屑オプションによるデイトレとスイングのトレード形態に関する一考察

この記事は約4分で読めます。

屑オプションでデイトレードした男の末路。

屑プット・コールはやり方によっては、株のデイトレードにも近い。

難易度は高く、おすすめできる代物とは言い難いです。

株とオプションを対比しつつ、双方の難しさと対処法をあぶり出しました。

深夜の屑オプション・デイ

先週金曜の夜、ダウはギリギリ耐えている感じの日足。

分足を見ていても今にも崩れそう。

コールを外したりプット買ったりコール買ったり何度も繰り返してしまいました。

「ダウ、崩れるでしょ。」

誰でもそう思う感じの雰囲気ですが、なかなか崩れません。

何度も下手クソ売買を繰り返して7万円くらいは損切りしたと思いますが、それを何とか取り返していました。

「ここから買いを入れて耐えるって、あり得ないでしょ。だったら下でしょ。」みたいな自問自答を繰り返しながら。

日経先物、ダウの値動きを細かく予測することは不可能

こういう時は不思議に急反転して戻すこともあるので、難しい。

そこは運です。

でも8割くらいの確率で下に行きそう。

あくまで勘でしかないけど。

それでも何度も行ったり来たりを繰り返して、ギリギリの下へのブレークポイントで不思議に反転してくる。

まずいです。

結構厚めにプットを買い持ちしていました。

本当に困った。

こういうのって結局は運。

経験則的にこっち方向だって思っても、その通りになるかならないかは最後までわからない。

嫌な深夜の時間でした。

結局、逆に行かれたら損切りして逆に張るしかない。

振れ幅の大きい行って来いだと、ついていけません。

屑オプションでやってはいけないこと

前日の大引け時点でコール・プットの双方の買いポジション。

決めたらそれを貫徹しなければなりません。

実は私、株の経験はそこそこあるものの、オプションについては口座こそ10年以上前から開いているものの、取引自体は昨年から始めたばかりの初心者です。

それを忘れていました。

値段の安い屑コール・屑プットは損切りが非常にやりづらいです(特に深夜12時以降)。

株で言えば、1~30円くらいの出来高の薄い1円刻みの板と同じであり、買ってすぐ同値で降りることは難しいです。

1円必ず引かれる(損する)感じ。

しかも屑と言うだけあって板が薄く、特に深夜12時を過ぎると板が飛んでいることも結構あります。

金曜の夜は、建玉は5~7枚程度でガチャガチャ取引して、損益イーブンまで戻したのに、さらに5万円くらい損した挙句、コールとプットを間違えると言う誤発注をしてしまいました。

すぐ気づいたけど、板が薄くてどうしようもない。

いきなり-10万円になってしまいました。

ここで戦意喪失。

深夜2時とか3時ぐらいは板が飛んでいて、損切りで数円抜かれました。

25円の2~3円ですから、結構やられの率が大きすぎます。

オプションは株とは違ったコツがいる

結局、総額10万円以上損しました。

実際は損切り分が18万円分くらいで、8万円分くらいは利益確定。

初心者の典型的な悪あがきトレードです。

二度とやってはマズイと思いました。

低位のクソ株でデイトレしたほうが手数料が安い分、マシですから。

たぶん、低位のクソ株は、出来高が盛り上がっている銘柄に入ることが多いですので、出来高があるだけマシです。

オプション売買は、深夜で頭も冴えていない状態の場合も多いですし、板がスカスカ。

個別株の新手法2週間スイングの損切り連発

本日のデイトレの損失分は、新手法2週間スイングのお試し練習トレードの損切り。

練習でこれだけやられて、ずいぶん悠長なこと言っているようですが、もう心理的にズタズタ。

本当に退場寸前です。

ずっとそんなこと、言っていますが…。

含み益4万円でS高張付銘柄を1枚だけ持越しているのが、せめてもの救いです。

新手法の成果と言えば成果ですが…。

IPO株で値動きが大きく、張付枚数も多かったので良かったですが、この銘柄が明日ギャップアップしたとしても、本日の場中の損切り分は取り返せなさそう。

ちょっと、この新手法、損切りが多すぎます。

損切りを減らす改良をしないと、2週間なんてとても持越せません。

このままでは使えない手法です。