押し目買いタイミングは株式投資の本質|相場の女神に聞いたら凄いの何の

7本目の足を作成中のチャート

押し目買いは相場の王道。

押しの初動で最適タイミングを計る。

順張り・逆張りを問わず、それが投資の基本。

見抜けるようになって一人前。

頭ではわかっていても実際にやるのは難しい。

相場の女神の顔色をうかがいながら、デイトレで勝てない理由を考え続ける昨今です。



デイトレスタートからガクプル・チキン!

本日寄り付き、持越株はほぼ買値撤退、全体相場の恩恵を何一つ得られないアンラッキースタート。

新興株全体は弱く感じる銘柄が多く、損切り多数。

特に最初にマネックスで大きくやられて、その後にFERONTEでダメ押しで損切りしてから、その後も持ち株がなかなか上がらず、非常に嫌な感じの前場。

膠着しながらたまに下に行く。

ここまで忍耐しないと勝てないのかよ…と思いながら、前場早々-7,000円のビハインドを耐えて含み損益が-15,000円の収支合計-20,000円。

相場の女神は公平とは言えない

強い銘柄はとことん強く、弱い銘柄はいつまでたっても弱い。

それが現実。

今月からそこに注目している訳で。

アンバランスな偏りが真実で、宝くじの一等賞が2回当たった人もいると言う。

それ、確率的におかしいでしょ。

強い銘柄を買い持っていかなければ勝てない。

相場の女神、勝利の女神は気まぐれで偏りがある。

その気まぐれの本質を遅ればせながら意識してから、デイで以前より含み益が出るようになってはきましたが…。

しかし、確定しなければ絵に描いた餅。

やはり、簡単に想定通りには行かず、女神は非情に冷たい。

相場の女神への忖度(そんたく)

そうこうしているうち、11時前に損切り分を取り返すことが出来たものの、何とも不安な状態で買い持ち株をホールドしていました。

強い株なんて両手で数えるくらいしかないんだから、それを1日持っていればいいんだ!

それだけだ、と…。

口で言うのは簡単ですが、普通の神経でそれを実行するのは結構難しい。

高値圏で崩れたら一気に爆下げと言う恐怖もありますから。

下がったからと言ってすぐナンピンする訳にも行かないし、強いなら耐える、弱いなら損切りするしかない。

相場の女神の顔色をうかがわなければなりません。

上がらなければ欝、そして…

段々ロットが大きくなって、いつもの倍量、買って行きました。

それはすなわち、含み損に耐える忍耐力が2倍必要と言うことになります。

それで、10時半~11時半の持ち株の弱さにまたもや欝。

日経先物が上がり始め、新興株全体も買いが入ってきているようでしたので、ここは耐えるしかありません。

しかし、持ち株がいっこうに上がらないどころか、じわじわ下げる始末。

ホールドすることの意味

損切ったマネックスやFRONTEなんて、切った後も弱含んでいたので、助かったと考えるしかありません。

ただ、強い銘柄はやはり強い。

どんどん買いが入ります。

そうかと思うと、急に買いが止まる。

それでまた耐えて、しばらくすると買いが断続的に入る。

含み損で耐えるのはおすすめ出来ませんが、それが何らかの理由で「強い」と判断できるなら、ホールドすることに意味はあると。

そう自分に問いかけながら、必死に前引け前に持ち株を握っていました。

「上げろやゴラ!上げろっつーの!」と。

振り落としへの耐性のために、やはりワンショットは軽くしないとダメだと思いました。

薄いポジで食い下がらないとダメです(私の場合は)。

忍耐と損切りの繰り返し

やはり最適な買いタイミングが重要だと思いました。

弱くなる時間帯、10時半~13時に買うことも一つの方法かも…。

用無しのポイ捨てを、そっと拾う。

どんなに強い銘柄でも、上で買ってしまったら売りに出す相手がいないですから。

プリメックスもずっと歯を食いしばって忍耐で前引けをむかえましたが、他に強い銘柄があるのなら、こだわっても意味がない。

より強い銘柄に乗り換えたほうが合理的。

それでこれも素直に損切り。

プリメックスは結局14時前に急騰して、ほら上がったじゃないかと地団駄。

いつも忍耐ばかりのトレードです。

何とか脱却したいのですが…。
デイトレ含み損がつらい!耐える?“行って来い”複合ポジション対処法の結末

ナンピンの理由|結論先延ばしとトレード|最後尾マラソンランナーの焦り

取り返せて勝手に希望を持つ

利を伸ばすって言ったって、30分も1時間も膠着された挙句に急に上がり始めるとか、待ってられません。

日本ラッドも、私があきらめて降りた直後に急落していて、何だこりゃと。

紙一重じゃないかと。

強い銘柄はそうそう下押ししないので、押しのワン・チャンスを取りに行く必要があります。

でもその後に動かないでジリ下げしている銘柄を、必死に抱えていることに意味がない。

特に10時半~14時の間は。

難しいと思いました。

本当に株は難しい。

ですが、今月に入り、デイトレで利益を出すのは不可能じゃない、良く観察すればチャンスがある。

そう実感しつつあります。

その根拠は、本日で言えば、トータル20,000円以上の損失状態から取り返せたと言うことです。

それも、自分が選んだ銘柄で確定を繰り返しながら。

月次プラスの遠い目標

結局、強い銘柄の押しで買うしかない。

押しで買ってさらに急落されたら、そこはブン投げるしかないという結論。

以前は、そのブン投げされた銘柄を拾うようなことを良くやっていたんですが…。

それはそれで一つの方法ですが、そこからさらに下がると、S安に張付く可能性もある。

S安で買うと言う、間抜けっぽい手法をやっていたこともあります。

最近はS安からリバウンドすることは少なくなり、リバウンドの利幅も狭く利益確定しづらい。

「瞬間乱高下」的な、数%リバったと思ったら瞬時にS安に落っことすような動きをしますから。

とにかく、月次プラスで終える。

それもデイで上手く立ち回ってです。

それが目標。

今はスイングの数万円の利益よりデイの数千円の利益のほうがうれしい気さえします。

よくまあこれだけやられて、これぽっちの利益でいろいろ書くよ。

自分でそう思いながらも、相場の女神への未練は断ち切ることができません。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】買建450万円(概算)
【デイ売買銘柄】2158FRONTE、2795プリメックス、3181買取王国、3852サイバーコム、3900クラウドワークス、4736日本ラッド、6319シンニッタン、8698マネックスG
【デイ損益合計】+0.4万円
【持越決済】+0.1万円
【本日のトータル結果】+0.5万円
【今月の損益】+8.7万円
【持越ポジション】1銘柄(東証1部)
【含み益】0
【225オプション】ポジションなし


広告

勝てない仕組みと理由を研究

  1. 株のポジション|分散買いが功を奏す?新手法スイングトレードに希望?

  2. スイングトレード手法を改善?米国株上昇、日経平均寄り天の試行錯誤

  3. 過去の酷い爆下げ・連続ストップ安の日足チャート

    株暴落ランキング上位?S安4連8割下げからのデイトレードがヤバ過ぎる

  4. 株価の連続性を破壊する分足チャート

    後場のデイトレ銘柄を選別する方法5選|これで資産が吹っ飛びました

  5. 3次元の空間

    確証バイアスとは?反証を調べ聖杯をつかむ4つの認知的手法が凄い

  6. 波間で溺れる人の図

    スイングトレード株手法|株ブログ1泊2日一か八か株式投資法のコツまとめ

  7. 枝分かれの数がフィボナッチ数列になっている例

    株に確率は関係ない?相場と格闘するための8選|トンデモ論法現る

  8. スイングトレードスクリーニング銘柄抽出法9選!短期売買絞り込み手法

  9. 値動きとローソク足の比較図

    ローソク足の見方|最も合理的なトレーダーとは?相場の雑音こそが鍵?

  10. 筆者自筆によるフリーメーソン的な図柄

    トレードルールの作り方|メカニカルトレーダーになる5つの手順とは

  11. デイトレ向き適性銘柄ランキング|売買代金によるスクリーニング方法

  12. 10本目チャートまで作成したチャート

    株の儲かる確率に100%神頼み?成績復調傾向!爆下げ待ちの持ち株なし

  13. つなぎ合わせグラフの後、急落の図

    株で儲ける最も確実な方法とは?トンデモ結論と4つの理由これマジか?

  14. 価格差と現実の利益

    デイトレ手法検証|“ぶっこめる” 投資法1年の軌跡|薄利11連勝何これエモい

  15. 下に凸の曲線グラフ

    株の期待値上げる新手法|スイングトレード6銘柄買持ち銘柄選定法とは?

けんたろさん プロフィール

カイジ風の筆者びびり顔
広告
広告
  1. ジリ上げ後に急落するチャート形状

    2019年9月第3週|日々のトレード結果 “女心と秋の空” …

  2. 孤独に傘をさす男のシルエット画像

    2019年9月第2週|日々のトレード結果|台風一過コツドカ急先鋒

  3. トレードの結果の分類図

    2019年9月第1週|日々のトレード結果|閑散相場から脱却への道はい…

  4. デイトレの休日|無の空間から帰還できず涙する 2019年8月月間損益

  5. 2019年8月第5週|日々のトレード結果|S安助けてデイトレつれー!

  6. スカイダイブで真っ逆さまに落ちる男

    2019年8月第4週|日々のトレード結果|ブランク明けビビり売買発動

  7. グラウンドストローカーがコートカバーをする範囲

    全米オープンテニス 2019 大坂なおみ 錦織圭【ハイライト動画】

  8. 1分足チャートの出来高が薄いパターン

    2019年8月第2週~第3週|日々のトレード結果|損切り2発KO

  9. 分足チャートのどこで利幅を取るか

    2019年8月第1週|日々のトレード結果|つれない相場の女神に頼みたい

  10. 値がそれほど詰まっていない板状況

    株の出来高の見方に注意し大損をのがれた結果 2019年7月月間損益

広告
広告