日経平均を無視して買って行く方法

この記事は約5分で読めます。

当方が普段やっている、買いの手法。

あくまで素人の手法であります。

これでうまく行くのでしょうか。

いや、上手く行ってもらわにゃ困る。

以下、そんな当方の相場感想文。

あくまで相場を推奨するものではなく、投資の自己責任、自分の判断。

これを強調させて頂きつつ、相場をめぐる散文・駄文。

ざっとまとめてさせて頂きました。

スポンサーリンク

上がる株を買う

上がる株を買いさえすれば、日経がどうなろうとも利が乗ります。

例えば、個別株のデイトレードにおいて、日経平均の動向を気にする人は少ないでしょう。

デイは通常、全体相場の動きに左右されません。

それがデイトレの優位性であります。

値動きに乗れれば、それが勝ちに結びつくのであります。

実は、同じことが他のトレード手法にも言えます。

日経が下がっていても上がる株は、たいていの場合、存在します。

それを買えば良いのであります。

では、グイグイ下げる相場ではどうなるのか。

日経下げの場合

日経平均が下げ基調。

この場合にどうすれば良いかと言えば、やはり上がる株を買い持って行けば良いのであります。

上がると見込める株がある限り。

これによって、いつでも個別株を買い持つことができ、利益が出せる可能性が増えるのであります。

日経平均を無視して買って行く手法、この強さはここにあります。

原則、いつ何どきでも買い持ちのパターンで貫き通す。

これができれば

  • 買おうかな
  • 売ろうかな
  • ポジの大きさをどのくらいにしようかな
  • 両建てにしちゃおうかな

などと悩む必要がなくなります。

すなわち、トレードがシンプルになり、ストレスも減るのであります。

そもそも両建てなんざ、たいして儲かりはしないのであります。

片張りの重要性

当方、両建てで大きく儲かった試しがありません。

両建ての場合、どっちに行くかわからないので、買い・売りの玉を両方持って、あぶはち取らずになることが多いのです。

そして、リスクが低減できるかと言えば、必ずしもそうはなりません。

そもそも玉が買い・売り両方となることにより、建て金額が倍増。

コスト(手数料・金利など)が倍かかってしまうのであります。

その割に、どっちに動いたにせよ、利益と損失が両方発生してしまい、相殺させられる。

それだけではありません。

股裂きを食らったら、ダブルでやられてしまうのであります。

かのLTCM(ロング・ターム・キャピタル・マネジメント)、すなわちスタッフにノーベル経済学賞受賞者を複数起用し、複雑なテクニックを駆使したヘッジファンド。

彼らもこの股裂きで破綻しています。

複雑なことをやればやろうとするほど、玉が大きくなってしまうのであるからして。

すなわち、片張りの重要性。

しかし、片張りで通していて、やられる日がないなんてことはないでしょう?

確かにその通りであります。

爆下げの日は別

日経が大暴落する日。

暴落と言っても様々なケースがあります。

  • よくある強めの下げ
  • 数カ月に1回程度の暴落
  • 1年に1~2回くらいある、強力な暴落

このうち、後者の2つの下げ、すなわち一般的によく言われる、日経大暴落の日。

この日には、残念ながら、日経平均を無視して買って行く手法は使えません。

あえなく損切りとなります。

結局のところ、下げがあまりに頑強過ぎる場合には、個別株が相場に太刀打ちをすることなど不可能なのであります。

しかし、そんな日は、ならしてみれば、そんなに頻度は高くありません。

相場は年間250営業日程度あるのであります。

そして、暴落の日でも、頑強に強い銘柄を買っておけば、損切りの程度はそれほど酷くならずに済む傾向があります。

あくまで上手に損切りで対処すべし、と言うことであります。

上がる株がない日

上がる株が見つからない日もあります。

すなわち、どの銘柄も冴えない。

お眼鏡にかなう銘柄が存在しない。

そんな場合は買い持ちしてはいけない、と言うことになります。

すなわち、全てはしばらく上がりそうな銘柄があるかどうか。

それに尽きると言って良いのであります。

そして、当面上がりそうなのであれば、買って行くのみ。

そこに日経平均の動きはおおかた関係ありません。

暴落さえなければ買いだわな、と。

では、どんな銘柄が、その当面上がりそうな銘柄であるのか。

当面上げる株

当面上がる株。

そのヒントは、すでに上がった株の中に隠されているのであります。

実際に上がった銘柄を観察すること。

履歴を調べるのであります。

それも、頑強に上がった株であります。

過去を調べれば、未来がわかる。

歴史をひも解き、従来のパターンを利用するのであります。

特に日経平均が下げた日。

日経が下げたにも関わらず、上がった銘柄は注目に値します。

それを毎日調べる。

そうしたら、それと同じタイプの銘柄を買えば良いじゃないですか。

日経平均を無視して買って行く手法の根幹にあるのは、そんなコンセプトであります。

さて、本日の結果ですが、デイ勝ち、スイング勝ち。

日経の戻りに乗れました。

デイはロット小さめで行きました。

もっとロット上げたらな、はぁ。

などと考えるのはよして、大体こんな日は危ないので、自重あるのみ。

当方も抜け目がなくなってきております。

スイングで取れた日は、デイで厚めにやられたりしますので。

しかし、デイの対象銘柄はグイグイ来ていたので、全力で行っても余裕でアレしてました。

いつも損してるので、たまには儲からせてください。

明日になったら、大損するかも知れないのであります。

そこんとこ、よろしくお願いしたい。

ノーポジで引け。