スイングトレード株手法2週間保有?損切り後2銘柄追加とんでも売買継続

この記事は約4分で読めます。

スイングトレードの新手法、2週間保有のスタイルですが、とある銘柄は意味不明の続伸。

もちろんその陰で常に損切りは頭から離れることはありません。

デイトレードでも失敗をするなど、試行錯誤の中での模索は続きます。

株の売買とはこんなにも辛いものだったのでしょうか。



新手法スイングトレード、手法改変中…

本日前場、持ち株の一部は結構上がったのですが、「S高持越が悲願」と自分に言い聞かせつつ、利益確定せず放置。

日経先物がどんどん下げるに従い、含み益は急速にしぼみました。

日経先物が-200円に達した時に耐えきれなくなって、冴えなさそうな銘柄から順にどんどん損切り。

またもや結構やられました。

今回は、含み益で昨日終値比プラス推移の銘柄だけ残し、他は損切り。

損切った分の負け額は含み益で補えそうな雰囲気なので、残りはそのまま持越。

「ひょっとして、これ新しい手法になる?」

そんな期待先行で強そうな銘柄だけのポジション。

トータルで利益が出てないので、手法とは何とも言い難い状況ですが…。

長めのスイングに慣れていないための試行錯誤

誰でもやっていることかも知れませんが、切っていくとしたら何かの基準で切っていって、その結果残りを持越す訳です。

ところが、あまり複雑な基準で切っていくと、銘柄数が多い場合、途中で訳が分からなくなります。

だからシンプルな基準で銘柄を絞るしかないと言う結論。

そう考えて、IPO、売買代金上位の意味わからずに爆上げしている銘柄をピックアップ。

多少ポジションに加えました。

明豊とアクセルマーク。

結構適当…。

持ち株のうち、今上がっている銘柄も急落する可能性がある訳で、そうしたら含み益は泡と消えます。

そこんとこ、博打です。

デイトレでまたもや同じ失敗を繰り返す

デイトレは、3489フェイスネットのドカ下げにも思わず逆張りでインし、即、後悔。

「同じ失敗、何万回やってるんだ?」と。

IPO初日は、10%下げたところから瞬時に15%下げるワープ下げなど、結構、あります。

IPO株での逆張りはおすすめできません。

今日は、フェイスネットで何とか1%弱、値幅を抜いたところに、またさらに爆下げ。

勝手に手が動いて再度インしたら、1%以上やられて、自分に呆れて笑いました。

それだけで済んで良かったです。

とにかく、デイで逆張りはおすすめしません。

そのうちやられますから。

デイは他の銘柄で何とかプラスになりました。

やっぱり逆張りでしたけど。

謎の続伸銘柄を保有

自分の持ち株のうち、今一番上がっているのは、含み益が1銘柄で1.7万円あります。

日経がずんずん下げてもそれとは無関係で上がっています。

しかも財務を見たら良くない。

何で上がっているのかわかりません。

下がるそぶりさえ見せず、同じ価格帯に停滞しているか、上がるかのどちらか。

それがいつまで続くのかはわかりませんが、とりあえず利益確定せずに持越。

S高張付きにならないかな、と言うのが私のもくろみですが…。

薄い買い持ちでもS高張り付けになれば、3日分の利益分くらいにはなるので、ペイします。

本日はマイナス収支ですが、そこで一発逆転してくれないと困ります。

米国株が爆下げしたら、お手上げ。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建約60万円
【デイ売買銘柄】3489フェイスネット、他
【デイ損益合計】+0.5万円
【持越決済】4銘柄-3.5万円
【本日のトータル結果】-3.0万円
【今月の損益】+6.8万円
【持越ポジション】買建6銘柄(8927明豊エンター、3624アクセルM他、新興株、東証1部大型1銘柄、東証2部含む)
【含み益】+2.2万円
【225オプション】新規ポジションなし


広告