底を当てる行為の研究

この記事は約5分で読めます。

相場の本質は、底からの脱却であります。

下げの底から抜け出す。

しかし、下落には初めから付き合いたくないものです。

できれば上昇だけに付き合いたい。

なぜ、底に付き合ってしまうのでしょうか。

嫌なんでしょ、なのに、なぜ?

その答えは、人間の心理にあります。

以下、素人の相場感想文につき、信じる・信じないは自己責任であります。

スポンサーリンク

底を当てる図面

相場の底を当てようと思うな。

当方、これを相場の格言とし、みずからを戒める日々。

なぜ、相場の底は当てられないのか。

その答えは、底当てと言う行為が、曲線の中の一点を求める行為だからです。

曲線とは、点の集まりであります。

その集まりの中から、一点を選ぶ。

一点とは、相場の底となる、折り返し地点を意味します。

無限集合の中から、ただ一つの要素を探し求める。

さて、あなたは正しい答えを選べるのですか、と言う問題です。

「下げ止まったら買えばいいんよ。」

そういう声も聞こえます。

しかし、下げ止まるか否かは、後になってみなければわからないのであります。

すなわち、ここが底である、底の一点はこの黒丸の箇所である。

そう断言したところで、その黒丸は、その時点で以下の図の状態に過ぎません。

底と言い張る一点

この黒丸の位置に株価がある時、次の瞬間に進む方向はどちらでしょうか。

それは誰にもわからないのです。

この位置が、どうして下げ止まった場所だとわかるのでしょう。

オレは自信あるんだ。

そううそぶいても、現実は変わりません。

上に行くか・下に行くか、この二者択一を常に突きつけられている。

突きつけられ続けて、疑心暗鬼におちいる。

これが相場の迷宮であります。

迷宮はそこでとどまることを知りません。

にわかに次の問題が頭をもたげてくるのであります。

底当てゲームの連鎖

例えば、押し目買いとは、軽く下げたところを買う行為です。

いわば、小さな底当てゲーム。

もし買ってから下げ続ければ、それは押し目でも何でもなく、単なる下げの初動。

とするなら、押し目買いこそ、底を当てる行為ではないのでしょうか?

押し目買いとはまぎれもなく、

この図の、黒丸の位置で買う行為であります。

にもかかわらず、押し目買いは世に推奨され続けている。

端的に言って、まったくの謎であります。

押し目とは、後から振り返って初めて確認できるに過ぎない。

結果論に過ぎないのであります。

ならどこで買うか

押し目を否定したところで、では一体、どこで買えばいいんだよ、と。

買えないじゃないか、と。

その問いに対する答えは、以下であります。

底を当てずに買う。

底を意識する心理の排除。

底きっかけを求めない。

底から離れる。

となります。

底から離れるとは、はたして何を意味するのでしょうか?

底辺からの離反

当方、相場においては底辺から離反する。

これを最近のモットーとしております。

下ではなく、上で買う。

すなわち、高値を買うのであります。

そうすれば、おのずと底辺から離反できることになります。

では、高値を買って急落したらどうするのか?

それに対する答えは、底を狙って急落したらどうするのか、です。

上で買おうと、下で買おうと、急落に大差はありません。

ナンピンでもしていようものなら、ひどいことになるのみです。

そもそも、なぜそんなに底で買いたいのでしょうか。

底を求める心理は、どこから生まれてくるのでしょうか。

なぜ底を求めるのか

損をしたら困る。

だからこそ底で買いたい。

恐怖心。

これがついつい底を求めてやまない理由であります。

しかし、相場とは厳しいかな、恐怖心を排除したところで、そうやすやすと儲かる代物ではありません。

下で買ったところで、儲かる保証などないのです。

保証などなくとも、とりあえず恐怖心は排斥したい。

これが人間の切なる心情であります。

そんなことを言うなら、あなたは断崖絶壁の上で、平気で歩けるのですか?

高層ビルの屋上の端を、下界を見下ろしながら平気で歩けるのですか?

これに対する答えは、以下であります。

危険の中を歩かないと、儲けるのは難しい。

安全な平地を歩いていて、簡単に儲かるなんてことはないのです、と。

相場の本質

断崖絶壁の旅。

あるとき、自分はその中にいると気付かされる。

相場においては、これが日常茶飯事であります。

しかし、対策を打つことはできます。

高所を歩くなら、命綱をつける。

恐怖心には慣れで対抗する。

そうこうしているうち、あるとき思いのほか、成果が上がる場合もあります。

昨日のPTSがそうでした。

夜場において、40%も値上がりする銘柄を2つも買えました。

ちょっとこれには当方も目を疑いました。

ラッキーであります。

しかし、ロットは小さく、利益額としてはそれほどではありません。

某証券のPTSでは手数料がゼロであり、しかも夜場では現物のみであるため、金利もかかりません。

今回、PTSは注視すべきであると、考えを改めました。

さて、本日の結果は、デイ勝ち・スイング勝ち。

スイングは昨日、ストップ高を買えていましたので、そこそこのギャップアップ。

前場のデイはビビってしまい薄利。

とは言え、デイの利益としては、昨夜PTSの分と合算して10万円程度。

想定の倍くらい行きました。

まあ損する時はそれ以上、平気でやられますので。

損をさせないでほしい。

(悲痛。)

そして、クソ株含み損持ち越し。

断崖絶壁を歩き続けることとなりました。