ナノ秒アルゴを追いかけ株の損切りで1日が終わる男のアドバイスとは

この記事は約4分で読めます。

株を始める初心者の方には、このような株損失ブログが参考になるかどうか、わかりません。

株と言うのはおそらく9割の人がこんな雰囲気で、残りの1割が大儲けしている、その可能性は結構あるかも知れません。

実態をよくお調べになることは悪くないことだと思います。

損失3万円のプレッシャー

前場、昨日からの持越株はそれなりにギャップアップしたものの、寄り付き直後に大きい損切りがあり、帳消しにしてくれました。

またもや苦しいスタート。

損切り額と含み損を合わせると、本日はマイナスで終わる可能性が濃厚。

-2~3万円くらいで。

ビビりながらの早売りを何度となく繰り返しましたが、なかなか損を戻せません。

毎度のことなのですが、慣れると言うよりは惰性で忍耐している状態。

とにかく含み損になってしまいます。

丸ごとフル損切り&デリートの恐怖

1回のトレードであっという間に含み損1万円。

トータル損益-2万円で、合計したらどうなるのかと。

利確のほうは、+189円、+189円…、こんな感じです。

毎日が1コイン・デイ。

前引け間際には、トータル損益+7000円くらいまで戻しましたが、デイ自体の損益はマイナスのまま。

全くもってこんなんではダメ。

いずれ大損するのがわかっているのに。

私の場合、「肉を切らせて骨を断つ」ではなくて、「全部丸ごと自分がカット」されることがありますから。

毎度ハマグリのように黙って忍耐。

東証1部主力の空売りが最近の得意技

後場寄り直後にユニ・チャームと帝人が上がりました。

帝人でイナゴ・スキャルピング、これまた微益。

例によって最小ティック2円抜きと言うセコさで、全くトータル損益には寄与せず。

その後も良い銘柄が見つからず、焦ってインした銘柄で何度も含み損。

ツラくて仕方がありません。

新興株はイマイチ流行っておらず、出来高が薄すぎて入りにくいのが多い。

せっかく持越株できれいに利益が出たのに、いつまでたっても損益がマイナス。

まあ、良くあることですが…。

秒速で1日が終わる男

多少、損失を取り返した頃には、大引けも見えてきて、今日もあっという間に一日が終わる。

これ、サラリーマンをしていた時と比べてどっちがラクなんだろうか。

拘束時間は短いけれど、胃がキリキリするのはどっちもいい勝負。

株の短期売買は、孤独が向かない人は厳しいかも…。

誰も助けてくれませんから。

そうしているうちにトヨタが普段ではありえない吹き上げ。

決算?とりあえず想定利幅を多少広げて、空売りで3円ずつ抜こうとしたら、2回インしたところで急に膠着し始め、ものの数秒でインできなくなりました。

一応、板の動きを見て判断していますから。

手動スタンバイではナノ秒に対抗できない

インする前に数分くらいモタモタしていますから、勝負は私が発注を出す前におそらく終わっているのでしょう。

漁夫の利どころか、漁夫の残したハマグリすら拾えません。

やはりこういう大型主力は「アルゴ」の独壇場じゃないでしょうか。

数秒のうちに1000回くらい3円抜きをやっていそうです。

100株×3円×1000回で、30万か。

悪くないですね。

私のトヨタでの利益は360円が2回。

売りで3円下に返済買いを出したのに、それ以上の値幅で返済買い出来ています。

何が起こっているのでしょうか。

目には全く見えませんでしたが…。

目にも止まらぬアルゴにイナゴが対抗。

大型主力より小型にインしたい

13時半以降、軽量小型の急騰銘柄がいくつか出始めましたが、どれも板がスカスカ過ぎてインしづらく気が気じゃないトレードを繰り返しました。

今日は帝人とトヨタの空売りで数百円分利益を出した以外は、全部苦労しました。

振り返ると、大き目の損切りの1回以外は、いつものような取引でした。

トータル勝ちですので、満足せざるを得ません。

今後もこのペースで行ければ御の字なのかも知れません。

新興株がもっと盛り上がることに期待したいです。