スイング手法は鉄の握力?S高狙いの安値投げで損切り狼狽売りの恐怖

この記事は約3分で読めます。

鉄の握力と迷いで頭が埋め尽くされます。

利益確定と損切りで自問自答。

握力の才能、それは言いかえれば迷いに対するストレス耐性。

重圧を何とも思わない、異常なまでの忍耐力が必要なのかも知れません。

損失を出したくない、そんな葛藤には1円の価値もないのかも…。

長めのスイングトレード手法を検証、爆損中

「握力勝負、握力勝負」そう言い聞かせて売らずに持越してますけど、やっぱりよく考えたら前場の高いところで一旦手放して、後で安いところで買い直したほうが良かったです。

迷いの中、必死にポジションを持ち続けました。

結局のところ、ストップ高張付きになるかどうかを予め予測するなんて無理なので、上がってる銘柄を適当に買って闇雲に耐える手法。

昨日から手放さず9270 SOUを握力勝負していましたが、前引け間際の安値で嫌な気持ちに…。

高値で売らずに安値まで持ってる訳ですから。

後場に急落したドン下げ安値でブン投げ。

何やってるんだか。

S高狙いの安値売りで普通に損失

高値付近で売ろうとすると、今日の9450ファイバーのような、素直にS高に張付く銘柄をキープできない訳です。

2338ファステップも異様な高値をつけましたが、S高に張付くかもしれないと思って、売れずにかなり下げてから手放しました。

明日以降は、さすがに前場中に一旦、売りますか?

なんかその方が良い気がしてきました。

それで落ちたところを買い直すほうが賢くない?って感じです。

あと、安値になって耐える時に昨日比マイナス圏だと、妙に嫌な感じになるので、心理的に昨日比プラス圏の銘柄のほうが良いっぽいです。

って、当たり前か。

ガラで損切り、狼狽売りで損失

7855カーディナルは見事に今日の底値で損切りさせられるし、結局耐えていたほうが良かったです。

買い直しましたけど。

絶対この株、上がらないだろうと思っていたら、あら不思議。

S高張付。

3808 OKは前場早い時間帯にいきなりガラが来たので慌てて損切り。

4万円分、飛びました。

これはその後、S安まであったので正解だと思ったら…。

後場に見たら全戻しで高値奪還。

なめてます。

今日は、含み益+11万円まであったのに前引け時点で5万円…。

大引け時点で1.5万円。

思わず悲鳴が出ました。

損切りもある訳ですから。

難しいなぁ…。

損切りが多くてなかなか利益が実現しません。

長めのスイングは相当、握力ないとダメと思っていましたが、そうではなかったです。

いいところで降りると言う、特殊な才能が必要なようです。

気づくのが遅いですが…。

持越株は適当に上がっている銘柄

新興株のうち、上がっててチャートが良いっぽい銘柄は大体持越しています。

崩れ始めて陰線つけたものもありますけど。

7623サンオータスとか、寄り付き直後にS高まで行っているのなんて全く気づきませんでした。

唯一、9450ファイバー、7855カーデナルの2銘柄、S高張付で持越しています。

含み益はたいしたことないですけど。

でも1枚ずつですから。

こんなんで今後大丈夫なんでしょうか。

大丈夫も何も、現時点で損だらけ。

これでまた米国株爆下げになったら終了。

おっちにたくない。

今はただそれだけを祈ってます。