日経ぶち上げをどう判断するか

この記事は約5分で読めます。

結論は買い。

ただし、売りの判断もあり得る。

はぁ?

どっちだかわからない状態。

この状態を人はアンビバレントと呼ぶ。

日経の高値をどう判断するか?

その答えは、相反する二つの心象風景を同時に持つこと。

相場とはすなわち、アンビバレント。

そういうことなのであります。

スポンサーリンク

天井素っ高値の心理

人は天井で売りたくなる。

素っ高値で売れば儲かるからです。

儲かるから売るし、空売りをかけたくなる。

空売りとは、モノがないのに売りをしかけることです。

たとえば、リンゴを1000円で売ります。

でも、モノは今はないので、あとで持ってきます、とお客さんに言っておく。

人気の品ですからね、と言う訳です。

この1000円と言う価格は、おそらく高い。

天井だ。

だからこそ、売ると言う約束だけしておいて、モノは後から調達して、お客さんに渡せばいいのさ。

日経新高値、ぶち上げ天井の心理も同じようなものではないでしょうか。

新高値の陰線は

日経がグイグイ上げ、新高値を取る。

そこで出現した陰線。

下がるんじゃないか?

素っ高値ですよ、と。

ここで厳正な事実が提示されます。

相場はどっちに行くかわからない。

天井だろうが底だろうが、次の瞬間、どっちに行くかはわからないのであります。

そのわからないものを、上だ、下だ、と決めつけても仕方がありません。

さて、1000円で売る約束を取り付けたリンゴ。

お客さんに渡すために、現物を調達する必要があります。

実際にリンゴを買ってくる必要があるのです。

さあ、モノを手に入れましょう、と思った、そのせつな。

市場ではリンゴの価格が1500円になっていたのであります。

空売りと相場

安く買って高く売る。

これが売買の基本であります。

であるのにもかかわらず、1000円でリンゴを売る約束を取り、現物のリンゴを1500円で仕入れ、お客さんに渡す。

なんだよ、500円のマイナスじゃないか。

これが空売りの失敗であります。

もしリンゴの値段が急騰しているなら、そういうこともあり得る。

空売りの仕組みが、人間の頭にはいささか複雑なのであります。

そして、複雑なのに、いとも簡単に空売りができてしまう。

それが相場です。

危険性を体で知っている人ならば、先に売りの約束を取り付けるなんてことはしない。

なぜなら、値段が上がりまくっている時に限って、現物のリンゴが調達できない。

そんな恐ろしいこともありえなくはないからです。

ですから、仕入れてから、現物を手元においてから、それを何とか高く売ろうとします。

そのほうが気楽ですから。

しかし相場では、ボタン一つで空売りができてしまう。

すなわち、簡単に実行できるからと言って、簡単に儲けられる訳ではないのであります。

まさに、2つの相反する事象を、同時に心に思い浮かべていなければならない。

これが相場のアンビバレントであり、空売りの難しさでもあります。

アンビバレントに勝つ方法

いつ、どんなときでも、未来は予測できない。

天井に見えるからと言って、次に相場が下げるとは限らない。

では、限らないからと言って、次は上に行くのか?

それも断言はできません。

すなわち、決めつけることはできないのであります。

しかし、決めてもらったほうが人間は楽です。

楽どころか、気持ちがいい。

説明の上手い、人気者のインフルエンサー。

彼が「これはこうなんです」と断言してくれると、何か気持ちが晴れる。

「そうだ、そうだ!」と同調したくなる。

この心理は相場でも同じです。

巧妙に見える説明をトクトクと受け、納得してしまってはまずいのであります。

そうではなくて、現実は、一寸先はわからない。

わからないものはわからないものとして、そのまま受け入れる。

そして、その時、次の一歩が踏み出せるのであります。

相場勘を我が物に

判断とは、自分で行うものです。

誰かにしてもらうものではありません。

相場においては、なおさらそうであります。

人にまかせておいて、うまくいかなかったら、その人を責める。

それも一つのやり方でしょう。

しかし、そのままでは、いつまでたっても判断ができないままです。

すなわち、相場の次の一歩を踏み出すとは、自分で判断し、足を前に進めることなのであります。

自分で足を進めるうちに、勘が冴えてくる。

いわゆる相場勘であります。

これが研ぎ澄まされたとき、相場の聖杯が我が物となります。

当方、もう少しで、その聖杯が手に入る気がするのですが。

おいおい、気かよ?

さて、本日の結果ですが、デイなし、スイング勝ち。

持ち株の海運は概ねギャップアップで、中には大きくぶち上げてくれた銘柄もありました。

いやー、海運相場は強い。

しかし、別のクソ株で損切り。

こいつは含み損で、厚めに持っていました。

結果、利益を大幅に減らすこととなりました。

しかも、切った後に猛烈に、瞬時にぶち上げて行った。

このクソ株がなければ、大きく利益が出ていたのに。

地団駄。

デイは大引け間際、厚めに負け。

トータル微妙に負け。

微妙な負けで済んだので、まだ良し。

しかし。

ああ、そして、またもや、ザラバでやらかしてしまった。

とってもヤバイ株持ち越し。

とってもとってもヤバイやつ。

言い忘れていたことがあります。

自分で判断し相場を張る。

それは大事なこと。

しかし、ヤバイ目に合うことがあるのです。

やってもうた!

それを常に眼前に突き付けられ続ける。

今日、再び、それを思い知った。

皆様におきましては、くれぐれもご自愛くださいますよう。