リスクとチャンスの視野を広げたい男|仮想通貨の口座開設に迷う子羊

この記事は約3分で読めます。

仮想通貨初心者の私が口座を開くか迷いつつ、日経平均が膠着中。

リアルタイムのビットコインチャートも監視。

みんなの仮想通貨熱は本当にすごいですが、踏み切るには勇気がいります。

取引で損する以外のリスク。

儲けるためにはそこまでやる必要、アリなのでしょうか。

日経平均が膠着、様子見

持越しの売り玉は前場の早い段階で返済、薄利。

動きませんなぁ…日経平均。

動くときはイッキなんですが…。

デイでインできそうな銘柄はそれなりにありましたが、今は打ち止め中。

いつになったら復帰できるのか…。

さらに持越株もなしの、オプションのポジもなし。

完全お手上げ、様子見状態。

この状況、ほぼ3営業日続いてますから、そろそろ日経も動くのではないかと思います。

今月もマイナスの状況が見えてきました。

まずいです。

私の場合、下手に手を出してもマイナスの上塗りをするのがオチですので、これでヨシとし、次のチャンスに賭けたいと思います。

仮想通貨初心者にはきついトラブルいろいろ

ユーチューブを適当に見ていたら、例の2,200兆円のお話以外にもトラブル情報が出ていて、原因不明のいきなり預け金消失とか、あるみたいです。

そもそもが「兆」の売り板が出せるとか、あり得ない話なのでシステム自体に問題ありそうですし、パスワードを簡単に突破されておカネが消失とか…。

トレードだけでもリスクあり過ぎなのに、そんな話を聞かされるととてもじゃないけど、今回はやらなくていいやと言う感じになってきました。

リスクの外にリスクがある=リスクだけ

こんな状況ですと、口座を開くだけでも個人情報+マイナンバーが漏れるリスク、あるのではないでしょうか。

今回はコイン関係は完全見送りします。

私がやりたいのはトレードであって、それ以外の問題で大損するなどはあり得ません。

そもそも100万円の売買、1往復するだけで何万円のスプレッドとか、もちろんそれを上回る値動きがあれば問題ないわけですが、それ以外にいきなりドロンの可能性…。

なかなかにこわいです。

(追記)その後の仮想通貨の状況

それから数カ月後。

やはり予想通りと言うか、セキュリティ上のトラブルがありました。

某仮想通貨関連の業者さん。

67億円相当の仮想通貨が流出。

67億とは、凄いです。

不正アクセスが外部からあり、被害を受けたと…。

やはり、株式投資などと同等のセキュリティにまで到達するのは、時間がかかるのでしょうか。

少々、未成熟な印象は否めません。

発展途上の分野と言うことでしょうか。

株と仮想通貨の比較

株と仮想通貨では、このようなセキュリティ面での不安が違う他にも、様々な違いがあります。

私が株式投資のほうがやりやすいと考えているのは、扱う銘柄数の多さです。

株の場合、主力株から新興株まで全てを合わせますと、4000弱の銘柄数があります。

仮想通貨の場合は今後も種類が増えるとは言え、そこまで多くはありません。

為替に近い感じです。

デイトレードなどの短期売買をする場合、たくさんの銘柄の中から選ぶと言うプロセスが結構大切になります。

と言うか、そのやり方でしかトレードをやったことがないので…。

同じ理由で、為替はやったことがありません。

口座は開いてありますが…。

仮想通貨、為替へのトレード参加

トレードでは、視野を広く持つことで利益に結びつくことは多いです。

その意味では、仮想通貨、為替の知識や相場勘を養う必要があると考えています。

先物オプションもありますし…。

当方、とりあえず、仮想通貨の口座も追って開設する予定です。

セキュリティが万全の態勢になることに期待しつつ、引き続き広い分野の値動きを追いかけたいと思います。

相場で儲けるあくなき努力の継続。

それが投資なのかも…。