最も危険な手法|12のデイトレまとめ|これで儲からにゃ3日で退場

この記事は約9分で読めます。

直近数カ月で得たデイトレードに関する知見。

12項目に渡る個人的な感慨まとめ。

株式投資とは時間軸が短くなればなる程、行き着く所はあくなき利益の追求です。

儲からなければやる意味を見出す事は難しくなります。

立ち塞がる壁をいかに打開すれば良いのでしょうか。


スポンサーリンク



1.最も危険な手法が一番儲かる → デカ玉アウト

「あれ何でオレこんな株買ってるんだ?」

「もうこんなトレード絶対にしません!許して!」

インした瞬間、思わず叫びました。

デイトレードをやっていれば、こういう体験、したことありますよね?

最も危険な手法、それはナンピンです。

ナンピン買いで「相場の神様、許して!!」

株あるある。

(ナンピン買いとは、値下がり局面で買い増しをし、買付単価を下げる方法を意味します。)

いつのまに玉がデカくなったら最後

投入金額が大きくなったが最後、買い付け単価以上に値上がりすれば大きく儲かりますが、下がったら終了。

イチかバチかの大博打になってしまいます。

デカ玉、アウト。

これに上手く対処する方法は、一極集中トレードをしない事につきます。

2.ナンピンは常に極小ロットでやる

最もリスクが高い手法は最も儲かる。

とするならば、手をこまねいて「見てるだけ」に徹すれば良いのでしょうか?

そこにチャンスがあるなら、インしたい。

そう考えるのが短期売買参加者の常。

リスクが高い場合にはロットを下げる。

これは普遍的リスクコントロールの手法です。

(ロットとは売買の単位、ワンショットの金額を意味します。)

そして、順張りと逆張りでは逆張りの方がリスクが高いと考えています。

そう考える理由は下表などによります。

順張り・逆張りの比較表

順張り逆張り
確定までの時間短い長い
損切り貧乏あり少ない
一括買い多い少ない
一括売り多い少ない
損切り法早い遅い
指し負け多い少ない
利幅伸びる事もあり狭い
利幅伸ばしたまにできるあまりできない
損切りコントロールやらざるを得ず耐えてしまう
ナンピン頻度少ない多い
参戦頻度多い多くはない
勝率高くない高い

あくまで私の個人的見解。

表中の結果は各個人によって変わります。

それぞれが自分なりにまとめ直す必要があるかも知れません。

3.逆張りの方がリスクが高いわりに頻度が低い

逆張りは

  • ナンピンする頻度が比較的高い
  • 損切りを耐えてしまう傾向がある
  • 勝率が比較的高い傾向に誘引される
  • 含み損から耐える為にやれやれ売りになる

などに結びつきがち。

リスクが高くなる事が多いにも関わらず、参戦頻度が低い傾向。

だから「その一回」に賭けてしまう事になります。

「このナンピンでやったるで!」と。

ですから、なおさら玉は大きくすべきでないと考えています。

ましてやレバを掛けるのはアウトであると。


広告


4.すぐ切るからこそレバを上げられる

レバとはレバレッジ(「てこ」と言う意味の英語)。

てこで資金の何倍もの金額をぶん回す事。

信用全力二階建てなどと言う言葉がありますが、そんな状態ではすぐ降りなくては危なくて仕方ありません。

すぐカットできるからこそ、レバを上げられるという事です。

大きな玉は少しでも下がったら躊躇なく切る。

これ短期売買の基本。

ですから、よりリスクの高い逆張りにおいては、さらに玉を小さく。

5.チャンスが少ない手法=コスパが悪い

参加する機会が少ないと言う事は、待ちの時間が長くなり、コストパフォーマンスが良くないトレードになりがちです。

順張りよりも逆張りのほうがチャンスが少ないのなら、コスパは悪いと言う事になります。

実際の話、猛烈に値上がりする銘柄と爆下げする銘柄の数を比べると、どちらかと言えば値上がりの方が多いような。

これも個人的見解に過ぎませんが。

と言う事で、私は順張り、値上がりにつくトレード重視です。

インするチャンスが少ない手法である逆張りは、単独ではコスパが良くない。

そんな結論。

6.チャンスは多ければ多いほど良い

デイトレにおいては、時間当たりの参戦頻度、つまりいかに待ちの時間を少なくするかがコスト・パフォーマンスに関わる重要な課題となります。

待っている時間は短ければ短いほど良いです。

もちろん、待ち時間が長い分、爆益が取れれば良いです。

しかし、そのようなトレード、実際的でしょうか?

大きく値上がりする銘柄は、毎日の値上がり率ランキングを見ていれば、いくらでも沸いて出てきます。

ここで根本的な問題が出てきます。

そもそも、株の値上がりはなぜ起こるのでしょうか?

7.株はなぜ値上がりするのか?

短期売買目線の私に言わせますと、株が値上がりする理由は

「買ってから売るまでに時間がかかるから」

です。

人は誰しも買ってから売るまでに時間がかかる

どんなに急いで買い・売りを済ませようとしても、現実問題、時間がかかります。

買ってから売るまでの微小な時間差をΔT(デルタ・ティー)としますと、

そのΔT を0にすることはできません。

物事には順番がありますから、順序に応じて無視できない時間差が存在します。

このΔT がどんなに微小な時間であっても、大勢の人々が同じような行動を取れば、ΔT の寄せ集めが発生します。

「ΔTの寄せ集め」が値上がりと言う現象に寄与する。

これ、マイ理論。

空売りの場合も同じではないのか?

売りから入って買い戻す場合。

その場合も確かに同じようなΔT の寄せ集めが発生します。

しかし、買いから入る人と売りから入る人では、前者の方が圧倒的に多いです。

これは一般的に言われている事であって、どんな場合にも必ずそうだとは言い切れませんが。

概ねの場合においては

「買いから入る人々のΔT の寄せ集め」>「売りから入る人々のΔT の寄せ集め」

です。

爆上げする銘柄の方が爆下げする銘柄より多い印象となる理由、それはそこにあるのかも知れません。


広告


8.大勢いれば0コンマ何秒の差も積み重なる

売買代金ランキングなど言うツールが、どの株ツールにも備わっているこの時代。

売買高イコール値上がりの源と考える短期筋にとっては、願ってもない状況。

毎日懲りずに爆上げする銘柄が続出するのは、それだけ多くの人が相場に参加していると言う証し。

となれば、素直に値上がりにつく手法重視もやむなし。

人が人を呼び、買いが買いを呼ぶ。

その結果、マイ理論によれば、毎日必ずと言って良いほど爆上げする銘柄が続出する訳です。

そして、上記6で述べたコスト・パフォーマンスの問題からすれば、売買の時間軸は短ければ短いほど良い。

9.コスパ至上主義なら時間足は短いほど良い

売買にまつわる時間足が短ければ短いほど、同じトレードを反復する時間的余裕が生まれます。

少しずつ利益を積み重ねられるなら、回数は多いほど良いです。

となれば、参考にするチャートの時間軸は短いほうが良い事になります。

現時点では多くの証券会社の株ツールで、1分足や5分足を見ることができます。

とある証券会社では1分足より短い時間軸のチャート(◯◯秒足)を見ることができるそうです。

私もその証券会社を使おうかな?

10.コスパ重視の取引方法

コスパ重視なら、試行回数を増やす必要があります。

たまに一回だけのトレードでドカンと取るのも良いですが、果たしてそれがいつも可能でしょうか?

特殊なチャート形状を探すか?

まれにしか出て来ない特殊形状のチャート。

その出没を待ち、大きく利を伸ばす方法。

しかし、その一回で利が伸びなかったらどうするのでしょうか?

そもそもまれにしか出ないチャートです。

その時ダメだったら、次回は先。

と考えると、特殊な形状のチャートを探した所で、コスパには優れていない。

同じようなチャートで勝てるようにして、何度もトライする方が良いのです。

そのほうが現実的。

11.チャートなんて皆同じ?

「チャートなんて皆同じではないか?」

そんな考えに取りつかれました。

常勝のデイトレーダーは、同じ試行を反復しているのかも知れません。

そう考えると、

  • 銘柄なんて上がっていれば何でも良い
  • チャート千本ノックの意味の無さ
  • 上がっていれば何でもいいんだ
  • 売買高があれば何でもいいんだ
  • 手法なんて存在しないんだ

私、投げやりになっているのでしょうか?

12.「手法など存在しない」の背景にあるもの

いろいろな所で様々な人々がこう言います。

手法など存在しないと。

しかし、上記のような試行錯誤を経て、この「手法不在論」に思う事は以下です。

「手法など存在しない」=「手法はどこにでも落ちている」

ではないかと。

チャートなんて全部同じ。

全ての可能性においていくらか勝てそうな局面にインする事。

ダメだったら即、切る。

「この株価にタッチしたら損切りしよう。」

そんな事を考えているから損切りが遅れるのであると。

アイ・ガッチャ!

速攻、損切るさ。

(ガッチャとはGotcha、「わかった」の意味の英語。)

下がったと思ったら切れば良い。

考えてはダメなんだ。

切れよゴラ!

そんな思いの今日この頃です。

グダグダとなったところで明日の相場に向かいましょう。


広告


注目記事

BNFの手法を調べてスイングした結果|5つの恐るべき結論がヤバい

株の手法検証|3次元空間から脱出する方法|戻れなければ即アウト

株の大損を取り返す3つの手法【リスクあり】利益・退場どちらを取る?

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音

大損?ストップ高銘柄で取り返すしかないよね?その手法に至る思考法

PTS株価でPTSD?ストップ高張り付け比例配分狙い→引成り10億売りの恐怖


広告