広告