特売り株から逃げる方法は運?デイトレードのやり方コレ大丈夫ですか

この記事は約4分で読めます。

株をやっていたらいつ何時、特売りに巻き込まれても不思議はないです。

ある瞬間、急に特別売り気配になる可能性は常にあります。

巻き込まれない保証はどこにもありません。

やはりロットは小さ目に。

様子見タイムも適宜織り交ぜ、運を味方につける必要があります。

スポンサーリンク

寄り付きからいきなり苦しい展開

寄り付き直後、即損切りの連発。

インする銘柄が弱くて仕方がない。

ナンピンしないで耐える。

含み損で耐えるって、やはり玉が小さくないとできません。

小さいですよ。

小さい建玉でも辛すぎる前場。

今日は、新興株と東証2部、東証1部の小型が弱くて、大型の主力ばっかりが上がっていました。

買う銘柄、買う銘柄が含み損。

上がる気配なし。

そもそも弱い銘柄が多くて、やっとのことで良さそうな銘柄を探してインしているのに、全く報われる気配がない。

そういう時はトレードしてはいけないです、経験則上。

厚めの損切りが連続して、久しぶりに結構やられてしまいました。

デイで-3.5万円。

特売り株!月次の損益と運に助けられる

持越株が多少ギャップアップしてくれていたので、相殺して-2.5万円程度でしたが、それにしてもマズイ。

月次のプラス推移がなかったら、焦ってナンピンしてまた10万円以上やられていたかも知れません。

損益から来る心理状態がどれだけトレードに影響を与えるか。

やられればやられるほど下手クソになりますし、そこそこ利益があれば、そこまでダメトレードを連発はしません。

とにかく損切りをどんどんしまくって全部降りてから、C-バルクがS高から崩れたのを見つけ、インしようかな、と。

数秒、あるいは数分、たまたま目を離していなかったら確実にインしていたと思います。

数分後に気づくと特別売り気配。

スポンサーリンク

売り板が積もってトンデモナイことになっていて、肝を冷やしました。

そこから寄り付くまで値段にして2割以上の下げ。

これ、あり得ないだろうと。

自分が巻き込まれていた可能性大です。

損切り連発して-3.5万円のところから、さらにC-バルクに巻き込まれていたら、着実に-10万円以上やられていたと思います。

ヤバすぎです。

C-バルクで取り返しに掛かる

その後、C-バルクが寄ってからのリバウンドを狙ってインしました。

もちろん寄り付いて再度特売りになって、S安張付きのまま大引けなんて可能性もありますので、玉は小さ目。

インしたら即、爆上げして慌てて利確。

数枚買って1枚ずつ利確していったのですが、薄利。

そのまま持ってれば、今度は特別買い気配が来て爆益だったんですが…。

過去には、特売り爆下げの後に寄ってから数秒でさらに特売り、そのままS安張付きのまま引けた銘柄って結構あるんです。

私、分足チャート画像を保管していますから。

S高から崩れて、瞬間寄って特売りを何回も繰り返しながら、S安まで下げて寄らないまま大引けとか。

飛び飛びの分足で、絶対に逃げられません。

そういう爆下げ特売りの分足チャート画像、何枚か保存してあります。

スポンサーリンク

特別売り気配はチャンス?

今日のC-バルクのように大きくリバウンドするのは、5割より大きい確率であることだとは思いますが、こういうスカスカの板薄銘柄は何が起こるかわかりません。

1~2割位の確率でリバ無しだったり、数パーセント位の確率で、再度特売りS安と考えたほうが良いです。

多分ですが…。

それに、一旦S安に張付いてしまったら、大昔の光通信とかの記録がありますが、S安が何日も続いてしまうなんてことも有り得ます。

とてもじゃないけど厚くポジるのはリスクがありすぎです。

C-バルクはその後S高まで戻っていて、何なんだと。

こんなの予想なんてできません。

リバウンドの値幅の半分も持っていられなかったですが、あまりリバを狙ってガチホすると、そのうち爆損するのがオチなので、こんなもんでいいか…。

特別売り気配については、常にリスクを頭に入れておく必要があります。

「生きろ!」

今日は損失の半分は取り返せたので、これで十分です。

特売りに巻き込まれないだけでも助かっているのに、リバまで取れてますから。いつもなら全く取り返せず悪あがきして-10万円コース。

それを考えたら、一日のトータル損益がプラスなので、御の字。

原油先物が新高値を取りました。

これ、またバブる可能性も出てきました。

高いものを売って安いものを買えば、全体が引っ張られますから。

まだ月次プラスを維持できていますので、さらに利を伸ばして今月は+30万円を超えたいです。

必死です。

今日は儲からなかったですが、至上命題「生きろ!」は守り通せました。

とりあえずOKとさせていただきます。

1ティック抜きのコツ|デイトレ株で秒スキャ1円5円抜き投資法とは
1ティック抜きのコツについてまとめ。 デイトレと言うと“1ティック抜き”。 簡単な技ではありません。 利幅が狭いと、浅い損切り幅でもトータルでマイナスになるリスク。 デイトレードのコツ、株のTickの見方、“スキャル...
朝だけ30分前場で食費を稼ぐデイトレードは可能か?試行錯誤の記録
デイトレでは寄り付き15分、あるいは30分での買い方がポイントになります。少ない資金でも朝だけトレードし、上手くやれば1カ月の食費程度を1日で稼ぐことも…。そのくらい稼げなければデイトレードをやる意味はありません。寄り付きで買う方法、きわめたいところです。