日経平均予想できずオプション買い遅れ!往復ビンタを逃れただけマシか

この記事は約4分で読めます。

早朝から225オプション買い遅れ涙目。

寄りの上下動を指をくわえて見ていたら、往復ビンタを逃れました。

紙一重。

どっちに行っても私にとってはカオスで、目で追うのが精いっぱいかも。

地合いが良ければ良いで難しいです。

どうもすっきり買えない相場

先週の土曜、早朝5時過ぎ、先物を見ながら買うべきか否か悩みつつ、結局何もせず終わりました。

またチャンス取り逃し。

日経CME先物は引け(日本時間の土曜朝6時)にかけ爆上げし、本日、前場寄り付きに日経平均は大幅にギャップアップ。

しかも、寄り付き直後にさらに大きく担ぎ上げられ、昨日比+300円以上、上げ。

何これ。

適当に先物かオプションを買っておいて、前場に売れば爆儲けだったのに…。

ずっと何も出来ず、指をくわえて見ていました。

何やってんだろうか。

往復ビンタを紙一重で逃れる

前場寄り付き直後、買いでインしようとは思いましたが寄り天の恐怖。

案の定、日経はさらにドカンと担ぎ上げられてからバンバン下げると言う、下手に場中に手を出していたら、売りでも買いでもやられていた可能性。

往復ビンタを逃れただけで、助かった気分。

もう観念して、デイについてはバーチャルトレードで目だけでシミュレーションしていました。

ただ、デイトレ自粛は飽きたので、そろそろ復帰したいと思います。

地合い良すぎで難しすぎる

とりあえず、新興株でそこそこ動いている銘柄もあり、自分のルールに引っ掛かるスイング銘柄の候補も出てきました。

でも持越すには日経平均の位置がちょっとイヤです。

ダウがいきなり大きく崩れたらスイングは有無を言わさず損切りになります。

下げるのなら、何とか日経平均のギャップダウンが円換算-150円以内に収まる程度の動きにしてほしいです。

それだったら損切りも何とか耐えられる範囲ですから。

とにかく今は簡単な位置ではないので、素直に全体相場が爆下げしてほしいと言う気持ちはあります。

昨年から最近にかけて、こういう時にジワジワ上げてくるパターンが多すぎる感じがします。

もっとも簡単な相場とは

日本株、米国株、すべての国を含めた株式投資において、もっとも簡単な相場とはどのような局面でしょうか。

経験則上、それは“ノーポジ” の状態での爆下げ相場です。

上手くそこに空売りの玉を持ち合わせていれば、なお心理的にやり易いですが、そんなぜいたくなことは言いません。

ポジションを全く持っていない状態で、全体相場が暴落してくれたら、かなりのチャンス。

下げがきつければきついほど、チャンスです。

米国株が暴落し、それを受けて日本株も暴落したら、そこで買いを入れます。

翌日、さらに全体相場が下がる場合もありますが、そうなったら損切りをした上で、もう一度同じことをやります。

このやり方は毎回私がやっていることです。

もちろん、ある程度の銘柄選びの目は必要です。

ですから、特に株の初心者の方は、ご注意ください。

そして、このやり方が通用しなかった相場は、2004年からの記憶では、リーマンショックの底付近の相場だけ。

あの時は、そこからとんでもなく下げてしまう日も度々ありました。

(遠い目…。)

先月に続き苦しい2月も残りわずか

個別の主力株はけっして強いチャートではなく、米国株の下げ如何では、完全下げ相場に戻る可能性もまだあります。

メガバンク、全然上がっていませんので。

全部、米国次第ですね、毎度のことですが…。

本日は優待株を持越していたので、クロス両建ての手数料で3,000円ほど取られました。

優待と合わせれば損はしていませんが、イヤな感じ。

今月もマイナスで終わる可能性が濃厚になってきました。

残り2営業日、気を抜かずに頑張るしかありません。

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】0万円
【デイ売買銘柄】なし
【デイ損益合計】0万円
【持越株】-0.3万円(手数料)
【本日のトータル結果】-0.3万円
【今月の損益】-2.6万円
【持越ポジション】新規買建 1銘柄 (ジャスダック)
【225オプション】ポジションなし