どこで買うか

この記事は約3分で読めます。

どこで買うか、何を買うか、いつ買うか。

常にこのことを考え、相場に参加するからには悩み続けざるを得ない。

避けては取れない、この悩み。

買いのタイミングは、一言で言うならどうなるのか?

当方の悩んだ末の結論をご紹介いたします。

スポンサーリンク

何を買うか

当方、短期スイング買い持ちにおきましては、素っ高値買い。

これについては、新高値関連ネタとして、すでに一筆啓上いたしました。

素っ高値で買うと決めたとしても、新高値のホントの天井で買うべきなのか、少々の押し目で買うべきなのか、急落の底を狙うべきなのか。

悩ましいところではあります。

しかし、経験則上、急落の底狙いは難しい。

不可能とまでは言いませんが、不用意な忍耐その他によりやられる可能性が結構あります。

底で買った筈なのに、さらにそこから爆下げなんてことも普通にあります。

天井からのチャート崩壊を買うなんて事になりますと、あっという間に大損。

玉を外すに外せなくなってしまいます。

やはり上げている株は、上がっている最中に買いたいところなのであります。

上がっている最中に買えるか

上がっている最中に買うためには、分足において、陽線を確認後に買うのがよろしいかと思われます。

では、陽線を確認後に爆下げをしたらどうするのか?

そう言われますと、当方も立つ瀬がありません。

この見極めが「株が上手い人」「株が下手な人」の分かれ目であります。

ただし、陽線確認後の買い、上がり始めたのを確認してからの買い、これがなかなかに有効との印象は強い。

これは、正直なところであります。

陰線連続で買うべきか、陽線出現後の買いか。

この選択は、とにかくよく考えて取るべき問題ではありますが。

いずれにせよ、買ってからダダ下げを食らった後には、おそらくは高確率で損切りとなるのであります。

素っ高値の損切り

素っ高値買いにおいては、チャート崩壊が最も怖い。

日足の新高値、陽線連続チャートにおいて、いきなり大陰線が出現することがあります。

のみならず、そのままストップ安張り付けなんてことも。

すなわち、高値圏では、チャート崩壊をまともに食らうことになりますと、ほぼ間違いなく命取りとなります。

爆下げを食らったらブン投げ。

これは当然のこととしまして、現実問題、その前に投げなければなりません。

大損を食らう前に損切りをしなければ、それは損切りではなくて、単なる大損となるのであります。

とは言え、大損となる前にカットできたとしても、そこそこ痛い損失となるのは免れ得ません。

買うからには上げてもらわにゃ困るのであります。

そして、大損するまでは粘る。

上がるまでは徹底的にねばる

新高値買いは、常に勝つか負けるかの大勝負です。

下げたら負け。

何としてでも上値で売る。

この一心であります。

であるからこそ、一番強い銘柄を買い持つところではあります。

勝負をしかけるには、それなりの覚悟が必要と言うことになります。

大損と紙一重。

この覚悟なしに高値を買って行くことはできません。

いわば世に言う、値動きノイローゼであります。

当方、何を隠そう、いつもその状態です。

毎日、常にそれ。

さて、先週からの持ち越し株ですが、含み益でポジっていた銘柄は、いきなりギャップダウン。

含みは全て吹っ飛び、速攻損切り。

ぶちギレました。

しかし、ついでにポジった別の素っ高値銘柄がギャップアップ。

意味分かりません、マジで。

これで相殺、トータル微益となりました。

デイも微益。

ただ、非常に危なっかしかった。

1回のデイトレで大損しそうになりました。

命からがらの日々です。