2019年8月月間損益|デイトレの休日は無の空間から帰還できず涙

この記事は約5分で読めます。

常に相場を観察しチャンスの時だけ出動。

私の場合これができるようになるまで時間を要しました。

早く結果を出したいが為にかえって遠回り。

早く儲けたい!

そんな野望は無残にも玉砕。

スポンサーリンク

デイトレーダーの休日とは

株の超短期売買におけるコツ。

一言で言うなら、私の知り得る限り、以下の一点に尽きます。

  • チャンスの時にのみ出動する

従って、チャンス以外は「休むも相場」。

毎日が休日状態。

「ご隠居(いんきょ)かよ?」

そんな声も聞こえて来そうですが…。

しかし、デイトレーダーの仕事の半分以上は、ただ相場を監視すること。

残り半分弱がデータの集計です。

ご隠居上等。

私に限ってのことかも知れませんが、そう考えています。

休んでばかりなら楽なのではないか?

楽に思えるのは最初の数週間だけ。

以後は

  • 「儲からない」
  • 「大損した」
  • 「時間を無為に過ごした」

など、葛藤と自己呵責(かしゃく)の日々になる可能性も…。

チャンスの時にのみ出動するデイトレードとは

自分が買ったらすぐ上がりそうなタイミング。

それをひたすら探し、ピンポイントにそこだけ出動。

私の場合、少しくらい「チャンスかなぁ?」と言う場合はパスします。

「間違えたら切れば良い」は嘘?

一日に数千円の利益でも、一カ月20数営業日積み重ねれば、トータル10万円弱くらいは行きます。

と言うことは、頻繁に数千円分の小さい損切りをしていたら、どうなるか明らかです。

一発ドカンと大勝ちすれば良い?

確かにそれが出来る人はそれで解決です。

私にはそれができた試しがありませんと言うだけです。

モニターを見ているだけなら他の事(仕事)ができるのでは?

  • トレード中に時間が空いているなら有効活用すれば良い?

確かにその考え方にも一理あります。

しかし、私の考え方は以下。

  1. 他の事を気にしながらデイトレは難しい
  2. 一泊二日のスイングなら多少できるが結構厳しい
  3. やれる時には集中し休む時は一切手を引くのが無難

これら3点についてご説明します。

1.他の事を気にしながらデイトレは難しい

2019年の夏は遠方に住む親族が倒れ、その対応に奔走しました。

午前のみ時間が空いている日はありました。

しかし、ほとんどデイトレードに集中することは出来ませんでした。

「10:30AMで切り上げよう」はなかなか上手くいかない

手が空いた時にデイトレをした日もありました。

しかし、早く切り上げようと思っている時に限って、なぜか玉が外せていない事もありました。

相場は自分の都合に合わせて動いてはくれません。

「早く切り上げなければ」などと考えていると、インもアウトも甘いタイミングになりがちです。

鉄の意志があれば、そのようなコントロールも不可能ではないでしょうけれども、おすすめはできないです。

2.一泊二日のスイングなら多少できるが結構厳しい

当方がサラリーマンをしていた時には、引け指し発注で大引け買い、翌日の寄り付きに成り売りのスイングトレードを繰り返していたことがあります。

儲かることもありましたが、トータルで考えるとストレスの原因にもなり、とてもおすすめできる手法ではありません。

「投資銀行の高給トレーダーに、そんなやり方で対抗できる筈がない」と言う説もあります。

3.やれる時には集中し休む時は一切手を引くのが無難

結論としては、デイトレードはその日集中できる環境にある場合にのみ参加し、それ以外の場合は一切手を引くのが無難です。

デイトレのメリットは、手を引いたら一切相場から離れられる事です。

スイングでは必ずしもそうは行きません。

私も今回は、8月のうち正味2週間程度はほとんど相場の事を忘れていました。

(夜に日経平均のチャートくらいは確認していましたが…。)

株は手を出さなければ損はしません。

中途半端な手出しは無用と考えています。

2019年8月【月次集計】成績表

空欄はトレードを見送った場合を意味します(単位:万円)。

スイングデイ
8月1日1.1
8月2日-1.9
8月3日(土曜)(土曜)
8月4日(日曜)(日曜)
8月5日-2.4
8月6日0.4
8月7日0.30.0
8月8日0.20.0
8月9日0.4
8月10日(土曜)(土曜)
8月11日(日曜)(日曜)
8月12日(祝日)(祝日)
8月13日
8月14日
8月15日
8月16日0.1
8月17日(土曜)(土曜)
8月18日(日曜)(日曜)
8月19日0.4
8月20日1.7
8月21日-1.1
8月22日0.8
8月23日0.0
8月24日(土曜)(土曜)
8月25日(日曜)(日曜)
8月26日-0.8-0.8
8月27日-0.3
8月28日-0.2
8月29日0.6
8月30日0.9
8月31日(土曜)(土曜)
合計1.2-1.8
-0.6

デイトレはバラツキを拾うゲーム

この一カ月と言うもの、引けてからその日の相場を振り返ると、「チャンスを逃した」と思う頻度が多かったです。

デイトレは一定空間に広がるバラツキの偏りを拾いに行くゲームです。

チャンスとは均一にばらけて存在する物ではなく、いつのまにやら偏るのが常。

高額の宝くじが2回当たった人もいます。

幸運は偏っているのです。

一定空間に偏在する幸運 および 「無の空間」とは

偏在する幸運を拾うためには、何もない「無の空間」を含めて全体を見渡す必要があります。

したがって、時間を区切って限定的に相場に参加するとなると、結果として「無の空間」だけを探索して終わりになる場合もあり得ます。

「無の空間」に取り残された8月

日々、チャンスを拾う旅に出て、空間の隅々を探索する。

それがデイトレードなのかも知れません。

今月は「無の空間」から脱出することができなかった、残念ながらそういうことになります。

来月以降は、何とか相場の見えざる手にすがりたい気持ちです。