買うべきチャートの筆頭とは

この記事は約3分で読めます。

主に短期売買において、買うべきチャートとは、実に単純明快。

それは楽々含み益となり、あっと言う間に利益確定が可能なチャートです。

ザラ場を見回せば、そういうチャートがそこかしこに存在しています。

であるにも関わらず、なぜ私たちは爆損を食らってしまうのでしょうか。

買うべきチャートがわかっていないからです。

買うべきローソク足を絞り込む。

最も気をつけるべきことは、この絞り込み行為なのであります。

スポンサーリンク

爆上げスタート時は必ず

買うべきチャートとは、すなわち陽線。

この確認なくしてトレードに入ることはできません。

陰線で入るのは、いささか効率が悪いのです。

上がっているからこそ、そこに乗る。

それが短期トレードの鉄則です。

なぜ陽線なのか。

陰線ではダメなのか。

そのあたりの無視することのできない諸事情。

それらは以下となります。

爆下げでは陽線が出ない

買いから入ったのに爆下げ。

これこそトレードで最も忌み嫌われる、短期トレードの御法度。

爆下げだけは、何としてでも避けねばなりません。

この爆下げチャートを確認すると、明らかに判ることがあります。

それは、爆下げにおいては、ほぼ必ずと言ってよいほど、陰線が続いてしまうと言う事です。

まあ陽線なんて、そうそう出ません。

長い陰線がどんどん連続します。

陰線が1本出現すれば、次も陰線かも知れないのに、なぜそこを買うのでしょうか。

そのうち絶対上がると言う確信がない限り、インしてはいけないローソク足、それが陰線です。

素直に陽線のあるところにインすれば良いのであります。

陽線連続で勝ち

買いで入る限り、陽線が連続すれば、まず勝つことができます。

たまたまタイミングが悪く、陽線の中の下げで損切りを迫られる場合もあります。

それを防ぐためには、買いを数回に分け、分散させればよろし。

その上で陽線が連続しているにも関わらず、損をすると言うのは逆に難しい。

すなわち、相場と言うものは、陽線連続をゲットするための戦いです。

陽連チャートこそ聖杯。

では、その陽連チャートにどのようにアクセスし、利益をもぎ取れば良いのでしょうか。

スタート地点はどこ?

スタートを決めるファクター

スタートを決める重要ファクターとは何か?

このことを長らく考え続けてきました。

利益へのスタートライン。

それは、一言で言えば以下となります。

陽線連続のチャートにおいて、スタート地点には必ず陽線が存在します。

ロウソク足において、分足、日足、週足、どのチャートを見る場合においても、もし陽線が連続するのであれば、最初に必ず陽線が出現しているのであります。

すなわち、冒頭で述べたことが結論となります。

にも関わらず、なぜ私たちは陰線のチャートにインするのでしょうか。

人間の心理とは不可思議です。

そして、陽線連続チャートにインすることができた時、初めて楽勝のトレードを手にすることができます。

陽連チャートでは、ほとんど悩む必要がありません。

次から次へと買いが入ってきます。

あっと言う間に利益確定。

これホント。

さて、本日のトレードにおいては、30万暴威として、爆損の傷が癒えぬまま。

ワンショット極小。

にも関わらず、陽線連続チャートに次々インすることができました。

ラッキーです。

損切りもあるにはありましたが。

デイトレ損益は+0.8万円。

こんなんでは爆損が取り返せませんが、勝てたこと、それも楽勝に近いストレスフリーなデイ。

それがほとんでであったため、良しとさせていただきます。