鉄の握力投資法

鉄の握力投資法

システム障害があった時に取るべき行動|過去の事例から考えてみると

システム障害後の対応まとめ。 何事もコストパフォーマンスを考えた行動を取る必要があります。 一番良いのは災難に巻き込まれないこと。 事後対応で報酬が出る訳ではありません。 何事もなく無事に過ごせるのがベスト。 ...
鉄の握力投資法

システム障害で株が売れない!とんでもない恐怖の儀式に突合わされる

2019年10月9日に株式市場を襲ったシステム障害についてまとめました。 朝方からの障害を受け下がり続ける相場。 持ち株を売れないまま一日を過ごし、ようやく損切りができたのは翌日です。 その間、発注システムがどうなっていた...
鉄の握力投資法

ストップ安の値動き研究法|手出し無用の難解トレードにインすべきか

ストップ安と言う名のとんでもない恐怖。 いったんハマったら無傷で逃げだすことは難しい究極下げ。 見方を変えればこのS安の恐怖も、相場の経験則を増やす良い機会ではあります。 ピンチ脱出の知恵は相場のアリ地獄にある? ト...
鉄の握力投資法

百分率で見る日経平均の値動き目安一覧|全体相場のボラを頭に入れる

目先の値動きにこだわりがちなデイトレーダー。 しかし、全体相場は切っても切れない個別銘柄です。 全体相場と個別株についてまとめました。 日経平均株価の値動きの目安 一昨日の営業日8/10、昨日営業日8/13と日経平均は明...
鉄の握力投資法

最近の相場における私の判断方法|ど素人が日経平均を追いかける手法

ある人は買い、ある人は売る。 それが相場の掟。 買い手と売り手が相互に握手を交わすこと。 それが相場の基本的な性質。 いずれか一方では成り立ちません。 これが売り時・買い時の判断の難しさにつながります。 ...
鉄の握力投資法

株の時間軸をめぐる短期売買主義者の考え方とそれを実行する為の知識

株に一喜一憂することのデメリット。 長期か短期か、株に取り組む時間軸は重要な要素です。 超短期売買にいそしむ筆者の正直な感想。 それは超長期投資の優位性。 株の売買とストレス 短期の株価の上下動に一喜一憂。 ...
鉄の握力投資法

株で上手くやるために最も必要なこと|失敗繰り返さずパンツ忘れずに

握力の維持には限度があります。 無駄なインは極力避け、握力を支える気合いを維持したいところ。 そして押し目でのタイミング見極め。 その正確性が気合いの維持にも寄与します。 インする前から勝負は始まっています。 ...
鉄の握力投資法

ナンピン買い下がりをしがちな最後尾ランナーの焦りから脱却する方法

ナンピンとは買い付け単価を下げつつ買い下がる手法。含み損を耐える方法ですので、おすすめできる投資法ではありません。買い単価が下がると言っても限度があり、最終的には大きな含み損となるケースが多いです。損切りするか、そのまま塩漬けかの二択に迫られます。
鉄の握力投資法

日に3度行って来いのトレードに誘引される原因|相場の中の人の意図

スキャルピングのつもりが瞬時に含み損、儲けるつもりが"行って来い"。株のトレードは常に思惑とは裏腹になりがち。初心者でも株歴長くとも忍耐で相場に対抗しがちです。運を味方につけ、無駄なトレード減らすこと。その重要性を再認識せざるを得ません。
鉄の握力投資法

ナンピン計算押し目狙い|2倍買い増しのトンデモ恐怖がわいらを襲う

ナンピン計算、押し目買いについてまとめました。押し目買いは計画的にする必要ありです。いつの間にか“倍ナンピン” 、その場合、そもそも買いのタイミングが間違えているのかも。“ポンコツナンピン計算機” に陥らないよう、買い増し計算は慎重にする必要があります。