爆下げ時の記事

爆下げ時の記事

株の練習4つの基本|ポンコツ車でサーキットを周回する男!ダメ絶対!

ブレーキ・アクセル・ハンドル操作。車の知識に交通法規、道路情報。何が欠けてもリスクが発生します。まずは焦らず、株式投資の運転技術を身につけるほかありません。いつ何時、どこから危険が襲ってくるかは誰にもわかりません。それを避けるための心構えをまとめました。
2019.12.14
爆下げ時の記事

直近40年の株暴落代表例6選|これで株初心者も下げ相場が恐くない

下げ相場と言えば、毎年のようにある株式市場の恒例行事。これを制さずして株式投資での成功はあり得ません。過去のとんでもないショック相場を振り返り、今後のトレードに生かしたいところです。代表的な株の暴落と壊滅的な危機が発生した期間を株取引目線で振り返ります。
2019.12.14
爆下げ時の記事

デイトレに移行する理由|4営業日連続でこんな目に合ったらあなたは

長く株を続ければ続けるほど陥りがちな心理。良く言えば慎重、悪く言えばビビり癖。気づいたらそうなっていた。株の世界ではよくあるパターンです。中長期投資で食らった株価急落。爆下げによる影響はトレード手法そのものを変えます。そんな私の経験をご紹介します。
2019.12.14
爆下げ時の記事

値動きが激しくなる理由「短期筋は気に食わないから葬れ」の間違い

なぜ株の値動きは大きくなるのでしょうか?株価変動の振れ幅は大きくなったり小さくなったりを繰り返します。究極の爆下げだけは食らいたくないものです。「短期筋のせいだ。彼らが値動きを大きくする」と言う意見。本当にそうでしょうか?ここは科学的に考えたい所です。
2019.12.14
爆下げ時の記事

大損?ストップ高銘柄で取り返すしかないよね?その手法に至る思考法

大損こいたら取り返すしかありません。できるだけ早期に。そのリベンジとして代表格の手法。ストップ高狙い。何度食らってもまたここに戻ってきます。それがデイトレーダーの常。退場の恐怖と戦いつつその手練手管を探るしか生き残りの方策はないのかも知れません。
2019.12.14
爆下げ時の記事

株式投資の資金運用|0を増やし一人前になる法|30万暴威のすすめ

30万円の資金でトレードするか?それとも3000万円か?トレードの巧拙により結果は大きく変わります。信用取引に関する規制緩和のおかげで、30万暴威があながち不利であるとは断言できない状況も。小額資金が必ずしもディスられるとは限らない時代の到来です。
2019.12.14
爆下げ時の記事

私の単純な株式投資のやり方|相場判定法とシンプルなトレード手法

単純な考え方と手順で株式投資を行う私の方法をご紹介します。これで全体相場の雰囲気については大まかに捉えることができます。その先は各自の工夫と研究次第。あくまで個人投資家は自分のやり方で自己責任のもと相場を張る、それが基本となります。ご健闘を祈ります。
2019.12.14
爆下げ時の記事

カルロスゴーンの件でMr. ビーン株急騰|想定外の渋い男マジかコレ

カルロスゴーン氏逮捕で一瞬どよめいた東京市場。その影響は思いのほか少なく見えました。直後に注目されたミスタービーン。イギリスのコメディアン、ローワン・アトキンソン氏演ずるキャラクター。顔が似ているだけでツイッターで取り上げられるとは喜ぶべきか否か?
2019.12.13
爆下げ時の記事

米国中間選挙と日経平均株価リバウンドの相関性|4つのアノマリー確認?

アメリカ株と日本株の相関アノマリー。米国中間選挙との関連性。10年分のデータを振り返ると4つの結論らしきものが浮かび上がります。株式投資で成功率を上げるには、過去の例をまとめる事が必要。これらの数値から何が読み取れるのでしょうか。ご判断は自己責任で。
2019.12.13
爆下げ時の記事

株式情報をネットであさって白目をむく7つの理由|リバ狙いあるある

株式情報をネットで検索し思わず白目をむく理由。爆下げのリバウンド狙いに吸い込まれてしまう癖。株のあるあるです。おそらく多くの人がハマりがちであろう株の罠。労多くして益少ない行動パターン。わかっていてもなかなかやめられないトレードをご紹介いたします。
2019.12.13