スイングトレード手法を改善?米国株上昇、日経平均寄り天の試行錯誤

米国株のあおりを受けて、先物が急上昇し、はやる心を抑えて相場に向かったら寄り天。

よくあることです。

デイトレード、スイングトレードのいずれにおいても、逃げる相場を追っていたのでは間に合いません。

先に仕込んでおく必要があります。

株式投資では、手遅れになってから慌てても仕方がありません。



持ち株、全然上がらず、日経寄り天

先週、金曜の深夜に米国株は爆上げ。

起きていればオプション買いで利益が出たような気がします。

そういう時に限ってしっかり寝ているから不思議。

まあ、途中から買いを入れたのではたいして儲からないし、早朝に突然爆下げして大損することもありますので、それはそれでリスクがありますけど。

今朝、前場寄り付きの日経も米国株に追随しただけで、持ち株の小型の東証1部はほとんどギャップアップせず。

1銘柄は同値降り。

1銘柄は微益。

主力株の日足見ても、そんなに良いチャートではなく、むしろ下げ相場になっても不思議ない印象。

いつものヘタクソ逆張りに効果なし

先週金曜にS安に張付いていて、さらに下げて寄り付いたユニバーサルにインしましたが全然値動きなし。

こんなに下げて、誰も買って来ないって…。

買って数分後には損切りポイントを探し始めました。

何とか1ティック取って降りられましたが、その後、爆下げ。

もうしばらく持っていたら5%以上やられていました。

同じくS安張付きだったナノキャリアは爆上げして寄り付き。

寄り付き後もさらに爆上げしS高タッチ。

意味不明の動きです。

出来高も凄く、これデイで稼げたんじゃね?と思いましたが、時すでに遅し。

呆然と見てるだけで終わりました。

ユニバーサルに入ってる時点で、下手クソです。

上昇局面での逆張りは難しい?

これは私の個人的感想ですが、相場が急激にリバウンドしたり、思いもよらぬ急上昇をする場合の逆張りは、あまり気が進みません。

経験上、他の銘柄はどんどん上がっているのに、逆張りでインした銘柄だけが調子が悪いと言うようなことにも成りかねません。

その理由は、相場が急上昇しているのに動かない、あるいは下げる銘柄には、それなりの理由があるからです。

場合によっては何らかの悪材料がある場合も…。

そう考えると、やはり逆張りをするにも上がり始めた銘柄に乗るとか、そもそも逆張りと言う思考を捨てて、他の効率的なトレード方法を模索する必要があるかも知れません。

新手法に希望?

本日の日経平均も前場寄りから下がるばかり。

ところが、最近、自分なりに研究している1~2週間持越スイング、その方法論で4銘柄ピックアップして監視していたところ、1銘柄がS高に到達。

もしかして、新手法、いけるんじゃないか…?

他の監視3銘柄も全て下げ渋っていて、押したら買おうと思っていましたが、押し目待ちに押し目なしの状態。

もう少しシュミレーションしてみて、イケそうだったら実弾投入したいと思います。

いきなり日経の爆下げに巻き込まれてやる気を失くすのは勘弁なので、様子を見てからボチボチ。
押し目買いタイミングは株式投資の本質|相場の女神に聞け!月次プラス

株の押し目買いナンピン計算は2倍買い増し!デイトレ日常茶飯事の失敗!

株おすすめの買い方?握力を鍛え押し目でイン|パンツを忘れた結果は

切なる資金効率、最適化への悲願

フィラディルフィア半導体指数はさらに上抜け陽線。

ナスダックも新高値。

ダウとS&P500も追随中。

これバブル再燃中?

日本株、欧州株は低迷していますが、米国株をやはり追い掛けるんでしょうか…?

もしそうなったら、1~2週間持越スイング手法で稼ぎたいです。

時間軸長めのスイングトレードは、一泊二日のスイングとは別に試行錯誤中です。
スイング2週間持つ新手法?試行錯誤継続中!損切り後、2銘柄を追加

スイング持越2週?絵に描いた含み益に空振り損失!ダメ押しトレードオワタ!

とにかく、稼げないと資金効率が悪いばかりで、株をやっている意味がありません。

何とか効率良くブイブイ稼げる手法を考え出したいです。

それが悲願。

効率良いのはやはり、値幅を取れる手法。

一泊二日ではなくもう少し期間を伸ばしたスイングなのではないかと言う結論です。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建約80万円
【デイ売買銘柄】6425ユニバーサル
【デイ損益合計】+0.1万円
【持越決済】2銘柄(東証1部)+0.3万円
【本日のトータル結果】+0.4万円
【今月の損益】+9.2万円
【持越ポジション】新規買建2銘柄(東証1部、新興株)
【225オプション】新規ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 値がそれほど詰まっていない板状況

    デイトレで熊に食われず飯にありつく6つの方法|リアル生き残り戦法

  2. ギャップアップの日足

    株寄り付きギャップアップ狙いの手法とは?自分独自の“GU”方法論を探す

  3. 白目となる表情を見せる著者

    寄指のメリット|ロスカット済株手法|3年で中古スクラップ酷すぎ恐い

  4. ティック足チャートの拡大図

    株の危険な次なる戦略|ロットを巡る5つの冒険|3歩進んで50歩下がる?

  5. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    株の配当で生活するにはいくら必要?1粒で2度おいしい30万円投資法

  6. 急騰する1分足チャートの拡大イメージ図

    ぶっこみ投資法とは何か?解説5選いつでも大口トレーダーOKマジ?

  7. 11本目の足まで作成中のチャート

    デイトレーダー“ゼロ損切り”、新手法でストップ高利確、調子こき過ぎる

  8. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    株の暴落に耐えうる最低限の知識3選|迷える子羊の黄金の城はいずこ

  9. 本日の“相場の大局観”の根拠

    米国株価に追随するスクリーニング投資法|スイングトレードは新興株

  10. 3次元の空間

    確証バイアスとは?反証を調べ聖杯をつかむ4つの認知的手法が凄い

  11. 7本目の足を作成中のチャート

    押し目買いタイミングは株式投資の本質|相場の女神に聞いたら凄いの何の

  12. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    フィボナッチリトレースメントと黄金比で株取引のドヤ顔5つのヒント

  13. 価格差と現実の利益

    デイトレードのやり方を覚える6段階の手順|これで10年もったら凄い

  14. 寄り付き直後デイトレ!朝30分の上昇時間帯は初心者向けゴールデンタイム?

  15. 株の予想と損益の皮算用!デイトレ反省スイング特化型へコワすぎやろ

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. 最も合理的な買い・売りポイント

    2019年10月月間損益|デイトレ下手クソ 元の木阿弥すってんてん

  2. 900円→1000円の値動きを示すチャート

    2019年11月第3週|日々のトレード結果|損切り連続への忍耐力

  3. 難易度の低い上昇トレンドのチャート形状

    2019年11月第2週|日々のトレード結果|高値更新追っかけたい

  4. ピボット値、高値、安値の関係

    2019年10月第5週~11月第1週|日々のトレード結果|勝つで!

  5. 価格差と現実の利益

    2019年10月第4週|日々のトレード結果|不屈の精神投げ捨て?

  6. 2019年10月第3週|日々のトレード結果|閑散相場つれーつれー

  7. デイトレに適したボトムスの選び方|崖っぷちのパンツに合理性ありか

  8. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年9月月間損益|デイトレード年間損益マイナスが見えて来た

  9. コツコツドカンを図示すると…

    2019年10月第2週|日々のトレード結果|退場秒読み御開帳相場

  10. 波間で溺れる人の図

    2019年10月第1週|日々のトレード結果|オレまだやるの相場乙

広告
広告