鉄の握力投資法

鉄の握力投資法

ナンピン買い下がりをしがちな最後尾ランナーの焦りから脱却する方法

ナンピンとは買い付け単価を下げつつ買い下がる手法。含み損を耐える方法ですので、おすすめできる投資法ではありません。買い単価が下がると言っても限度があり、最終的には大きな含み損となるケースが多いです。損切りするか、そのまま塩漬けかの二択に迫られます。
2020.03.03
鉄の握力投資法

日に3度行って来いのトレードに誘引される原因|相場の中の人の意図

スキャルピングのつもりが瞬時に含み損、儲けるつもりが"行って来い"。株のトレードは常に思惑とは裏腹になりがち。初心者でも株歴長くとも忍耐で相場に対抗しがちです。運を味方につけ、無駄なトレード減らすこと。その重要性を再認識せざるを得ません。
2020.03.03
鉄の握力投資法

ナンピン計算押し目狙い|2倍買い増しのトンデモ恐怖がわいらを襲う

ナンピン計算、押し目買いについてまとめました。押し目買いは計画的にする必要ありです。いつの間にか“倍ナンピン” 、その場合、そもそも買いのタイミングが間違えているのかも。“ポンコツナンピン計算機” に陥らないよう、買い増し計算は慎重にする必要があります。
2020.03.03
鉄の握力投資法

行って来いを耐えるコツの実況中継|含み損が辛くて相場が張れるかよ

デイトレの含み損がつらい場合の対処法。“つらい”感情を分析すると、目の前の含み損が現実のものとなることに耐えられない訳です。戻るとわかっていればつらくはありません。戻っても戻らなくてもどちらでも良ければ、そのような抵抗感は感じませんので。
2020.02.24
鉄の握力投資法

値動きが激しい株に寄り添った結果!図解私のイン・アウトのポイント

値動きの大きい株にインすると、あと一歩と言うところでチャンスを逃す機会が増えます。そうすると、次はそのチャンスを手にしようとして、さらに変動が激しい株を求めるようになる訳です。これは相場の中で無限に増幅される写像、フラクタル構造のようなものです。
2020.02.24
鉄の握力投資法

株の専門用語「やれやれ売り」の詳細解説と株を持ち越してしまう理由

株を握力で持ち続けることの重圧。トレードの一大テーマではあります。重圧を感じると言うことは、売買のマシーンになり切れていないと言うこと。まだまだ甘い。結果が“やれやれ売り” になることも多く、ノーポジでいるかインするかの見極めが大切になります。
2020.02.23
鉄の握力投資法

相場の魔力に取りつかれたら握力勝負で食らいつき逆に聞いてみる手法

株を始めた当初、意味もわからず大型株でデイトレをしたこともあります。今では気づくと売買代金の膨らんだ値動きの大きい銘柄に吸い寄せられています。そこで“鉄の握力”で耐える訳です。狼狽しそうになっても“トレードの機械”になり切り、耐えると言うことです。
2020.02.23
鉄の握力投資法

イナゴによる滞空時間を伸ばすスキャルピングによる王宮の芝への飛翔

イナゴスキャルピングで芝生の背丈を飛び越えるのにも苦労しているようでは、状況は打開できません。滞空時間を延ばし、値幅を取る必要があります。さもなければ、イナゴの寿命が尽き、芝生とともに枯れ葉に化す結果となります。トレードとは時間との闘いでもある訳です。
2020.02.23
鉄の握力投資法

イナゴによる鉄の握力で明日への希望をつかむ方法の実体験および検証

つかんだら放さない。鉄の握力で勝負をかけました。その間にも東邦金属やシンワワイズの急騰に乗り、何とか利益を出そうとあがきました。しかし、損をしないだけで精一杯。握力で長時間持越した結果やいかに。その結果が以下です。図解しました。ご覧ください。
2020.02.23
鉄の握力投資法

スイング手法は鉄の握力?S高狙いの安値投げで損切り狼狽売りの恐怖

鉄の握力と迷いで頭が埋め尽くされる。利益確定と損切りで自問自答。握力の才能、それは言いかえれば迷いに対するストレス耐性。重圧を何とも思わない、異常なまでの忍耐力が必要なのかも知れません。損失を出したくない、そんな葛藤には1円の価値もないのかも…。
2020.02.21