空売りの方法|主力株下げチャートで売り持ち越し、結果はいかに?

この記事は約4分で読めます。

主力株の空売りを始めてみたのですが、このまま下降相場となるでしょうか。

全体の空売り比率は少なくないと思いますので、逆に動かれると大変。

リスクヘッジが求められるところですが、私はあくまで運頼み。

当面はこのまま運で利益確定まで持ち込みたいと思います。



下降相場?疑心暗鬼ながら主力株の空売り開始

場中、メガバンの空売りをチマチマ開始。

日経主力銘柄の日足は、とてもではないですが、買えるチャートではないとの判断。

新興株は結構、下げからリバウンドしてしまい、手を出しにくいです。

自分の感覚に従ってメガバンを空売りしたら、現在どんどん担がれ中。

そのまま持越しました。

この状況で全体相場が急に爆上げしたら終わりです。

わかりやすく下向きの日足チャートが多く、空売りしている人が多いはずですので、何かの拍子に上に行ったら急騰してしまいます。

逆フラッシュ・クラッシュ的な爆上げだけは勘弁してほしいです。

先月、今月、マイナスですから。

気になる新興株の動き

ちょっと珍しいなと昨日から思っているのは、日経先物が天井から500円も下げているのに、新興株はそんなに崩れていないこと。

これって近年、あまりないことではないでしょうか。

崩れまくっているクソ株は、たいてい数銘柄はありますから。

それが見当たらない感じです。

自分としては、崩れまくっている新興株がたくさんあるほうがやり易いと思っているので、これはこれで難しい局面です。

ジャパニーズ・ドリーム的期待感

本日もデイは様子見で、寄り付き直後のラクオリアやRemixを横目に取引なし。

なにせ、ゼロ円ボーイですから。

ゼロ円と言えば、例の夢の2,000兆円買いの人のお話は、どうやら何も進展なしのようです。

私としては、一般人がいきなり大金持ちになると言うのは夢があるので、結構期待していたんですが…。

日本にもいきなりラッキーだけで、スゴイ大金を得てジャパニーズドリーム!とか、あってほしいです。

まあ今回はシステム上の問題に過ぎないようですので、事情が違うようですが…。

株取引の本質は運頼み?

誰かが誤発注して爆安になっていれば、当然それは買います。

そんなの、全員が目を皿のようにして見ている訳で、そう簡単には上手く行かないでしょうけど。

誤発注じゃなくて、本当に悪材料で下げている場合もあり得ますので、リスクもデカいです。

買った途端に紙切れとかもあり得ます。

リスクあっての運です。

そもそもどんな家に生まれるか、どんな遺伝子を持って生まれるかも運。

運とイカサマの関係性

コインの表が出るか裏が出るか、「同様に確からしい」なんて数学で習いますが、結局、その事象で表が出るか裏が出るかは、やはり運で決まります。

努力や作業工程に依存して表が出たり裏が出たりしたら、逆にイカサマですから。

確率とは別のところで、運に依存した結果が出てくれないと困るし、逆にそれがないと公平性を欠いてしまう訳です。

そう考えると、運とはある種の無作為性のようなものです…。

運を人がコントロールしようとすることは、イカサマにつながることもあります。

無作為だからこそ、それが公平性を担保する場合もある言う訳です。

運のもとの平等

何でもかんでも“規制” によってコントロールしようとすると、そのような罠にはまりかねない危険性があるのかも知れません。

運を規制でコントロールすることはできません。

運は運なので。

確率計算の結果、あとは運頼みです。

しかし、確率がどんなに高かろうが低かろうが、結果が思い通りにならないことは十分にあり得ることです。

そう考えると、米国などで、宝くじで一夜にして何百億円(ドル?)を手に入れる人がいますが、そのようなケースに対する考え方も変わってきます。

日本では、そのような幸運は受け入れがたいと考える人が多いように思われますが…。

「そんな大金を運だけで手にするはおかしい、規制しろ」と…。

って、何の話でしたっけ…。

とりあえず明日の相場は下げてほしい、そういう話です。


広告


本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】0万円
【デイ売買銘柄】なし
【デイ損益合計】0万円
【持越株】0万円
【本日のトータル結果】0万円
【今月の損益】-2.6万円
【持越ポジション】新規売建 1銘柄 (メガバンク)
【225オプション】ポジションなし


広告