2000兆円?仮想通貨夢の売買に耳を疑った兆る男の0円買いの行方

この記事は約4分で読めます。

相場が読めないからと言って、仮想通貨のデイトレに行く理由にはなり得ません、私の場合。

ただ株以外にも視野を広げるタイミングであることは事実です。

相場を縦横無尽に乗りこなせる人は、仮想通貨でも為替でも同時並行で処理できるのでしょう。

相場の波に乗る魔術師です。

ほとんどお手上げの読めない相場に逆戻り?

またもや予想を裏切って全体相場は上に行きました。

プットは寄りで損切り、持越し株の3銘柄は微妙にギャップアップのトータル微益。

プラスになっただけマシ。

円高ですので、いい加減、下に行くかと思いきや、連続でずっとリバウンド連続。

全然儲かりません。昨年秋~冬みたいな雰囲気に戻りつつあるのか…?

全く手が出ないなら株より仮想通貨?

本日、デイは取引なし。

もう全然自信がない上、自分としてはインできそうな銘柄が見つかりません。

仮想通貨のほうが値動きがありそうですね。

スプレッドと税金のこと考えると、そんなこともないのでしょうか…。

よくわからないですけど…。

為替もやったことないので、そもそもスプレッドと言うのがイマイチ、ピンと来ません。

その上、仮想通貨の税金が高いのではせっかく値動きがあってもちょっと厳しいです。

つくづく「ゴックス」の時に5万円くらい買っておけばよかったと思います。

ネムなんてビットコインよりはるかに上がったらしいですから。

今からじゃ、ちょっと難しいような…。

仮想通貨2000兆円、夢の売買?!

ユーチューブを見ていたら、仮想通貨を0円でたくさん買いまくって2,000兆円まで行った人と言うのが出ていて、興味があったので、ざっと動画を見てみました。

そもそも0円って株ではあり得ないじゃないですか。

どんなに下がっても1円。

まあ上場廃止になって紙屑になれば0円と同じですけど。

そもそも0円で何枚買うと言うのが意味がわからない。

0に何掛けても0ですから。

0円で2,000兆円買って1円、2円とか上の値段で売ったら、どういう計算になるのか?とも思いますし…。

どうもシステム上の問題っぽいですね…。

ちょっと事の成り行きには興味がありますので、注目しています。

「兆る」と言うあり得ないネット用語がありますが、文字通り「兆った」男ですね。

(追記)9カ月後の2000兆の男

最初のこの記事を書いてからおよそ9カ月経ちましたが、気になったので2000兆、0円買いの男性のユーチューブを久しぶりに見てみました。

その後、動画の投稿は続いていた模様。

某仮想通貨の事業者による67億円流出の件についての投稿動画もありました。

67億円流出事件とは

某仮想通貨取引所から、計67億円相当分のビットコインその他の仮想通貨が流出した事件。

2018年9月、外部からの不正アクセスにより判明したとのことです。

当方、仮想通貨はやっていないため、詳細については知りませんでした。

ですが、やはり私が危惧していたような事件が起こったと言うことになります。

仮想通貨に私が乗り出せなかった理由の一つに、このような危険性があります。

トレードをするだけで十分過ぎるくらいのリスクを負わなければならないのに、それ以外の部分、セキュリティリスクと言うのでしょうか。

やはりまだ若干の不安が残る仮想通貨です。

早くこのような不安が解消されることを願っていますが…。

ジャパニーズドリームならずか

株式投資や先物、通常の為替のほうがこのようなセキュリティ面の安全性は整っている印象は否めません。

ある程度の時間が経てば、仮想通貨も株や先物・為替などと同等のセキュリティが整うとは思います。

私の場合は、そうなってから仮想通貨に参入するのでも良いと考えていました。

やはりそれは正しかったのかも…。

それにしても、くだんの2000兆の男性のユーチューブが、思ったほどアクセス数が伸びていなかったのが意外でした。

あれだけ話題になったのだから、ユーチューブの動画再生数が物凄く伸びているのではないかと期待していたのですが…。

”兆る” ことも出来なかったようですし、残念。

ジャパニーズドリームは現実の壁に阻まれた、と…。

そう思いました。