PTSでスキャルピングどうよ?わいらの行着く先は株式投資熱中症か

この記事は約5分で読めます。

時代はついに時間外のPTSでデイトレする時代?

これならサラリーマンも超短期売買に参加できます。

専業トレーダーも相場につく時間が倍に?

これで上手くやれば収益も倍?

ところがそうは問屋がおろしません。

株式投資熱中症の恐怖がわいらを襲うことになるかも…?


スポンサーリンク



PTSでスキャルピング?

もしPTSでも同じトレードができるなら、トータルの利益が倍になるのではないか?

ふと気づいてしまいました。

俗に夕場(夜場?)と言うのでしょうか?

日中の前場・後場と合わせた時間数以上の間、PTSで取引することができます。

もちろん、PTSにはPTSのやりにくさもあります。

例えば、PTSでは通常は現物株の売買となります。

信用取引のように同じ銘柄を何度も往復することはできません。

(最近、一部の証券会社で信用取引も可能になったとのこと。)

手数料もいわゆる“1日信用” のように無料と言う訳にもいきません。

また、出来高も日中よりは少ないため、銘柄もかなり絞る必要がありそうです。

そう考えると、もしPTSでデイトレ、それもスキャルピング的なデイトレードをしようと思ったら、日中以上に銘柄選定に集中しなければならなくなりそうです。

日中とPTSを合わせ株式投資熱中症に…

PTSでのスキャもやるなら、朝9時から夜12時まで銘柄探しをしまくりの状態に…。

途中、正午の昼休みや夕方の空き時間はあるものの、長時間モニターを凝視しなくてはなりません。

私の場合、そのくらいの労力をいやがっていたら、とんでもない損切りを連発しそう。

薄利のために自転車操業状態。

寝る時間以外のすべての時間を株に捧げてしまう、そんなことにもなりかねません。

長年、朝から晩まで株のことを考え続けた行き着く先。

それが株式投資熱中症。

私が勝手に作った造語。

株のやりすぎで頭がパーになってしまう状態。

地方市場の時間帯まで追いかける

そんなとりとめのないことを考えつつ、午後3時を過ぎた地方市場(札幌、名古屋、福岡の証券取引所)の時間帯まで銘柄探しをしていました。

結局、午後3時~3時30分にスキャルピング用の銘柄は見つからなかったので、単なる徒労に終わりましたが…。

こんなことばかり。

「信用でワンショットを倍にしようか?

それとも3倍にしようか?」

そんな危険な誘惑にさいなまれながら…。

しかし、今後も勝ち続けられる自信がないので、金額を増やす訳にはいきません。

当面ジリ貧のトレードを繰り返すことになりそうです。


広告


スキャルピングは“念力” 投資法

ここのところの頼みの綱、スキャルピング。

私の場合、スキャルピングによるデイトレードは前場、後場ともに一日中、銘柄検索をしている状態。

いささか辛くなってきました。

急騰銘柄をとにかく探し、その中から一番スキャルピングし易そうな銘柄を探します。

ある程度出来高があって、板に動きが出そうな銘柄です。

上がっている銘柄に順張りしますので、高値づかみになる可能性が高く、非常に気を使います。

そこは“念力” でカバー。

まさに「上がれ!」と念じながらトレードをしているので、“念力” 状態。

デイトレードの怠惰な思考

前場と後場、1日通しで銘柄探しをやり続けると、とても疲れる気がします。

ちょっとでも気を抜くと、昨日のようにすぐ厚めの損切りになってしまいます。

「この銘柄、もうちょっとスキャルピングできそうじゃないか?」

「あともう1回だけインするか?」

この考えは、スキャルパーとしては“怠惰な思考” です。

その怠けた思考のために、何度も痛い目にあっています。

同じ銘柄に何度も繰り返してインすると、私の場合、あっと言う間に下落を食らってしまいます。

当然、厚めの損切りに…。

銘柄探しに追い立てられまくる日々

スキャルピングなんて、1回こっきりの、その瞬間だけのものです。

そんなに何度もインして、次々利益確定するなんて、私には不可能です。

(私の場合だけかも知れませんが…。)

ですから、1日中、次の銘柄選定をしなければいけないことになります。

これが結構、辛いです。

それに疲れて“手抜き” をしたら、あっと言う間に真っ逆さま。

まだ、私にとってスキャルピングは試行段階のトレードです。

辛くても利益が出れば、まだマシ。

そして、本日、冒頭の一件について気づいてしまいました。

時間外の株取引、すなわちPTSのスキャの件です。

11月28日のトレード結果

昨日は損失に終わったデイトレでしたので、朝方から慎重にトレードしていきましたが、どうもやりやすい銘柄が見つかりません。

無理矢理インして慌てて同値降りするパターンが多かったです。

同値で降りられれば上手く行ったほうですが…。

1回のスキャで利益が+94円とか…。

そんなトレードを繰り返していました。

新興市場の売買代金は、昨日に比べるとやや戻して来ましたので、明日以降に期待したいです。

【デイトレード新規建売買代金合計】
(買建)概算380万円
(売建)なし
【デイトレード売買銘柄】
(買建)2930北の達人コーポレーション、3498霞が関キャピタル、3911Aiming、4344ソースネクスト、4385メルカリ、6064アクトコール、6787メイコー、6951日本電子
(売建)なし
【デイトレード損益】+0.5万円
【スイングトレード損益】なし
【本日のトータル結果】+0.5万円
【今月の損益】-1.5万円
【持越ポジション】新規買建なし
新規売建なし
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告