スイングの常套手段

この記事は約4分で読めます。

当方のスイングトレードにおいて、常套手段は上がる銘柄を全て買うこと。

マーケットの中で、もっとも上がりそうな株を買うのであります。

もっとも上がりそうな株とは、必ずしも派手な値動きの株とは限りません。

地味な目立たない株でも、平気で数パーセント程度は値上がりするものであります。

平気で数パーセント動く銘柄の最有力候補を、全銘柄から抽出する。

すなわち、その方法論を常に研究していなければなりません。

思いの全ては、以下のとおりであります。

スポンサーリンク

最も上がりそうとは

値動きには、上げ、下げ、ジグザグの3種類しかありません。

ジグザグとは、上げと下げの組み合わせ。

従って、究極的には上げと下げの2種類しかないとも言えます。

すなわち、最も上がりそうな銘柄とは

  • 上げの後にさらに上げが来るか
  • 下げの後に折り返して上がるか

の2種類となります。

これを一般に

  • 順張り
  • 逆張り

と呼ぶこともあります。

ここで気づくことは、逆張りとは、折り返す必要があると言うこと。

すなわち、値動きにおける工程が一手間多いのであります。

これが順張りより逆張りが難しい理由となります。

であるからして、最も上がりそうな銘柄とは、上げの後にさらに上げが来るパターン。

その次に、下げの後の折り返すパターンとなります。

ジグザグはこの混合組み合わせパターン。

従って、やや上級者向けであります。

いずれにしても、注意すべきは下げたら仕舞い、と言うことです。

下げたら仕舞い

下げたところから耐え抜いて、ナンピン買いで生き残る。

この手法は、やればやるほどリスクが高まっていく、かなり難易度の高い手法です。

難易度が高いにも関わらず、そこそこ勝率は高い。

しかるにこの手筋から抜けられず、いつか大きくやられるまで続けてしまう、なんてことにもなりかねません。

すなわち、下げたら手仕舞い、ぶん投げる。

当方、この手筋を非常に重視しております。

損切りが出来ずにいつまでも勝ちにこだわる精神。

これが、かえって勝利から遠ざかる要因となります。

そんなことに忍耐力を発揮させるくらいであれば、さっさと降りて、値動きのデータについて研究する時間を取った方がマシであります。

複雑怪奇なジグザグの謎を解き明かすために。

ジグザグを取る

ジグザグの中の数%の値上がりを覚えておく。

これは大事なポイントとなります。

ジグザグの規則性。

まだ誰も気づいていない規則性を探すのであります。

そして、それを日課とする。

忍耐力はこちらに使うべきであります。

複雑怪奇な値動きを、多くの人はあきらめています。

ここじゃ取れない、と。

ところが、ジグザグの中に突如として、ぶっ飛び上げが出現する場合も少なくありません。

ここで取れれば鬼に金棒であります。

すなわち、ぶっ飛び上げを全て調べていく。

ぶっ飛び狙い

日々、ぶっ飛び上げを演じてくれる銘柄はいくつもあります。

これを調べずして、他を調べる理由はありません。

値幅を取ることこそ、スイングトレードの要諦であり、ひいては相場の最大目標であります。

この最大目標を脇に置いて、スキャルピングに徹するなど、愚の骨頂。

当方の場合、その愚の骨頂を長らく実践してまいりました。

スキャはいくらやっても、トータルで勝てなかったよ、と。

結論として、スキャよりスイングであると。

スキャでぶっ飛び狙いは難しい。

ぶっ飛び上げの中で、細かくスキャるのかな?

それでは効率悪いのではないかな?と。

そして、危なければヘッジをする他ないのであります。

ヘッジ

当方、ヘッジは原則やりません。

片張り専門であります。

しかし、例外はあります。

相場がおそろしく読めず、その状態が比較的長く続きそうな時であります。

例えば、某国でアレが始まった時。

かの国は誰かさんの意向でどちらに動くかが決まってしまう。

個人一人の意向を読むのは、多数の心理を読むのより遥かに難しい。

そして、個人で動かしている怪しげな株より、参加者の多い出来高満載の株の方がやりやすいのであります。

相場も現実社会も同じであります。

しかるに、ここでオプションでのヘッジをすることとなります。

最悪の嫌なアレ

さて、本日のトレードは、デイなし・スイング勝ち。

さすがにそろそろ勝てないと、相場をやる意味がありません。

従って、このくらいの勝ちは当然であります。

持ち株全てが値上がりしてくれました。

それにしても、相場の先行きが読めません。

かの支配者の心理など、読めたものではないのであります。

最悪の事態もあり得るよ、と。

最悪の事態が発生したら、プットのヘッジで助かる。

実に嫌な時代に突入してしまいました。

プット玉、アレな株、いろいろ買い持ち。

つれー。