鉄の握力投資法

鉄の握力投資法

手法の根幹は売り時|地合いと言う名の不確定要素と戦った結果が凄い

含み益が絵に描いた餅で終わるか、実際に利益確定できるかはスイングトレードにおいて大問題。手法の根幹に“売り時”をどうするかが関わってきます。そこに地合いと言う不確定事項が加わりますので、トレードする者の采配と全体相場とのせめぎ合いです。
鉄の握力投資法

スイング手法は鉄の握力?S高狙いの安値投げで損切り狼狽売りの恐怖

鉄の握力と迷いで頭が埋め尽くされる。利益確定と損切りで自問自答。握力の才能、それは言いかえれば迷いに対するストレス耐性。重圧を何とも思わない、異常なまでの忍耐力が必要なのかも知れません。損失を出したくない、そんな葛藤には1円の価値もないのかも…。
鉄の握力投資法

日経レバETFを使って裁定取引|想定外のアービトラージは存在した

日経レバETFと空売りを上手く使いデイトレードあるいはスイングトレード。デイトレブログとしても見逃していた賢い手法。資金が小さくては真似できないですが。視野を広くもち情報収集に力を入れることの重要性を感じました。トレードももう少し引っ張るべきだったか…。
鉄の握力投資法

裸が怖くて日経レバETFとオプションでガチャガチャやりまくる結果

日経レバETFで空売りを開始。デイトレ軟調。売り目線の中、ブログ継続をかけ下を予想も、不透明感が否めません。主力株、日経レバは小型株に比べ空売りでインしやすい。あくまで私の場合。レバレッジをかけなければ。問題はデイその他、別々の戦略で相互に補えるかです。
鉄の握力投資法

運とイカサマにまつわる株トレードの方法論|無作為の公平性について

主力株の空売りを始めてみたのですが、このまま下降相場となるでしょうか。全体の空売り比率は少なくないと思いますので、逆に動かれると大変。リスクヘッジが求められるところですが、私はあくまで運頼み。当面はこのまま運で利益確定まで持ち込みたいと思います。
鉄の握力投資法

株暴落vsスキャルピング|ルールを守ってリスクを回避するべき理由

デイトレの撤退時刻は10時。 これ大事な私のルール。 トレードの極意はルールの遵守。 損切りと並んで上達のポイントです。 欲を克服しないと、つられてルールを破り、最終的に株式投資そのものから撤退せざるを得なくなります...
鉄の握力投資法

ストップ安売れない!どうする翌日ガンジガラメ!株取引“退場”張付け刑

ストップ安からのデイトレで何とか買いでリバウンドを取れたものの、逆張り癖で躊躇もなく反発狙いの手が出てしまいました。S安張り付けガンジガラメ。次の日どうします?S安2連もあり得ます。初心者にはけっしておすすめできない取引の代表。コツコツドカンの見本。