全勝に持ち込む方法

この記事は約3分で読めます。

完ぺきなトレードなどと言ったものは存在しない。

完ぺきな退場が存在しないようにね。

相場の女神は私にそう教えてくれました。

ただし、私はそこであきらめない。

女神さんに挑戦をいたします。

そのコンセプトは以下。

トレード必勝法です。

スポンサーリンク

前提条件

全勝、すなわち「100%勝ち」に持ち込むためには、その前提条件として、もともと勝率の高いトレードをしていなければなりません。

勝率が5割なのに、それを全勝にしよう等は夢物語。

ある程度の勝率の高さがあってこそ、それを底上げし、全勝に持ち込むことができます。

勝率9割ならば、何かの間違いで10割にまで持ち込むことができそうじゃないですか。

つまり、偶然性を味方につける必要があります。

世の中において全勝とは、奇跡みたいなもので、本来ありえません。

ありえないものを手に入れるには運しかないのです。

そして、勝率9割の人が全勝、すなわち勝率10割にするためには、10回中1回の負けを排除する必要があります。

9勝1敗の1を待つ

勝ちを◯、負けを×とし、9勝1敗を視覚化しますと、例えば以下のようになります。









×

この例ですと、合計10回の試行回数のうち、負けは9回目に登場。

負けの1回は、どこで登場するかはわかりません。

ただ、いつも平均的に9勝1敗なのであれば、10回のうち1回が負け。

この負けの1回を待ち、その直後からインすれば、全勝に持ち込めるような気がしますが、いかがでしょうか。

すなわち、勝つために負けを待つのです。

全勝のための「負け待ち」

負けを待ち、その直後にインする。

そこからトレードに参加するのです。

「負けトレード」に実弾は投入せず、見送ります。

以降、実際にインし、勝ちが続いたところで早めに勝負を降ります。

その後は再び「負け待ち」。

同じことを繰り返します。

負けをパスし、廃除するために負けを待つ。

このアイデア、相場格言である「休むも相場」からヒントを得ています。

と言うより、「休むも相場」そのものかも知れません。

負けを待ち、そのトレードを休むことによって、運が良ければ全勝に持ち込むことができる。

あくまで、運が良ければ、ですが。

運を味方につける

負けが込んできますと、この手法は使えません。

あくまで元々の高勝率が必要です。

相場を休む・見送ることによって運を味方に呼び寄せ、全勝に持ち込む。

パーフェクトな全勝、そこに何とか近づきたい。

本日もそんな気持ちで相場に向かいました。

そして、デイトレの結果は損益+0.9万円。

おい!

全勝でこれかよ?

どうしたん?

実は「あと1分待ってりゃ利確」と言うトレードが連発。

利確できそうなのに損切り。

そりゃそうです。

1分たりとも待っていられません。

待ったおかげで爆損する可能性もあるのだから。

そんな感じで、全勝には全く手が届かず。

残念ながら相場の女神への挑戦は、机上の空論でした。

トレード銘柄数4、損切り1、同値1、新規建て代金1550万円。

勝率は5割。

どこが全勝やねん。

明日以降も全勝目指して頑張ります。