連休前心へし折られ萎むデイトレーダーの月末最終営業日がやって来た

この記事は約3分で読めます。

本日デイトレードは完敗。

月次損益はそこそこプラスですので、このまま微調整をして成績向上を狙いたいところ。

相場に合わせて手数の調整が必要か。

チャンスを絞りピンポイントでイン、デイトレはとにかく手数を減らす必要があるかと。

来月に向け反省を重ねたいです。

スポンサーリンク

苦し紛れのデイスイング

前場寄り付き直後、スイングの持越株もさしてギャップアップせず、デイでの損切りも普通にあり、トータル+0.5万円。何と言うしょぼさ。

月末最終営業日がこれでは納得がいかない。

そうは言ってもそれが現実なので仕方ないのですが、その現実を受け入れられない訳です。

それがまずい。

10時を過ぎてからもしつこくデイを繰り返したところ、ついに大き目の損切りが来て、一気にトータルマイナス。

連日の負けで正直参っていましたが、さすがの私もここまで月末にやられるとは恐れ入りました。

淡々と現実に合わせる必要性

実は、今月2週目以降、銘柄選定について甘さがあったかなと言う心当たりがありまして。

新興株から資金が逃げている感があって、どうもインする銘柄が無くなってきてしまいました。

それで、銘柄を選ぶ時の絞り込みを緩くしていた訳です。

新興株が流行っていないのなら、デイを控えれば良いだけ。

無理に毎日毎時間インする必要はないと。

実際の話、週単位だと、今月一週目を除きデイでほぼ利益が出ていません。

デイやらなくていいんじゃない?

論理的に考えてその結論。

対象銘柄が見つからなければやらなければ良いと。

損するだけですから。

スポンサーリンク

対応の遅さは負けを生む

新興株がグングン上がり始めたら、その時インすれば良い。

それで負けたらあきらめもつきます。

それで、後場からは銘柄をとにかく絞って、チャンスがなければ入らない原則に立ち戻りました。

やるのが遅い。

月末最終営業日になってからですから。

先月までのデイでの爆損を考えると、今月はまだマシ。

一応、進歩していると考えて、このままの状態でデイの出動頻度を控えれば、現在と同程度の損益は維持できる。

どうせ儲からないのなら、現状維持で頻度だけ減らす分には何も問題ありません。

昼休み持越株で鬱

今後は、新興株がバンバン陽線を引いてきた時だけやろうと。

そう思ってお昼休みにポジを見たら2銘柄、デイのつもりで買い持ちがあります。

あれれ。

本当にどうでも良いところで手が速いなぁと。

この持ち株でまた爆損するんじゃないの?

お昼休みに厳しめに監視銘柄の絞り込みをやったら、全ての銘柄が東証1部。

調子の良かった今月1週目では、マザーズとジャスダックが多かったと思いますので、やはり相場つきが変わっているのに対応できていなかったと。

スポンサーリンク

デイトレード完敗

後場、持ち株を必死に同値で降りようと頑張りましたが無駄。

ほとんど全部損切りで終わりました。

見事です。

ここまで壊滅的にやられるとは。

完全な負けトレードの連発。

自分の入りたいところで入れずに、いわゆる指し負けも多数。

指し負けると結局置いて行かれて、他のダメポイントで無理矢理入ることが多くなります。

勝ったトレードも含み損を耐えてやっと微益を取ったパターンが多い。

連休でまたもや頭を冷やさざるを得ない展開となりました。

今月トータルプラスで終えられたのがせめてもの救いですが、完全に負け。

来月こそストレスゼロのトレードを敢行したい

後場に厳しめに絞った監視銘柄はただの一度もインするポイントは来ませんでした。

だから、デイでは何もしないのが正解でした。

引けにマネックスを持越し。

結局、デイで勝てたのは今月第一週のみ。

非常に間抜け。

来月こそはこんなに心が折れるトレードは避けたい。

切実にそう願った月末最終日となりました。