デイトレード手法は買いと売りの交換が必要?株の迷宮、出口はどこ?

この記事は約4分で読めます。

株についてのデイトレ手法。

それがこのブログの一大テーマではあるものの、ここまで勝てない状況が続くと、さすがに心も折れます。

理屈からすれば、買いと売りのボタンが相互に交換されていれば儲かったはずで、我ながら逆の意味で天才的とも言えます。

手法調整必須の事態です。



デイトレ手法・売りヘッジ、見事に焼かれる

見事に持越の売りポジションが担がれました。

米国株ば信じられない勢いで爆上げ。

早朝5時30分に焦って屑プットを損切り。

結果、なぜだか解かりませんが3ティックの損失で済み、胸をなでおろしました。

225オプションの1ティックは1枚で1,000円分。

損切りとしては安いものです。

とは言え、前場の寄りに切れば2ティックの負けで済んだので、朝から余計なことをしました。

主力大型株も、それほどギャップアップしなかったので売りポジの傷は浅く済み、新興株の買いポジがそこそこ貢献してくれてトータルプラスになりました。

課題のデイトレ手法で株ブログ閉鎖?

今日はさすがに小ロットで多数まとめ買いするのをやめて、1枚ずつチャンスと思った銘柄を買って放置し、結果としてポジションを組む方式を取りました。

これなら買いポイントの分散になり、多少、リスク分散になるのではないかと。

発注タイミングも株価の上昇局面で買い、下降局面で買い。

移動平均線の上で買い、下で買いなど、いろいろなパターンを試しています。

しかし、本日も結論は、含み損の株が出来て、どうしても損切りが遅くなってしまい、最終的に損が膨らんでしまいました。

思い切って損切りしましたけど。

今日もデイトレはマイナス。

メカニカル・ヘタクソ株プレイ

他にスイングで新たに持越した分の含み益で損を相殺できてはいますが、何ともデイトレの下手クソプレイが止まりません。

センスがないのだと思い、なるべく機械的に売買するようにしていますが…。

機械的にやると損切りは浅くて済みますが、どうしても損切りの頻度が上がり、トータルで損をしてしまいます。

デイトレはたいていの場合、最小ロット、1枚のみでやっていることが多いのに。

手法1:買いと売りのボタンを相互に交換?

半面、スイングは比較的ポジションが厚いのに、薄利のことが多い。

リスクを取って薄利って何なのでしょうか。

デイトレはポジも1枚のみで時間的リスクも取っていないのに、損失がはるかに大きい。

建玉の5%くらい平気で抜かれます。

と言うことは、デイトレの時に買いボタンと売りボタンが相互に交換されていれば、爆益だったわけです。

買いのつもりで売りをやれば、利益が出る…?

そう思って、本日は空売りもやりました。

30万円を割れていたデイトレ用資金を補充して、50万円ほどにして。

しかし、勝率はほどほどですが今一つ利を伸ばすことができません。

脳のセンサーが邪魔をしている感じ。

手法2:一泊二日のスイング持越を厚めに

持越株についても今夜は米国市場が休場とのことで、爆下げはないだろうとタカをくくり、片張りで買いを厚めに持越しました。

本来はダウの日足が良くないので、持越しするには少し抵抗があります。

「閑散に売りなし」ですから。

2週持越スイングは、また米国株が上向きになりそうになったら試そうと思います。

困ったことに、3カ月連続で月次損失が確定しました。

これもデイトレ下手の影響が非常に大きいです。

1月、2月は一泊二日のスイングがプラスでしたので、スイングのプラスを大きく超えて、デイトレでぶち壊しにしています。

困り果てました。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建550万円、売建50万円(概算)
【デイ売買銘柄】2176イナリサーチ、3230スターマイカ、3845アイフリーク、4570免疫生物研、6467ニチダイ、6568神戸天然物化、7519五洋インテ、9270SOU、9698クレオ
【デイ損益合計】-0.9万円
【持越決済】合計1.9万円;買建2銘柄(新興株)、売建4銘柄(主力大型) 、買建・屑プット1枚
【本日のトータル結果】+1.0万円
【今月の損益】-26.3万円
【持越ポジション】買建2銘柄(新興株)
【含み益】+1.5万円
【225オプション】ポジションなし


広告