日経平均先物リアルタイムチャートを追え!これが世に言う売り仕掛け?

4本目の足が下落しているチャート

日経平均先物主導の売り仕掛けとは良く聞きますが、一体、中の人は誰なのでしょう。

乱高下で抜くだけ抜く彼らの資金シフトは逃げ足が速い。

価格変動のリスクとチャンスは背中合わせ。

ここは注意深く需給を読み、戻り相場で着実に利益を出したいところです。



先物主導・中の人にしてやられる?ギャップアップなし

寄り付き、日経平均は上がりましたが、持越株は全く上がりませんでした。

ほぼ同値。

やはり昨日のように、偶然の意味不明な利益がないと、トータルでは損をします。

昨日は儲かって今日は儲からないこの現実は、単なる確率のばらつきなのか…。

巨額資金で相場を動かす裏のフィクサー、そんな大物がいるのかどうかは知りませんが、昨日の新興株の軒並みギャップアップ、本日の冴えない寄り付き。

操っている人がいるなら、相当な儲けを出していそうです。
株の値幅狙いで失敗|ギャップアップ期待下げ!損切り遅れ見事炸裂

寄り付きギャップアップ狙いの手法とは?自分独自の方法論を探し出す?

株の値幅はギャップアップ|デイトレ見送り月末2営業日プラ転キープ

予測不能、原因不明の下げは売り仕掛け?

寄り付き前後の気配を見ていたら、S安に張付く銘柄もあり、連日下げまくった挙句、さらに下げ続けている銘柄もあります。

「得意の適当買いを入れたらリバるんじゃね?」などと思っていたら、日経平均が500円くらい上がったポイントを天井に400円くらい急落。

意味わからない垂直下落。

これ、ロフテッド軌道とか言うヤツ…?

リバウンド狙いは今日はやめておきました。

連動して東証1部の小型株も下がるかと思って見ていましたが、たいして動きませんでした。

これも意味がわかりません。

でも、いくら何でも、一斉に巨額の売りが入らないとこんな動きにはなりません。

株をやっていたら常にリバウンドを狙っている訳です。

インのタイミングが全てですが…。
仮想通貨的リバウンド狙い!楽観バブル、タワー崩壊リスクに薄利降り

資金効率を上げろ!徹夜監視でリバウンド逃す!同値底投げ時間を浪費

先物主導の「中の人」は逃げ足が速い

すぐにツイッターで調べましたが、見た限りでは特にニュースも出ていません。

「中の人、誰よ…?」

一斉に売っているのは間違いないので、誰だかわかりそうなものですが…。

この垂直下げは先物で強引に下げて、主力株がしょうがなしについていっているだけ。

細かい東証1部の株なんてあまり関係ない訳です。

つられて下手に手を出すと、「中の人」に値幅を抜かれるだけ。

横々ジグザグ乱高下の日足に何も出来ず

2月に入ってから日経平均の日足は、「w」の軌跡を描いていて、昨年11月~12月の真っ平チャートよりはいくらかマシですが、難しい印象。

延々wwww…と続きそうな感じがします。

せめて大きくWWWW…と動いてくれればやり易いのですが…。

本日は前場早くに持ち株を返済し、ノートレ様子見。

動いている銘柄はいくつか出ているので、日経がどちらかに動き出し、チャンスが来た時にインしたいと思います。

ジグザグ揉み合いで機会損失を防ぐ方法

このような局面で、トレードを生き抜くためには、2つの方法があります。

相場そのものを休む

休むも相場と言う言葉がありますが、トレーディングは結局、インとアウトのタイミングです。

チャンスが見つからず、下手な手出しをして負けるくらいなら、休んでいたほうがマシです。

休んでいる限り、損はしません。

そして、相場はどこにも逃げはしないですから。

新しいチャンスを探してインする

いわゆる新手法の開発です。

相場は生き物ですので、常に古い手法が淘汰され、新しいトレード方法が機能したりします。

忘れ去られていた古い手法が有効になる場合もあります。

ですかが、トレードで勝ち続けるためには、常に検証が必要になってきます。

試行回数を減少させると、勝ち負けの濃淡が出ます。

1回の勝ち、負けのウェイトが上がってしまうと言うことです。

株は分散投資でリスクを下げることにもつながりますが、それに反した行動。

相場を休む、新たな手を打つ、いずれにしても、戦略的な行動を取りたいところです。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】0万円
【デイ売買銘柄】なし
【デイ損益合計】0万円
【持越決済】2銘柄(東証1部、新興株)+0万円
【本日のトータル結果】0万円
【今月の損益】+8.8万円(税引後)
【持越ポジション】新規買建2銘柄(東証1部)
【225オプション】新規ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 2本の陽線上昇のチャート

    株で大損しない全体相場“地合い”の見方|決算データから確率計算?

  2. 4本目の足が下落しているチャート

    仮想通貨2000兆円?耳を疑った“兆る男”の0円買い?夢の売買の行方

  3. 25日移動平均線上方・下方乖離5%のバンド

    日経平均過去チャート30年分の日足を振返り買いポイントを分析してみた

  4. 微妙に高安値が開いて行く保ちあい相場

    株の出来高、儲かる地合い|持ち合い相場でポジション買持ちの理由

  5. 相場の森と言う名の生態系

    株初心者の基礎|3分でマスター心構え5選|相場の森がヤバすぎる

  6. NYダウ、半導体指数、日経平均を見て相場の森を闇雲に歩きまわる

    日経平均、ダウ平均、半導体指数日足の株価の森で遭難寸前何コレこわい

  7. 11本目の足まで作成中のチャート

    株初心者損切りタイミングは寄付?後場リバウンドチャンス逃し阿鼻叫喚

  8. 11本目の足まで作成終了のチャート

    米国株見通し楽観後、下落|ぬか喜びの睡眠後、奈落の底|情報に踊る

  9. 4本目の足が下落しているチャート

    夏休みはいつから?2019年株式投資、休むも相場態勢に入らざるを得ず!

  10. 経験則をどう身に付けるか

    株価動向の予測の仕方|株式あるある|投資家になるための2ポイント

  11. 秋相場のアノマリー

    株の買い時|10月に下がる?スイングトレード経験則|私の相場アノマリー

  12. 経験則をどう身に付けるか

    株の失敗を防ぐやり方|手法改善の為の6選|気候と錯覚による先送り

  13. ギャップアップの日足

    ストップ高持ち越し狙いのバケツリレーブログ|アクセスがぴゅっ!

  14. 2本の陽線上昇のチャート

    デイトレーダー株誤発注で飲まず食わずの来月が近づきとんでもない目に

  15. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    株の仕組みと日経平均の見方|20年たったら儲かる?10代なら楽勝かよ?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  2. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  3. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  4. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  5. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  6. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  7. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  8. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  9. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

  10. 同心円を追加した図

    2019年9月第4・5週|日々のトレード結果|月末プラ転お祈り相場

広告
広告