ブログに音楽を含むユーチューブ動画を埋め込む場合 法的にグレーな件

この記事は約4分で読めます。

ユーチューブ動画をブログに埋め込む場合の問題点をまとめました。

技術的には簡単に動画を載せられる時代。

しかし難しいのは法律問題。

動画の著作権とは別に、音楽に関する権利も関係します。

単に歌を歌っているだけの動画が、音楽としての権利問題に発展する場合も。



ユーチューブをブログに埋め込んだら法律問題に…?

ブログにユーチューブのクリスマスソングを埋め込み、キラキラブログにしてみようと…。

赤いサンタの服に白鬚(しろひげ)をたくわえて、インターネットと言う名のトナカイのソリに乗り、「Ho, Ho, Ho」と声をあげながら。

ところがです。

ブログにユーチューブの音楽を埋め込む行為、これには著作権その他の問題が絡みます。

いろいろなケースがあって一概には言えない法律問題。

ユーチューブの埋め込み設定が、限りなくグレーに近い行為になる場合も。

ユーチューブ動画をブログに埋め込むのはOKの筈だが

ブログを運営している身としては、華やかなサイトが憧れ。

文章だけでなく、見栄えや体裁にこだわるのも人情。

視覚的要素は大事ですから。

例えば、駅までの道筋を言葉だけで伝えるように言われても、それが出来る人はほとんどいません。

「自分は言葉だけで伝えられる」と主張される方。

そんな方がいらっしゃったとしても、実際には正確に伝わっていない場合も少なくありません。

現実は、ビジュアルに訴えるのが早いです。

無理矢理言葉だけで説明した結果、空回りになる恐さ。

視覚的な要素は目、聴覚的な要素は耳に、直接訴えかけるのが一番。

当然ながら、聴覚に訴えるために、ブログ内に何らかの“音” の仕掛けを入れたい場合もあります。

当ブログでも、ユーチューブの音楽動画埋め込みを考えたこともありました。


広告

ユーチューブの音楽を埋め込むブログは多い

埋め込みコードを使って動画を共有することについては、一般に問題はないとされています。

しかし、無条件にやって良いと言う意味ではなく、いろいろな制約があります。

“問題がある場合を除き” OKと言うに過ぎません。

なぜ“音楽を含む” 動画について神経質になるか?

例えば、厳密なことを言えば、ユーチューバーの人が歌を歌っている動画をアップロードする場合。

その歌の著作権が問題となる場合も有り得ます。

歌を歌っているだけなのに問題になる場合があるとは、厳しいお話です。

その動画をブログで紹介したらどうなるでしょうか。

ユーチューバ―とブロガー

歌で問題が出て来るなら、当然楽器をひいている場合も無関係とは言えません。

動画内で使用しているバックグラウンドミュージックも。

音楽をBGMとして流しているユーチューブ動画は、非常に多いです。

そのユーチューブ動画を、埋め込みコードを使ってブログに載せた場合。

ブログ作成者の側にまで問題が波及してくる場合がないとは言えません。

ややこしいお話です。

ブログへのユーチューブ動画(音楽あり)埋め込みは、かなわぬ恋なのかも?


広告

ユーチューブ・サンタクロースの挫折

クリスマスにあっては、インターネットはトナカイのソリ。

ブログと言う名の煙突を降りて、クリスマスソングをプレゼント。

このサンタクロースの夢は、はかなくも破れました。

ユーチューバーがただ単に歌を歌ったり、楽器を弾いたりしているだけの動画。

それも含め音楽が関わるユーチューブの動画埋め込みはグレー。

表現の自由とは、憲法にまで規定される重要な権利ですが、一筋縄では上手くいきません。

ネット上のサンタクロースが匙(さじ)を投げざるを得ない格好となりました。


広告