利益が出た日こそ抑えることの重要性

この記事は約4分で読めます。

当方、スイングで利益が出た日、とあるルールを自分に課しています。

長らく相場で損をぶっこいた末、必要に迫られて設定したルールであります。

下手くそだからこそ、やむなく掲げたお題目。

守れない時もあります。

何度後悔したことか。

なぜそんなルールを設定しているか、その意図を以下、まとめました。

これは当方独自のルールであり、人様には必ずしも推奨ならざることをここに明記致します。

相場の一寸先は闇なのですから。

スポンサーリンク

利益が出た日のパターン

当方、利益が出た日に限ってやられる。

やられまくって利益を失くした上に、爆損。

そんな経験を数限りなく繰り返してきました。

相場において、後悔ほど役に立たないものはないのです。

思わぬ利益が出た日には、自重しなければならない。

これが当方のパターンであります。

相場が首尾よく当方の思惑通りに動いた。

ここは一つ、さらに玉を入れて…などと、ヘンな欲を出してはいけないのであります。

調子に乗って追撃買いをしない。

これが当方の大切なお題目であります。

不思議にギャップ下げする銘柄

ザラ場を見れば、相場全体がギャップ上げしているにも関わらず、ギャップダウンしている銘柄も、少なくはありません。

小型株など、探せばそのパターンは随所にあります。

値動きを追えば追うほど、理不尽な目に合う機会は増えるのです。

相場が上がっているのに、損をしている。

そんな経験、数限りなく。

であるからして、利食い千人力。

千人の力があってこそ、利益が出る。

ここは一つ、利益を温存し、けっして余計なトレードをしない。

ぐいぐい来た日にはそれが大事であると。

さて、本日のトレードですが、前場のデイについてはノートレ。

後場、S高狙いで負け。

こんな日に利益を削るようでは、相場のアリ地獄から脱出することなど、できません。

十分過ぎるくらいに自重したつもりでしたが。

今日のザラ場を振り返れば、やはり本日、王道の銘柄にキテいたとは言うものの。

派手な値がさ株の値動きに目を取られていた当方。

前場、インしていればそこで、奇怪な値動きに巻き込まれ、やられていた可能性、無きにしもあらず。

はやる気持ちを抑えにおさえ、スイング利益、思ったほどではないにしても、とりあえず温存しました。

追撃買い自重管理法

上がる株こそさらにグイグイ上がる。

これが相場の常とは言え、そう易々と欲しい値動きは手に入りません。

タイミング、それが全て。

ですから、追撃買いを入れるにしても、徹底した自重管理。

長年に渡り、失敗を繰り返してきた当方の経験則であります。

相場が上がったら手を出すな、と。

そう自分に言いきかせつつ、すなわち、スイング利益の希少性。

これを不意にしてはなりません。

では、いつ追撃買いをするのか?

相場のサプライズ上げルール

相場がサプライズ上げした日には、後場までノートレ。

当方、そんなルール。

たしかに、相場が上がった日、寄りから上げていく銘柄はいくらでもあります。

しかし、それを狙って虎の子の利益を不意にした経験など、星の数ほどある。

スイング持ち越しは、あまたの損切りの上に成り立っています。

ぶっちゃけデイより分厚く負ける、それがスイングです。

であるからして、13時半まで様子見。

追撃買いをするなら、そこからでも遅くはない。

本日、なぜ相場は上がったのか?

相場の予想はできない

今回、菅首相が総裁選において、立候補しない旨を発表したことをきっかけに、先物はぶち上げを開始しました。

先週末、金曜のことです。

なぜブチ上がったのかは、当方にはわかりません。

しょせん、爆上げの理由など後付けに過ぎない。

逆に、下がった可能性もあるのです。

相場において、材料などと言うものは、その程度に過ぎません。

何かの歯車が偶然噛み合い、上げたまで。

昨日、日曜の夜には、他にも気になる情報が出ました。

総裁選の候補者である高市氏が、金融税制について、とある意図を表明していると。

何だか、雲行が怪しいと感じたのは当方だけではないでしょう。

相場なんて、一寸先は闇。

何かのきっかけで思わぬ方向に進む場合も、多いにあり得るのであります。

とりあえず、全体的に主力に来ている感じはありますな。

後場まで相場の動きをしっかり確認し、主力の海運持ち越し。

その他クソ株買い。

上げた株はアホみたいに上がる。

当方の自分流相場格言。

上がんのかあ?

明日寄り付きのギャップアップを祈っている次第であります。