ナンピン計算 押し目買い|2倍買い増しのトンデモ恐怖がわいらを襲う

この記事は約5分で読めます。

ナンピン計算、押し目買いについてまとめました。

押し目買いは計画的にする必要ありです。

いつの間にか“倍ナンピン” 、その場合、そもそも買いのタイミングが間違えているのかも。

“ポンコツナンピン計算機” に陥らないよう、買い増し計算は慎重にする必要があります。


スポンサーリンク


ナンピン買いのタイミング?

どれだけやっても、いつまでたってもナンピンをしてしまう、それが相場の常。

ナンピン買いなしで勝てるなら、それがベストです。

しかし、上がると思って買っていて下がったのなら、さらにまた買うのも一つの方法。

けっしておすすめはできませんが。

ナンピンするのなら、ある程度、確信を持って買いに入れなければ、やってはダメです。

しかし、確信とは何なのでしょうか?

ナンピンとは

ナンピンの意味は、買いの場合、株価が下がっていく時に買い増し、買い付け単価を下げる売買方法です。

株価が上がっていく時に買い増すと、買い付け単価が上がってしまいますが、これを逆ナンピンとか、買い増しナンピンと呼ぶ人もいます。

また、空売りの際、株価が上がる局面で買い増すことを、空売りナンピンと呼ぶ人もいます。

データは数値でしかない

確かにデータを持って、何パーセントの確率で、ここではリバウンドがあるだろう、そういうケースもあることでしょう。

しかし、データは単なる数値です。

買ってから暴落したら大損するだけで、全く何の保証という仕組み。

結局のところ、どこでリバウンドするかは結果が出るまでわかりません。

確率は確率であって、未来の保証はどこにもありませんので。

ナンピンとは不確定性に向けた決断に過ぎない

ナンピンとはつまり、そのあと比較的早い段階でリバウンドが来るか、あるいは想定外の下げに巻き込まれても、そのまま忍耐することを意味します。

一旦、忍耐の態勢に入ったら、その状態を否定することはできませんし、逃げることもできません。

不確定性の暗い海の中を、ただひたすら生き残ると言う思いで、泳ぎ続けなければなりません。

ナンピン買い増しはこの上なく無情

9割の確率で勝てそうだろうが、ほとんど可能性がないだろうが、一旦ナンピン態勢に入ったら皆同じ。

ナンピンしてから想定外の動きをされたら、損切りの準備をする他ありません。

そこでさらにナンピンをすると、さらに逆に行かれた時に壊滅的な打撃を受けることになります。

心を病むかもしれないナンピン売買

何年株をやっても同じこと。

ですから、徐々にナンピンに対する警戒心が強くなってきます。

巻き込まれたらアウト。

プレッシャーと忍耐のカオスの中を、頭を抱えながら過ごさなければなりません。

「巻き込まれないようにしていたのに、巻き込まれました。」

「上がると思ったのに、上がりませんでした。

今日だけは許してくれ。

もう二度とナンピンはしないから。」

何度そう思ったことでしょう。

こうしてデイトレーダーは心を病んでいくのかも知れません。

それを防ぐ方法は唯一。

ナンピンをしないことです。

ナンピン買い増し売買のリアルな姿とは

本日前場、ナンピンをしないルールはいとも簡単に破られ、気づくと必死に耐えていました。

  1. 電話が鳴っているのも無視し
  2. 運送屋さんがピンポンを鳴らしているのも無視し
  3. トイレにも行かないで
  4. 誰とも口を聞かないで
  5. テレビも見ないで
  6. 牛乳も飲まないで
  7. 必死に忍耐しました。

値動きばかりを求め、ひたすら利益が出るまで耐え、トレードは下手くそで泥臭い。

“行って来い” をひたすら耐えるのみ。

それが五流のデイトレーダーです。

やっとのことで本日、生き残ることができました。

忍耐のデイトレ、ナンピンで勝つ

休むも相場の声はいずこ

そして、大引け間際、私がやることと言えば、明日への持越株の発注を出すこと。

日経平均はじりじり下げ、マザーズ指数、ジャスダック指数ともに日足の移動平均から5%以上乖離し、「これどう見てもおかしい、これ下げ相場?」と思い、手出し無用の相場とも思いましたが、本日も昨日までと同じように買い売り2対1のポジションで両建て持越しです。

休むも相場、その言葉が頭をかすめました。

しかし、休むことはできなかったです。

明日以降、爆損をしないよう、ただ祈るばかりとなりました。


広告

本日のトレード結果

【デイ新規建代金合計】(買建)125万円
(売建)なし
【デイ売買銘柄】(買建)1606日本海洋掘削 4388エーアイ
(売建)なし
【デイ損益合計】+0.5万円
【持越決済】+0.1万円
【本日のトータル結果】+0.6万円
【今月の損益】+4.8万円
【持越ポジション】買建6銘柄(新興株メイン)、売建3銘柄(主力大型株)
【含み益】なし
【225オプション】ポジションなし


広告