株価チャートは点か線か?逆張りで助かりプット買いヘッジ手法で備える

この記事は約4分で読めます。

スイングの利益取り逃しは慣れっこ。

利益率や利益確定ラインを決めても結局のところ、利確のポイントは相場次第。

2日分のスイング利益の幅など、運です。

利益目標としては+3~5%くらいですが。

平均して2%の利益が出れば御の字。

全ては運とタイミングです。



地団駄踏んで利益を連続で逃す

取り逃し、取り逃しで毎日、地団駄踏んでますが、やはり今日も同じ。

昨日の引けで買い持った株は多少リバったので良かったのですが、今朝の寄り付きでこんなにギャップアップする銘柄ばかりなのであれば、たくさん持ち越せば良かったと思いました。

全くついていません。

でもその割に、寄り付き、東洋エンジ、タカラトミーのように、東証一部なのに爆下げして値幅がものすごい銘柄があったのも事実。

難解スイングトレードに思わず手が出て…

やはり下手くそなトレーダーはそう簡単にスイングすべきではありません。

洋エンジを買い持っていたら大損ですから。

とりあえず洋エンジの爆下げを見て、思わず手が出て、S安をつけても明日まで持ち越してしまうか…と言う感じで。

ストップ安に巻き込まれると、ストレスが半端ないですけど…。

それに対する恐怖が薄れてしまっていて、コワいくらいです。

真冬の冷気に震えつつ、冷や汗をかきながら。

そうしたら、すぐ上がったので早売り。

ほんとの早売り。

こんな調子でS安に張付いて強制持越しになって、米国株がまたドカンと下げたら目も当てられない状況になるのに。

本当にS安張付きにならなくて良かったです。

ラッキーパンチ、当たりました。

逆張りの難しさ

心理的には思わず逆張りに手が出ることが多いですが、実は逆張りとは高等戦術です。

どこで株価が反転するかを当てなければなりませんので。

反転のポイントを当てる、それはまさに“点” 、“ドット” を当てると言うことです。

直線は点の集合体です。

いわば、点が無数に集まっている訳です。

その無数の点の中から、反転のポイントを当てに行く訳ですので、難しいと言う訳です。

それとは違い、順張りの場合はそうではありません。

点の目測が外れていても構いません。

方向性だけあっていればOKですから。

謎の東証1部ボラティリティが上昇、利益幅上がる?

ここのところ東1銘柄が値幅が出ますね。

そのほうがやり易いですけど。

何か相場つきが数日前から変わった感じ。

洋エンジも明日まで耐えて、数パーセント上がったらそれでいいやと思っていたのに、数分で上がって降りることができました。

早降り過ぎて、上手な人から見たらこれも取り逃しなのでしょうが…。

そんな訳でデイトレード停止中にも関わらず、スイング目的で買った銘柄が偶然すぐ上がりました。

昨日、今日と、これで今月のマイナス分がほぼ取り返せて、少し気がラクになりました。

先月、大幅負けですから。

残り半月で出来ればそれを取り返したいです。

様子見推奨の心の声を無視しどうしても手が出て持越

全体相場的にはダウ、日経のチャートはすでに崩れているので、このままどんどん下げると言う読みですが、今のところ全然当たっていません。

輸出関連の主力株はこのまま下げそうなチャートのオンパレード。

でも、どっちに動くか全く予想がつきません。

とりあえず爆下げした東証一部銘柄を買い、ヘッジで安いプットを買いました。

プット買いの注意点

オプションの買いの場合には、日経平均が同じくらいの価格帯のまま推移すると、下がってしまいます。

時間とともに価値が減衰しますから。

プット買いなら、日経平均が下がったら利益が出ます。

動かなかったらマイナスです。

ですから、ヘッジの場合は、まず掛け捨て保険的な扱いにならざるを得ません。

そこが注意点です。

本日は様子見をしても良かったんですが、取り逃しが多かったのであえて参戦。

なぜだか新興株はリバってしまったのが多く、買えないと言う判断。

目が離せない全体相場になってきました。


広告


本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建約90万円
【デイ売買銘柄】6330 東洋エンジニア 買建
【デイ損益合計】+2.1万円
【持越株】+3.1万円(1銘柄、寄りでリリース)
【トータル結果】+5.2万円
【今月の損益】-0.3万円
【持越ポジション】買建 2銘柄 (東1)
【225オプション】安いプット少量買い


広告