デイトレードの損失が生み出すもの|トータル勝ちへ持ち込むための鍵

この記事は約4分で読めます。

デイトレはびびりと迷いの連続。

儲けを瞬時に飛ばして静かにキレる。

そんなことは日常茶飯事の静かな生活。

負けが負けを呼ぶ。

そんな悪循環から離脱すること。

勝って次の対策を淡々と実行すること。

それがデイトレーダーのお仕事です。

スポンサーリンク

デイトレードの損失が生み出すもの

寄り付き直後、持越株は動きなし。

毎度のごとく活況銘柄にイン。

値がさであったりすると、板が飛び飛び。

朝から嫌な感じ。

だが値動きは軽い。

上手く立ち回れば利益が出るものです。

しかし、やはり怖くて、インするタイミングを逃すこと再三。

何とか2回ほど割り込み、微益を得る。

その段階で「デイトレ・タイム」終了、様子見。

もっと積極的に入れば倍以上の利益が出るでしょう。

微益はすぐ消し飛ぶ。

1回の損切りで消し飛んでしまいます。

この恐怖でビビりながら売買。

かなりの機会を見逃してしまいます。

とにかく損切りがコワくて仕方ない。

特売りに巻き込まれるかも知れない。

後で分足を見返したら、やはりビビらずにインすればもっと行けた。

もっと利益が出たのは間違いないのです。

利益を飛ばして静かにキレる

自分の最小単位の買い。

そのたった100株が、実はコンピューター・プログラムにはしっかり捕捉されていて、機械は絶対にそれを忘れない。

そんな話が頭を離れません。

偶然にしてはタイミングが良すぎる板の動き。

それを頻繁に目の当たりにします。

自分の1枚(100株)の発注をきっかけにした、自分にとって不利な動き。

そんなの日常茶飯事。

おっかなびっくりやっていたら、大き目の損切りが出て、寄り付き直後の利益を全て飛ばします。

慣れているとは言え、これがストレス。

淡々と損切り、必死に取り返す。

損の上塗りもあり得る、非常に危ない紙一重のデイトレ。

スポンサーリンク

前場に上手くまとめる

前場の利益は、ほとんど一銘柄での利益。

自分がポジった時だけ下落と言うダメパターン、それがなかったのが救い。

買ったらすぐ上がりました。

やはり、強い銘柄にインするのが大事。

意味不明の強さについて行くしかないんだと。

新興株の指数がプラス圏。

それでも銘柄選びがまずければ、大負けします。

弱含む銘柄を避け、強い銘柄でしっかり取って、すぐ様子見に入る。

モタモタしてはいけません。

エムアップとマネックスを間違える

エムアップを買ったつもりが、なぜだかマネックスを買っていて、何やってんだゴラ。

自分を罵倒。

エムアップもマネックスも、文字数5文字のカタカナと言う理由だけで誤発注。

「すきや」と「まつや」を間違えるのよりひどい。

慌てて損切り。

こんなのが週に何度かあります。

スポンサーリンク

勝ちはより一層プラスに寄与する

上がるだろう。

そんな無理矢理な思い込みのもと、ガチホールド。

前場で利益が出ていれば、強気になれることもあります。

勝ちが忍耐を可能にしてくれるのです。

利益をもぎ取ってやろうと。

底から目標値を定めてひたすら忍耐。

このパターンに持ち込めば、長めの時間軸で+10%くらいはイケます。

極小ロットで耐えればビビらない

売買の入り具合(板のピコピコ点滅)を見て、これはイケそうと判断します。

これは耐えるしかない。

目標価格までとにかく耐えろと。

小さめポジ。

結局こういうやり方しか思いつきません。

大きい玉を持てば下がった時のリスクが大き過ぎる。

小さいポジでないと博打はできません。

しかし、やはり難しい。

上下に振られると持ちこたえるなんてできません。

結局たいして取れなくて、底から+3%くらい。

+10%は夢と消え。

スポンサーリンク

分足でインするタイミング

もう一度イン。

やはり含み損になってしまいダメでした。

何とか同値で降りましたけど。

分足が1~3本分、いきなりバイーンと伸びるタイミング。

率にして+1~2%くらいでしょうか。

そこで取れないと揉んでしまってダメです。

その伸びるタイミングの直前に、不思議とガクンと下がることがあります。

そこでインして耐えて+1~2%取ると言うのがよいです。

ポジを倍にして利を伸ばせば、2~3倍はいけます。

まあ、実際は無理ですが。

デイは今日も紙一重。

損失を回避すること。

それが淡々と手順を続けることにつながり、結果、トータルの勝ちを生み出します。