日経レバETF空売り|デイトレは狼狽、予想は下|月次損益確定

この記事は約4分で読めます。

日経レバETFで空売りを開始。

デイトレ軟調。

売り目線の中、ブログ継続をかけ下を予想も、不透明感が否めません。

主力株、日経レバは小型株に比べ空売りでインしやすいです。

あくまで私の場合ですが…。

レバレッジをかけなければ…。

問題はデイその他、別々の戦略で相互に補えるかです。



売り目線の中デイトレ鳴かず飛ばず

アタマ痛いです…。

持越株がギャップダウンで、寄りで損切り。

まあこんなものでしょうか。

先月に続き…。

もう株やめようかなぁ…。

(またかよ…。)

デイトレもヘタクソ過ぎました。

持越株も苦労している。

相場はあまり動かない。

米国株は結構下げてますけど、位置が高すぎます。

明日戻せば帳消しです。

日経チャートで売り目線、日経レバETF売りの出番?

本日、後場寄りに日経先物が下げたタイミングで、迷いながらも日経レバ空売りにインし始めました。

確かに日本株は強いチャートではないし、為替も円高なんですが、何せ米国株が強くて自信を持って空売りはできません。

なぜかはわからないですけど、新興株も結構高い位置にあります。

米国株と新興株が上にある感じ。

まったく意味わかりません。

どっちに行くんでしょうか。

個人的には、第二段の下げ相場が来てくれたほうがやり易いと感じているので、逆に上に行く可能性、結構あるような気がします。

相場は自分の意思とは逆に行きますから。

日経レバETFとは

ETFとは、市場で売買できる株と同じような銘柄の一つです。

日経レバETFは、銘柄コードが1570。

株と全く同じようにネット証券経由でも売買できます。

日経先物との違いは、先物より少額でも投資可能なこと。

そして、先物は日本時間の深夜まで場が続きます。

ETFの場合には、通常の株の銘柄と同じく、日中の前場・後場がメインの取引時間です。

それ以外では、株と同じく、PTS市場でも売買することは可能です。

迷いが狼狽を誘う空売り踏み上げ的垂直上げ

場中、さらにチビチビ売り乗せしていきました。

「もう、すんなり爆下げしてくれよ!売りでも買いでも取らせてくれよ!」と案じながら。

するとどうでしょう。

午後1時半過ぎ頃、いきなり「何だこの垂直上げは!」と言う感じで担がれました。

何で空売りして、そこそこ売り乗せた瞬間に垂直上げ?

損切りするか迷った挙句、さらに売り乗せしておきましたが…。

もう何日も前から日経売り予想なんで。

さすがの私も強情に売り継続です。

裸がコワくてコール買い

日経は引けにかけ、下に行ってくれたので助かりました。

きっと私と同じように考えているおっさんが多いのでしょう。

おっさんだけで大きく相場は動きませんが、そのまま売り持越ししました。

しかし、売っているおっさんが多ければ多いほど、米国株が上抜けした時に思い切り担がれます。

おみこしの上で裸で担がれるのは勘弁です。

仕方ないのでコール買いで薄くヘッジしておきました。

個別株で買いたい銘柄は一つもなく、こんなことは年に1~2回しかありません。

ヘンな相場です。

とにかく、3月は早い段階から損を取り戻して行きたいです。

空売りで取ってからリバでも取る、それが目標。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】120万円
【デイ売買銘柄】日経レバETF
【デイ損益合計】0.1万円
【持越株】-1.3万円(寄り付き返済)
【本日のトータル結果】-1.2万円
【今月の損益】-2.8万円
【持越ポジション】新規売建 1銘柄 (日経レバETF)
【225オプション】屑コール買建


広告