株と仮想通貨の比較|目移りの末口座開設を検討して頭に浮かんだこと

この記事は約4分で読めます。

仮想通貨に目移りして口座開設について調べ始めました。

すぐ取引できると言う訳でもなく、株の口座と同じくそれなりの手続きをする必要があるようです。

初心者としてネット情報などを調べていますが、まだこれからの分野ですので慎重に行きたいと思います。

オプション薄利の利確は紙一重、仮想通貨に目移り

早朝の4時くらいに薄利でプットの利益確定をしたものの、頂点で売れたわけでもなく何の感動もなし。

前場寄り付きの時点では同じ価格のプットは値下がりしており、そこまで引っ張ったら利益は出ていませんでした。

オプション買いは利益確定できる時にさっさと利確しないと、何の保証もないです。

買いについては株の場合よりすぐ値下がりしてしまいます。

それが時間価値の減少です。

かと言って売りから入れば入ったで、とんでもなく担がれる可能性もあります。

値動きも普段はあまりないし、裸で売買するなら仮想通貨のほうがいいのかも…。

0円資金で個別株には手を出せず

今日もとりあえずマイナスにならなかっただけ良かったとしか言いようがありません。

デイに良さそうな銘柄も見当たらず気力も出なかったので、とりあえず本日のデイトレは打ち止め状態。

寄り付き直後、Remixやラクオリアが盛り上がっていそうだなと思いながらも、現在、0円ボーイの状態ですから。

一日信用の資金がありません。

屑オプション買いで1円抜き

後場、日経平均が適当にリバウンドしたところでプットを1枚買い、1円抜いて降りました。

正直、日経が上に行くのか下に行くのか、見当もつきません。

オプションと言えども、自分の1枚の注文が入った瞬間に100枚の板が消えたりします。

それが1回や2回じゃないですから。

こういうのは何とかならないのかものでしょうか。

いわゆるアルゴ?

危うく仮想通貨の口座開設をしそうになる

全体相場的には、昨年末のようにヘンな膠着状態にならないことを祈ります。

ちょうどその頃、裏で仮想通貨が盛り上がっていたわけで、やはりいろいろな分野に目を配っておくことは大事だと思いました。

仮想通貨については、現在研究中。

仮想通貨の口座を開くだけ開こうかと思って、ちょっと調べたら、マイナンバーの提出とか免許証とか必要とのことです。

考えてしまいました…。

株の口座と全く同じです。

値動き的には仕手株と同じですから、主力株とか値動きない銘柄だけ除いた株口座みたいな…。

それでいて、セキュリティのリスクも…。

おまけに100円台の銘柄の売買でスプレッドが1円以上…。

100万円分の1往復で1万円以上…。

これで日計りで儲けている人、すごいと思います。

きっと、今まではそれをも上回る値上りがあったのでしょう。

値動きが物凄く大きければ、スプレッドもあまり気になりませんので…。

スプレッドとは

買値と売値の価格差を意味します。

このスプレッドが小さいほうが利益は出しやすくなります。

スプレッドは証券会社によって変わります。

また、同じ銘柄でも時期によって変動することがあります。

仮想通貨にインするタイミング

やはり、仮想通貨のバブルの前に、中長期で仕込んでいた人が最強です。

スプレッドも中長期ならほとんど関係ないし、上昇率が異常でしたから。

少額でも100倍、200倍なら夢があります。

今となって参入するのでは、若干遅すぎる感は否めないですが…。

100倍、200倍なら先物オプションの買いも

日経平均が大きく動く時には、225オプションの買いも100倍、200倍と上がる場合があります。

日経平均の動きを当てられる人なら大儲けのチャンスがあります。

しかし、オプションを買い持ちしたまま放置し、日経先物が大きく動くのを待つと言うのはできません。

オプション買いは、時間価値の減少により値下がりすることがほとんどですので。

つまり、ピンポイントで大きな値上がりを当てられるなら、大儲けができると言うことです。

かなり難しいことですが。

リスクとの戦い、それが先物オプション。

やはり、リスクは仮想通貨だけではありませんね…。