相場に向かう手法

この記事は約4分で読めます。

相場の旗色が悪くなり、多くの人がポジションを投げる時。

下げ相場の中、一人買いに走る者がいます。

これを相場用語で、「向かう」と言います。

相場に向かうとは、一歩間違えれば玉砕。

生還できない可能性あり。

にも関わらず、なぜそんな、一見無謀なことができるのか?

勝算があるからであります。

勝算があって初めて、下げに買い向かい、底を拾うことができます。

当方の感触では、それ以外に底を拾う方法はありません。

あくまで感触ですが。

スポンサーリンク

下げに向かう理由

相場は必ず戻ってきます。

問題は、いつ何どき、戻り始めるのか。

これがわからないのであります。

わからないものをわかろうとするのは、無謀な行為に過ぎません。

無理は無理と諦め、別角度から攻める。

これが合理的かつ自然な手法となります。

すなわち、底当てクイズにはくみしない。

その中で下げに向かい、やられずに生還する方法を考えるのであります。

すなわち、下げで買い向かっても、戻って来られる手法。

向かって生還する方法

下げで買い向かい、生還する方法は、当方の考えでは一つしかありません。

自分の買った銘柄だけが下がらず、同値で推移するか、あわよくば上がってくれること。

相場がどんなに下げたとしても、自分の銘柄だけが下がらなければ良いのであります。

相場に向かって生き残るには、それしかありません。

すなわち、下がらない銘柄を探す。

これが下げ相場を買いで攻め、やられずに生還する方法です。

では、お目当ての銘柄をどう探すか?

全体相場が下げているのに、それに反し、下がらない銘柄。

ここで大事になってくるのが以下の格言です。

相場のことは相場に聞け。

相場に聞く方法

下げの中、買い向かうための銘柄、これを探すには下げ相場を研究することであります。

日経平均が大きく下げた日。

この日を調べるのであります。

相場に反し、上がった銘柄を抽出します。

理屈としては、これをやることにより、たいていの下げ相場で、買い向かうことができるようになります。

たいていの、と言うのは、このやり方では対処できない相場があるからです。

年に1度や2度ある、激しい暴落の日。

また、リーマンショックの底近くでは、毎日のように激しい暴落が来ていました。

そんな日は全面安となりますので、さすがに何を買ってもやられてしまいます。

しかし、それ以外の下げ相場においては、これを買っておけば助かると言う銘柄が、たいていあるものであります。

そして、それを買うことを繰り返しているうち、相場の底が当てられる日がやってきます。

当てられる、と言うのは正しくありません。

当たってしまう、のであります。

底が当たってしまう

相場の底は、狙って当てるものではありません。

間違えて当たってしまう、これが真実であります。

当方、この手法により、何度も底当てクイズに勝利しています。

見事な望外の勝利であります。

ただし、勘違いをしてはなりません。

何度も底当てクイズに勝利はしていますが、少しもうれしくはありません。

なぜなら、相場の底を当てた、その直後においても、今いる場所が底だとは認識できていない場合が多いのです。

底打ち反転は認識できていないので、仕方なく、微益で降りる。

そんなことが非常に多い。

すなわち、底を偶然に当てただけでは、握力を効かせ、買い持ちを続けることができないのであります。

これを当方の相場用語で、偶然性に握力なし、と呼びます。

勝算の内容

当方のしがない勝算の内容は、以下となります。

  • 同値降りでも、微益にしかならなくても構わないので、下げ相場で買い向かう。
  • その結果生還できれば上出来(生還とは、損せずに降りること)。
  • 相場がいつ何どき底を打つのかはわからず、底を打ったとしてもその時点で認識はできない。
  • だが、日々相場に向かう。

このようにして、ひたすら買い向かい続けるのであります。

これが当方の向かう手法であります。

なかなかつらいんだ、これが。

さて、本日の結果は、スイング勝ち。

ギリギリの線を狙い、もの凄い形相でショボ上げを取った感じ。

キッシー相場、勘弁。

前場では他に、ストップ安張り付きを経て、やっと寄り付いた某主力株を監視。

しかし、こんな分足ではどうにもなりません。

最近はアルゴが縦横無尽に走りまくり、デイトレ勢も増えたので、膠着した動きになることが多い。

みんなで少ない値幅を持って行ってしまうのだから、当然です。

本日も、時間が経てば経つほどに膠着は極まりました。

かと言って、寄りで取ろうとすると真逆に動かれたりします。

昔ならデイでインしていたところですが、やらなくて正解でした。

これだけ相場が難しいのだから、金融増税などあり得ない話です。

あり得ない空論をひたすら力説する男。

相場はおそらく、終わることとなるでしょう。

音を立てて瓦解するのです。

キッシーデス、の名のもとに。

ノーポジ。