競馬とか副業する位ならブログでアフィリながらデイトレはどうなの?

この記事は約9分で読めます。

職場によくいる競馬が副業だと言う人。

パチンコは仕事だと公言する人も…。

では株式投資はどうでしょう。

実はこれらは他言無用。

趣味がなくてつまらない男を演ずるほうが、後々スムーズに事が運びます。

あいつは冴えない、地味。

それで十分です。

黙ってブログを書いているほうが賢いかも知れません。




ブログで実体験情報をアップする

昔、私の職場にもいました。

普段は仕事オンリー、土日は競馬と言う人。

結構普段はまじめ系。

競馬派とパチンコ派に分けると、まじめ系が競馬で、パチンコはテレンコ系。

テレンコ系ってわかります?

(まあいいか。)

私はどちらもやりませんでした。

なぜなら株をやっていたからです。

株のメリットとは…

仕事をしながら株をやっていたら、とてもじゃないけど競馬・パチンコをやる注意力が沸きません。

株は投資であり、競馬・パチンコはレジャーですから根本的に違う訳です。

しかし、振り向ける注意力には大差ありません。

損をしたら凹みますし。

それに、競馬・パチンコ、土日がそれでつぶれてしまうじゃないですか。

株は土日・祝日はお休み。

それがメリットです。

しかし、株をおすすめするものではありません。

大損する可能性がありますから。

おすすめはしない…

やはり、賭け事、あるいは投資をやる位ならブログがおすすめです。

損することはありませんので。

今の私の場合、デイトレの実体験をブログに上げているだけです。

しかし、デイトレはおすすめしません。

切にそれを強調します。

デイトレードとは株で儲けるためにあがくこと

株の大問題、“大損”。

当時、仕事と同時に株をやっていた私は、「今月の給料、株の損で飛ばしてしまった」と言う月もありました。

それも何度も。

それで株はおすすめできない訳です。

やり方によってはかなりのリスクを伴います。

儲かるのは株をやっている人の1割。

これ周知の事実。

大損は取り消せないので、せめて当時のことをブログにしておけば良かったと思う時もあります。

◯◯ショック体験談

仕事と並行して手を出していた株で、ライブドアショック、リーマンショック、東日本大震災を経験。

とんでもない損、ストレスを経験していた訳です。

株で儲けるためにあがきまくっていました。

そのストレスを全部ブログに書いておけば良かったです。

多少気休めと言うか、気晴らしにはなったでしょう。

大損の記事、ご覧ください。
損切りタイミングの目安|311震災当日全力買い持ちしていた男の体験談

ブログは上手くやれば多少のおカネにもなります。

その上気晴らしができるなら、やっておくべきだったような…。

文章を書くのはそれほど嫌ではありませんので。

賭け事や投資、株はおすすめしませんが、ブログで文章を書き残すと言うことはおすすめです。

実体験をブログにして広告を貼る?

広告を貼っておけばおカネが儲かります。

今月も儲かりました。いくら儲かったか?

知りたいですか?

後半でお教えします。

ちょっとお待ちください。

好きなことを勝手に書いて、おカネが儲かる。

こんなこと、ブログでなくてはできません。

仕事だと、ストレスと消耗でクタクタですから。

タクシーのボヤキ

以前私が勤めていた職場では、残業を夜中までやって終電を逃し、泊まるかタクシーで帰るか悩んだ末、結局、朝4時にタクシーで帰ったことが何度もありました。

その残業と言うのも自分のせいではなくて、仕事が遅い人がいて、その仕事を引き継いで泊まりになると言うパターン。

エライ目に合いましたが、上司の方がまたボヤヤーンとした人で、そういうのをボヤヤーンと見逃す感じの人だったので、それで私の胃がベッキベキになりました。

ボヤヤーンとしたフリをして、わざと部下を追い込んで来る高等技術?

本当のところはわかりませんが。

ルールその1:何にも言うな。

もちろん泊まり残業の朝帰りタクシー代、自腹。

給料の日割り計算をして、一日の食事代とタクシー代を引いたら赤字だったと思います。

そんなことが度々。

そう言うストレスを全部ブログに書いておけば良かったです。

今、書いていたら思い出しました。

10年も前のことですが。

ブログは内緒が良い

当時、ブログを書いていたこともあったのです。

しかし、あまり具体的なことを書くとまずいと思って、ぼやかして書いていました。

ボヤヤーンと。

知り合いに、当時書いていたブログのことは話していました。

そこからいろいろ情報が漏れるのが嫌で、最終的にブログをやめたと言う経緯。

一年くらいは続いていた?

上司がボヤヤーンとしているなどと書いて、それをご本人が読んだらエライことになるじゃないですか。

やはり、ブログは自分の知人や家族には内緒にしておいたほうが良いです。

ネットサーファー、クビになっても知りません

仕事中でもマーケットは開いています。

職場の目の前のPCで四桁の銘柄コードを打ち込むと、検索結果のトップ、最上部にデカデカとリアルタイムの株価が出てきます。

仕事に関係ないページをクリックして飛ぶ必要なんてありません。

(十分関係ないページ、クリックしているのかも知れませんが。)

職場のガチ・ネットサーファー

当時、ヤフーファイナンスの株価表示が20分遅れからリアルタイムに変更された頃(2011~2012年頃?)だったと思います。

職場のPCで、仕事と全く関係ないページを表示していたのが履歴からバレて、こっぴどく怒られている人がいました。

私も職場のパソコンで、度々ネット上の株価を見ていたことはありました。

しかし、お咎めはなし。

4桁の銘柄コードをグーグルの検索窓に入力して、出て来たトップ画面だけ見るに留めていたおかげか…。

これもけっしておすすめはしません。

職場でそれが見つかって怒鳴られて、左遷とかクビになっても、責任は持てませんので。

ルールその2:トイレから発注してはいけない

ここまで書いたら、いろいろ思い出してきました。

当時、「トイレーダー」と言う言葉がネット上を飛び交いました。

サラリーマンがトイレから株を発注する訳です。

スマホが出てきた頃。

最初、「トイレトレーダー」と言われていたのですが、それがいつのまにか「トイレーダー」になったのです。

どんな「レーダー」だよ、と。

私の仕事はパソコンに数字を入力する機会が結構多かったので、職場のPCで四桁の銘柄コードを入力してリアルタイム株価をチラ見していたとしても、そんなに怪しまれることはありませんでした。

普通はバレる

もちろん仕事上で数字を打ち込むのは、エクセルであったり別のソフトだったので、グーグルの検索窓に四桁の数字を打ち込むのはヘンな行動です。

もちろん気づく人は気づくでしょう。

「こいつのPCの履歴、これ株価見てるんじゃね?」と。

私は履歴やキャッシュも忙しくて消していませんでしたし。

上司もひょっとすると気づいていたかも知れません。

って言うか、気づくでしょ。

履歴・キャッシュ残し放題

システムの担当の人は当然ながら気づいていたでしょう。

そのおかげで“ネットサーフィンの人” はこっぴどく怒られた訳ですから。

仕事中にいろいろな事を検索して調べることは頻繁にあり、「検索しちゃダメ」とは命令できない職場でした。

上司は年齢が一回り上で、その世代はPCやネットが得意な人は少なかったので、ネット上で簡単に株価が見られるとはあまり考えていなかったかも知れません。

まあ、バレていたかも知れませんが、上記のように“ガチの仕事中のネットサーファー” で怒られる人がたまにいたので、全然気にしていませんでした。


広告

何にもない男

余計なことかも知れませんが、職場では株をやっているなどとは言わないほうが良いです。

ロクなことにはなりませんので。

と言うか、職場でなくても実生活上、誰にも言わないほうが良いかもしれません。

無趣味のつまらない男

私はずっと以前より、「趣味は何?」

「あいている時間は何をする?」

と聞かれると「何もない」と答えるようにしています。

言っても何も得しませんから。

「無趣味でつまらない人間」と言うのを定着させておいたほうが良いです。

処世術と言う訳ではありませんが、幅広い趣味なんてアピールしても、プラスに受け取られるのはその場だけのこと。

後々、仕事ができなかったり失敗したら、「趣味ばかりに力を入れて何事だ」的な批判にもつながりかねません。

多才な人ほどそうです。

趣味がなくて不器用でダメな人のことを、正面から批判する人はいません。

逆に多才な人は期待されているだけに叩かれることもあります。

(私はそうではありませんが。)

だんまり戦法

別に自分で楽しくやりたかったら好きにやれば良いだけのこと。

それを職場で吹聴してまわっても意味なし。

職場にもよるし、人にもよるとは思いますが…。

趣味が幅広いおかげで高評価になるのは、入学試験の面接か、入社試験の時?

それ以外で、勝手に好きな「趣味」をやって高評価になると言うのは、よっぼど上司に好かれでもしていない限り無理です。

接待ゴルフは別ですが。

処世術とブログのすすめ

接待ゴルフ、接待麻雀、接待会食だけは別です。

これは趣味じゃなくて仕事の範疇ですから。

しかし、「何遊んでんだよ。」と言われたら終わり。

それは家族でも同じです。

職場でも家でも無趣味でつまらない男。

それで十分です。

そして、株は趣味より下に扱われることがあります。

株は“抜け駆け” 評価

株の印象は、おカネを儲けようとしての“抜け駆け”?

とにかく、プラスには受け取ってもらえません。

これ、長年株をやっている人の半ば常識でもあります。

そして、それが私からのささやかなアドバイスです。

2018年7月、ブログの収入

発表いたします。

何と、ハンバーガーが食べられる値段です。

3時のおやつ代、浮きました。

感謝いたします。

ありがとうございました。

(追記:その後、もう少し金額が上がりました。)

注目記事

ブログ収入おすすめのやり方と株ブログの始め方|こいつのヤバい1年間

投資失敗の原因は?相場の歴史100年と原始時代|ブログ終了確定でしょ?

東京オリンピック日程【チケット購入方法】いつからID登録?3分読了

東京オリンピックチケット購入最前線|実際にID登録申込みしてみた

椅子のギシギシ音の直し方!10分解決潤滑油プシュ!オフィスチェア異音


広告