オプションデイトレの取引手法|深夜早朝のトレード対策と生残るコツ

この記事は約3分で読めます。

プット・コールを単体でトレードするなら、株のデイトレードに近い。

しかし、近いようで全く別物でもあります。

難易度は高いけれど、使いこなせれば鬼に金棒です。

株とオプションを対比しつつ、双方の難しさと対処法をあぶり出しました。

スポンサーリンク

深夜の屑オプ・デイ

金曜の夜、ダウがギリギリ耐えている感じの日足。

分足を見ていても今にも崩れそう。

コールを外したり、プットを買ったり、一転コール買ったり。

何度も繰り返してしまうことがあります。

「ダウ、崩れるでしょ。」

誰でもそう思う感じの雰囲気ですが、なかなか崩れません。

何度も下手クソ売買を繰り返していると、7万円くらいの損はすぐ。

そうなると、何とか取り返そうという話になります。

「ここから買いを入れて耐えるって、あり得ないでしょ。だったら下でしょ。」

こんな自問自答を繰り返しながら。

全体相場を的確に予測することは不可能

不可思議な急反転など日常茶飯事。

そこは運です。

そして、やってくるのが8割くらいの確率で下に行きそうな局面。

あくまで勘ではあるけれど。

何度も行ったり来たりを繰り返して、思いとは逆にに反転してくることも多い。

厚めにオプションを買い持ち中。

本当に困った。

こういうのって結局は運。

経験則的にこっち方向だって思っても、その通りになるかならないかは最後までわからない。

結局、逆に行かれたら損切りして逆に張るしかない。

行って来いを繰り返されると、オプ買いはアウト。

たちまち腐ってきます。

(腐りとは、オプ買いの値段、つまりプレミアム価格がじわじわ下がること。)

スポンサーリンク

屑オプションでやってはいけないこと

前日の大引け時点でコール・プットの双方の買いポジション。

決めたらそれを貫徹しなければなりません。

オプションになれていないと、それを忘れてしまうことが多い。

値段の安い屑コール・屑プットは損切りが非常にやりづらいです(特に深夜12時以降)。

株で言えば、1~30円くらいの出来高の薄い、1円刻みの板と同じ。

買ってすぐ同値で降りることは難しい。

1円は必ず引かれる(損する)感じ。

しかも屑と言うだけあって板が薄く、特に深夜12時を過ぎると板が飛んでいることも結構あります。

そうなると、平気で5円抜かれます。

金曜の夜、建玉5~7枚程度でガチャガチャ取引し、損益イーブン。

そこから再度損した挙句、コールとプットを間違えると言う誤発注が出たりします。

深夜は感覚がおかしくなるのです。

すぐ気づいたけど、板が薄くてどうしようもない。

いきなり爆損をぶっとばしたり。

たいていはそこで戦意喪失。

深夜2時・3時の板飛びで、損切りで数円抜かれて終了。

25円の2~3円くらいは平気で抜かれ。

やられの率は株よりひどい。

オプションは株とは違ったコツがいる

株の何倍もやられます。

これを繰り返してはマズイ。

低位のクソ株でデイトレしたほうが、手数料が安い分マシ。

低位のクソ株は、出来高が盛り上がっている銘柄に入ることが多いですので、出来高があるだけさらにマシです。

オプション売買は、深夜で頭も冴えていない状況が多い。

板スカスカ。

スポンサーリンク

オプション独特の知識と経験

株とは違う知識と経験が求められるオプション。

株の感覚でのぞむと大ヤラレします。

実は、株に手を出す前に、オプションをマスターしておくと良いかも知れません。

そこから株に行くのです。

オプションの知識と経験で、全体相場と値動きの関係性がしっかり頭に入ってから、株へ。

そういう人は少ないでしょう。

実際に資金を入れる前に、投資のキモを頭に叩き込んでおくには良い方法です。

ただし、最優先事項は、大損を食らって早くに退場してしまうのを防ぐこと。

実際に資金をぶち込むのは、なるべく後回しにしたほうがよろしいのです。