2020年3月11日(水)裏切られ続けた男の手にある1枚のカード

この記事は約2分で読めます。

異常な安値を付ける銘柄もちらほら。

しかし買い持つには少々怖い。

情勢次第では、下にドスンも無きにしも非ず。

相場は悲しいかな、米国株に引っ張られます。

収支結果

デイトレ買建建代金合計75万円
銘柄4490ビザスク、4491コンピューターマネジメント、7829サマンサタバサ、8746第一商品
デイトレ売建建代金合計なし
銘柄なし
デイトレ総約定件数10件
デイトレ損益0.7万円
スイング新規買建てプット買い
月次損益合計5.9万円

デイトレード雑感

また激しい下落が来るともなれば、徹夜でモニターを見張る必要性も出てきます。

私はこのような相場の時にオプションを売買するからです。

暴落とともにチャンスはやって来る。

同時にその隣にひっそりたたずむ退場の扉も。

本日、日中のデイはさしたるチャンス銘柄もそんなにはなく、IPO銘柄も下落。

極小ロットの手数最少にて防御体制。

買い持ちたい気持ちを必死に抑えてリーマンショックや東日本大震災当時のことを思い出しました。

くしくも今日は311。

そこまで酷いことにならないと良いのですが。

このままスイスイと戻して「またかよ」となって欲しい。

ですが、私は相場を信じていません。

相場に裏切られ続けた男なのです。

引け間際にそっと屑プットを1枚買っておきました。