下げ相場でも買う手法

この記事は約5分で読めます。

当方、下げ相場でも買いメイン。

なんでもかんでも買う手法。

そのコンセプトやいかに。

ひと言で言えば、たとえ下げ相場でも上がる、強固な銘柄を買うこと。

あくまで素人の感想であります。

このブログは、感想文集なのであります。

儲かる・儲からないは時の運。

以下、参考になりません事につきまして、あしからずご了承くださいますよう。

スポンサーリンク

下げでも上がる銘柄

相場が下げても、上がる銘柄。

それを買えば、儲かる筈であります。

理屈から言うのであれば。

では、そんなにおいしい銘柄をどうやって探すのか?

その答えは、当方の経験則によりますと、行き過ぎを買うことであります。

上げの行き過ぎ

どんどん上がって陽線出現。

全体相場が下げている時においても、そんな銘柄はたいてい存在します。

そんな時、上げの行き過ぎを狙うのであります。

車は急に止まれない。

図体がデカければデカいほど、そのまま行き続けようとする、これが慣性の力。

もちろん、上げ過ぎた結果、戻ってしまう場合もあります。

そこは注意すべき点です。

損切りを身構えつつ、流れに乗り、ぶち抜ける行き過ぎに乗るのであります。

下げの行き過ぎ

大きく下げて行き過ぎた銘柄。

この場合、一定程度の戻りが期待できる場合があります。

では、下げの行き過ぎとは何か。

バネが引き延ばされ、さらに行き過ぎてぶっ壊れたところであります。

バネが壊れてちぎれて飛んだ。

そこを買うのであります。

そんな時、モクモクと現れる買い勢。

彼らに期待するのであります。

ただしこの手法、リスクはしっかり存在します。

誰も買いに来てくれなければ、リバウンドは来ないのです。

なかなか難しいやり方ですが、そこそこイケる手法ではあります。

手法の矛盾点

上記の2つの手法、実は矛盾しています。

前者は突き抜ける値動きを期待し、後者は戻りを期待する。

突き抜けるのと戻るのでは、正反対の動きであります。

なんと都合の良い。

ここが行き過ぎを狙う際の難しさであります。

しかし、この矛盾点を突破した時、常に買いで攻める手法が完成します。

のみならず、空売り目線についても理解が進んで来るのであります。

買いだけで攻めるメリット

目線が一定化される

相場とは目線を一定化させること。

たとえ空売りをするとしても、目線が安定していないことには、勝ち続けるのは難しいのであります。

ある時には買い目線、またある時には売り目線。

この身代わりの早さ。

相場とは、必ず損をする局面があるものです。

買い・売り混交でトレードしていますと、途中でわけがわからなくなることがあります。

ポジションも複雑・ゴチャゴチャ。

結局、適当に損切りをすることになりかねないのであります。

まず、目線を一定にする。

その後に複雑なトレードを始めても遅くはありません。

多数派の買いに乗る

株式相場においては、買い勢が圧倒的に多い。

空売り勢は少数派であります。

そもそも、空売りの基本として、株を借りて来なければ売りから入ることはできません。

誰かの買いがあってこそ、貸株が存在する。

であるからして、必然的に買い勢が多数を占めると言うことになるのであります。

そして、相場とは多数派の動きを読んでしかるべし。

買いで入るにしても売りから入るにしても、多数派の動きが読めなくては、利益が出ないのであります。

買い勢の研究、この重要性。

逆に言えば、空売り勢の動向を探ったところで、相場を読むことはできないのであります。

買いも空売りも同じ

買い勢の動き、これが相場を決定づけます。

多数派が相場を決めるのであります。

大事なのは相場を読むこと。

買い・売り両方で上手く立ち回るのも結構ですが、相場が読めてこそであります。

どっちに行くかわからないのに、買い・売り両ポジを持つなど、ナンセンスです。

手数料と金利ばかりかさみ、その割には利益が少ないなんてことになりかねません。

買い・売りの双方において、目線にさほどの差は生じません。

複雑なことをやるより、買いだけで利を伸ばし、効率を高めることが先決。

それが当方のコンセプトであります。

ただし、この手法、弱点もしっかり存在します。

買いだけで攻めるデメリット

上記手法の弱点。

それは、値上がり銘柄がなく、下げ過ぎ銘柄もない場合であります。

そんな場合、買いでは攻めるのは難しい。

強い値上がりが存在しない

行き過ぎを狙おうにも値上り銘柄が存在しない。

一応上がってはいるが、じわじわとしか上がっていない。

そんな銘柄ばかりの日が、月に数日はあるものです。

この場合、値上がりの行き過ぎを狙うことは難しくなります。

そこで、休むも相場。

そんな日に限って、値下がり銘柄のほうも冴えないなんてことがあります。

下がるほうも、じわじわとしか下げていないと言うケース。

じわ下げ銘柄しかない

爆下げを買って、戻りを期待したいのに、じわじわ下げる銘柄しかない。

そんな場合はリバウンドを狙うことは難しくなります。

ぶっ壊れて下げ、安くなるからこそ、その後に多数派の買いが入るのです。

リバは爆下げがあるところに発生します。

したがって、この場合も休むも相場となります。

さて、本日のトレードではどうだったのか。

デイ負け、スイング負け。

買い専の悲鳴がギャッと出ました。

スイングでは、昨日引け間際に買った銘柄が、買った途端に10%下落。

その時点で負けが確定していたようなものでした。

適当に戻したところで損切りしましたが。

デイは、普通にいつものやり方で負け。

淡々と損切り。

トータル大負け。

さようなら。

クソ株反撃持ち越し。