株をどこで買えばよいか

この記事は約3分で読めます。

株はいつなんどき、どこで買えばよいのでしょうか。

その答えは、当方の場合、どこでもよい、であります。

問題は、買ってから上がるかどうかです。

上がりさえするのであれば、どこで買ってもよい。

すなわち、チャートは関係ない、と言う結論になります。

どこで買ってもよく、チャートも無関係とくれば、いったいどうすればよいのでしょうか。

当方の思うところは、以下であります。

スポンサーリンク

上がり続ける株はどれか

どこで買えばよいか、その答えを一言でいえば、上がり続けるタイミング、であります。

上がり続けるのならば、どんなチャート形状であってもよろしい。

下がりそうなチャートであっても、意味不明にどんどん上がるのであれば、それはそれでよし。

結局のところ、チャート形状から上がるかどうかを読み切るのは難しいのであります。

嘘だと思うならば、酒田五法などに従い、トレードしてみてください。

うまくいくようでいて、そうそう儲かりやしません。

上がりそうな形状のチャートであっても、下がる時は下がります。

そもそも、上がりそうなチャートとはどんなものなのでしょうか。

高値・暴落・あや戻し

当方の考える、今にも上がりそうなチャートとは、高値更新チャート、暴落チャート、あや戻しチャートなどであります。

高値にあれば、さらなる高値更新を、暴落であればリバウンドを、あや戻しであれば、さらなるリバウンド継続を期待する、と言う感じであります。

しかし、相場は思惑通りにはいきません。

平気で裏切ってきます。

いかに上がりそうであると判断しても、それで全てが解決する、なんてことはないのであります。

大体において、やられる時は一気にやられるのであるからして。

買いと売りの対称性

そもそも、市場は買いと売りのカップリングから成り立ちます。

買いと売りが突き合わされて、売買は成り立つ。

買いと売りには、ある意味、対称性があるのであります。

そして、買いの人は上を予想し、売りの人は下を予想している。

互いの予想が真逆である訳です。

そうではなくて、全員が買い予想、あるいは、全員は売り予想では、売買は成り立ちません。

特別気配となり、出来ずのまま、時間だけが過ぎていくこととなります。

すなわち、勝負は予想をどのくらいの確度をもって当てられるか、であります。

予想できるか否か

相場の予想は、ファンダメンタルだけでは当てることができません。

ファンダメンタルが良くても、誰か大口の人が売ってくれば、株価は強引に下がってしまうのであります。

天下の優良株などと言われていたのに、下がり続けた株は、過去にいくらでもありました。

それどころか、上場廃止となった例まであります。

つまり、これらの現実をふまえ、予想を当てられた者だけが、相場で儲け続けることができるのであります。

すなわち、予想の確率を上げ、そこに乗っかること。

これが解であります。

確率を上げる

確率を上げるにはどうすればよいのでしょうか。

そもそも確率とは何なのか。

勝率を上げたところで、その後に大きく負ければ、意味はありません。

勝てばよいというものではないのであります。

最終結論は以下の通りであります。

それは、大きく勝つ確率。

大きく勝って、残りは小さく負ける。

当方、その手法を常に追い求めています。

相場と言う名の荒野において。

さて、本日の結果はスイング負け。

5営業日連続やられ、負け額は小さいものの、これはあかん。

何のためにトレードしておるのやら。

ひしひしと迫りくる退場の足音。

お尻に火が付いた状態で、適当に買い持ち。